フサッチ

   

薄毛対策の新定番になるか!?髪がないなら刺青でカバーする時代に

育毛剤やサプリメント、病院でのAGA治療、植毛からカツラに至るまで数多くの薄毛対処方法が存在している。
しかしそのほとんどはある程度の時間が必要だし、誰にでも必ず効果があるとは言い切れない。
そこで今海外で注目されているのがヘアタトゥーというテクニックになる。

早い話が頭皮に直接刺青を入れて、まるで髪の毛があるように見せかける施術だ。坊主限定にはなってしまうが、広くなった額の生え際や頭頂部に刺青を入れて、毛根が残っている風にデザインすることでパッと見では全然分からないようにできる。
実際にヘアタトゥーの画像を見れば分かるが、相当じっくり見ないと分からないだろう。

カツラのように高くないし、育毛剤やAGA治療のように長期間にわたる治療と費用がかかるわけでもない。

値段はどれくらい?

そもそもまだ日本ではヘアタトゥーは一般的とは言いがたい。施術を行っているところはかなり限られているだろう。
しかし、技術自体はそこまで難しいものではないため、既存のタトゥーショップでお願いすればいれてもらえるかもしれない。

海外の相場を見ると、大体5万円前後になっていることが多く、面積にもよるが大体2時間~3時間もあれば施術は完了するらしい。
国内でもいくつかのお店が技術を提供しているが、こちらは10万円~20万円くらいの値段に設定していることが多いようだ。

ただ、実績のないところを利用するのは気が引けるだろう。これからもっと技術を提供するお店は増えてくると予想されるため、様子見するのもアリかもしれない。

ヘアタトゥーのデメリットは?

いくつかのデメリットがあるので、安直に利用するのではなく、よく検討した上で刺青をいれるか判断するべきだろう。具体的には以下のようなデメリットが挙げられる。

二度と元に戻せない

刺青なわけだから当然だ。1度ヘアタトゥーを入れると元の状態には戻せないので注意しておこう。例えば無事に育毛が成功して髪の毛が生えてくれば、刺青の部分は髪の毛で隠れるので特に問題は無い。しかし、白髪が増えてきたときに不自然に頭皮が黒くなってしまう可能性があるので白髪染めが必須になるだろう。

坊主限定

毛根があるような感じに刺青を入れていくわけなので、少しでも髪の毛が伸びてくると強い違和感が出てしまう。そのため、かなりこまめにスキンヘッドにカットする必要がある。職業柄、坊主にするのが難しい人もいるだろう。

よく見たら分かる、触れば分かる

坊主にしたことがある人なら分かると思うが、周囲の人たちは結構な割合で頭を触ろうとする。このときにジョリジョリしないと「ん?」となってもおかしくない。こういったリスクは少なからずあるので、自分なりの対策を講じておこう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - ハゲの都市伝説