フサッチ

   

ハゲの特効薬になりうるか?PGD2への期待感が高まる!

現代の男性の薄毛のほとんどは男性型脱毛症(AGA)によるものだ。これは間違いない。そしてAGAを引き起こしているのは男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロン(DHT)だ。

ここまでは薄毛に悩む人の共通認識ということでOKだろうか。つまり我々にとっていかにしてDHT対策ができるかが最大のテーマということだ。

しかし2012年3月下旬、AGAの新しい原因が発見された。それがプロスタグランジンD2(以下PGD2)というタンパク質になる。

PGD2ってなんだ?

こちらはアメリカの医学誌「サイエンス・トランスレーショナル・メディスン」で紹介されたタンパク質だ。体の様々な機能を調整する働きを持っている。具体的には…

  • 睡眠を誘発
  • 心臓病の誘導
  • 糖尿病の誘導
  • アレルギーの誘導
  • といった悪玉としての要素が強いものの、善玉的な役割も持っている。

    で、肝心のハゲとの関係だが…なんとハゲている人はPGD2の生成量が3倍も多いということらしい。PGD2が多いと毛包が減ってしまい、髪の毛が抜けやすい、ハゲやすい…のは間違いないとのこと。

    しかし一方で「PGD2を抑制すれば、全ての髪の毛は再び生える」というコメントも。ともなるとこれからのハゲ治療にPGD2が関係してくるのが当たり前の時代になるのかもしれない。

    新薬はこれから?今後に注目

    実は既にPGD2を抑制する薬は存在している。現段階でハゲに最も有効な「プロペシア」を開発しているメルク社の「顔面紅潮治療薬」。そしてスイスのアクテリオン社が開発中の「鼻道アレルギー性炎治療薬」だ。

    もちろんこれらは薄毛治療用に開発されたわけではないので、まだまだこれからだろう。一説によると2~4年くらいの間に登場するのでは?とも言われている。続報に注目したいところだ。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
    数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
    第1位 チャップアップ

    育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

    第2位 BUBKA(ブブカ)

    濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

    第3位 イクオス

    イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

    >> 人気ランキングをすべて見てみる

     - ハゲの都市伝説