フサッチ

   

自毛植毛で恐いのは術後の傷跡。傷跡を目立たなくしたり消す方法は?


自毛植毛で恐いのは傷跡

自分の髪の毛をハゲた部位に植え込むことで、ハゲを改善する自毛植毛だが、デメリットも多く存在する。
代表的なもので言えば、傷跡が残ってしまうということだ。
髪の毛で隠れていれば、常に傷跡が露出した状態にはならないが、ふとした拍子に傷跡が見えてしまうこともあるから、これはかなり大きな問題だろう。

ただ、自毛植毛をすれば、絶対に傷跡が残るというわけではない。
自毛植毛と一口に言っても、その中には様々な方法が存在し、なかには傷跡が残らない方法もあるのだ。
そこで今回は、傷跡が残らないダイレクト法について紹介していこう。

ダイレクト法を知っているか?

自毛植毛という言葉を聞いたことがあっても、ダイレクト法という言葉を聞いたことがあるというヤツは少ないだろう。
ダイレクト法とは、簡単に言えば、メスを使わない自毛植毛だ。
傷跡が残る自毛植毛をストリップ法と言うが、この植毛の場合、メスで皮膚を切り取ることになる。だからこそ傷跡が残ってしまうわけだ。

ダイレクト法の場合、メスを使わず、細いチューブを使うことになる。
そのチューブで髪の毛を毛根ごとくり抜いて、別の場所に植毛するというわけだ。もちろん、まったく傷跡がないというわけではなく、ポツポツとした斑点のような跡が残る。
だがこれは、普通の人間にはそれが傷跡だということはわからないし、スキンヘッドにでもしない限り、見えることはない。
ほとんど傷跡は残らないといっても、過言ではないというわけだ。

こんな人にオススメ!


ダイレクト法がおすすめのヤツは、とにかく自毛植毛をしたことが人にバレたくないというヤツだ。
完全に髪の毛がないほどハゲているというヤツは誤魔化しようもないが、少しハゲを気にしている程度で、髪型でなんとか誤魔化しているというヤツも多いだろう。そんなヤツは当然、植毛したことをバレたくないはずだから、傷跡が目立たないダイレクト法を選んだほうが良いというわけだ。

また、ダイレクト法はストリップ法に比べると、生着率が高い。見た目としても自然になるし、密度も高くなる。
つまりは、ダイレクト法のほうが効果が高いというわけだ。これを考えれば、単純に高い効果を求めているヤツはダイレクト法を選んだほうが良いということなる。

他にも、一部を機械で自動で行うことになるから、手術時間が少ないというメリットもある。長い時間をかけたくないというヤツにもダイレクト法はおすすめだ。

ダイレクト法とストリップ法を比べると、費用がかかるのはダイレクト法だ。
50%程度、余計に費用がかかるから、金銭的に余裕があるヤツや、髪の毛を生やすためならお金は惜しまないというヤツは、ダイレクト法を選んだほうがいいぞ。

デメリットも少なからずある

自毛植毛を行う際には、ダイレクト法で行ったほうがメリットが大きいのは事実だが、ダイレクト方には少なからずデメリットもある。

まず、ダイレクト法を受けられる病院が少ないということが挙げられる。そもそも、自毛植毛におけるダイレクト法は、アイランドタワークリニックという病院が開発した方法だ。
そのため、アイランドタワークリニックでしか、ダイレクト法を受けることはできない。主要な都市であれば施術を受けることができるが、田舎に住む人の場合、通院が難しくなるため、そもそもダイレクト法を受けられない可能性がある。

先にも紹介したが、費用が高いというのもデメリットだ。
植毛する自毛の数が多い場合、100万円以上の費用がかかることもある。
もちろん、ハゲ具合によって費用に差は出るが、髪の毛のためにそこまでのお金をかけられるヤツでなければ、ダイレクト法を選ぶことはできないのだ。

ダイレクト法に限った話ではないが、髪の毛を刈り上げなければならないというデメリットもある。
そうしないと、毛根を目視することができないためだ。元々短髪のヤツは抵抗ないだろうが、長髪のヤツにとっては悩むところだろう。自毛植毛を行う限りは覚悟しておかなければならないことだから、よく考えてから施術を行ったほうがいいぞ。

自毛植毛に悩んでいるなら試してみる価値あり


自毛植毛をしてみようかと悩んでいるヤツは、自毛植毛のデメリットを取り上げ、それを理由にして踏み込もうとしてこないものだ。
だが、そんなことではいつまでたってもハゲたままになってしまう。ハゲが自然に治ることはないし、早くハゲを治したほうが様々なチャンスに恵まれる。悩むだけ時間の無駄だ。

最近では様々な技術開発により、以前のようなデメリットはなくなってきている。傷跡が残らないというのは代表例で、他にも様々な改善がなされているのだ。
自毛植毛をしたことがバレる確率も確実に低くなっている。
金銭的に余裕がないならば仕方ないが、そこに折り合いをつけられるなら、早めに治療を行ったほうが良いだろう。

また、AGA治療を行っても、ハゲが改善しないという人間は自毛植毛を考えたほうが良い。
即効性のある治療だし、AGA治療にかけるお金を自毛植毛にかけると考えれば、金銭的な違いはそれほどない。これまで悩んでいたことから、
短期間で解放されるのだから、自毛植毛という選択肢も頭に入れておくべきだ。

自毛植毛の中でも多くのメリットがあるダイレクト法。様々なデメリットもあるが、効果が高く、人にバレにくいというメリットがあれば、デメリットもさほど気にならないだろう。
ハゲに悩んでいるヤツは一度、真剣に考えてみることを勧める。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - 教えてやろう!増毛情報!