フサッチ

   

髭が濃いとハゲる!?半分正解、半分間違いの都市伝説

ハゲに関する都市伝説には実に様々なものがある。
中でも割と有名なのが「髭が濃い人はハゲやすい」というもの。

誰もが一度は耳にしたことがあるのではないだろうか。
先に結論を言ってしまえば半分正解、半分間違いとなる。

髭や体毛が濃い人ほどハゲやすいと言われてはいるものの、濃くても髪の毛がフサフサの人だってたくさんいるだろう。
逆に髭や体毛がほとんどなく、全身ツルツルで頭部もツルツル…という人もいる。

ということで今回は髭の濃さとハゲの関係性について検証してみよう。

髭や体毛が濃い原因は?

まずは髭や体毛が濃くなる原因からチェックしてみよう。具体的には以下のようなものが挙げられる。

  • 遺伝的要素
  • 肉類メインの食事
  • 体が冷えやすい
  • ストレスを感じやすい
  • メインとなる原因は「遺伝的に髭や体毛が濃くなる」ことだろう。これは男性ホルモンの分泌が大きく関係している。そして、男性ホルモンは薄毛・ハゲにも関係しているとされる。つまり…

    髭が濃いのは男性ホルモンのせい

    男性ホルモンが多い体質

    ハゲやすい体質

    と考えられるため、髭が濃い=ハゲやすい、という図式が成り立つのだろう。ただ、男性ホルモンが多いからといって必ずハゲるわけでは無い。重要なのはDHT(ジヒドロテストステロン)が多いか否か、である。

    DHTがハゲを進行させる

    薄毛に悩む男性の大半はAGA(男性型脱毛症)だと言われている。そしてその原因はDHTが増えることにある。DHTは前頭部や頭頂部の髪の毛が抜ける原因になる。

    DHTはテストステロンという男性ホルモンが5α-リダクターゼという酵素と結びつくことで生成される。しかしDHTに変化する前のテストステロンには体毛を濃くする働きがある。

    となると、髭や体毛が濃い人はテストステロンが濃い可能性が高く、これがDHTに変化してしまうと必然的にAGAを引き起こすリスクがある、と判断できるわけだ。

    髭や体毛が濃くても髪の毛が多い人

    では髭や体毛が濃いのに、特に薄毛や抜け毛に悩んでいない人はどういった理由になるのだろうか。

    考えられるのはテストステロンの量は多くてもDHTの量はそこまで多くないということだ。生活習慣だったり、体質的な部分でテストステロンがDHTに変化しづらい要素があるのだろう。

    急に髭が増えたり濃くなったら注意?

    20代の頃はほとんど髭剃りとは無縁で、週に1、2回剃れば十分だった。けれど20代後半、30代になってからほぼ毎日髭剃りをしなくてはならなくなった…。

    当てはまる人は結構多いと思う。これは経験則的に注意しなくてはならないパターンと捉えて間違いないだろう。

    髭が濃くなってきた、ということは男性ホルモンであるテストステロンが増えたことになる。そしてテストステロンがDHTに変化する可能性が高いというわけだ。

    といっても、DHTが増えないように心がければハゲるリスクは減らせる。なのでAGAの疑いがある、あるいは心配している人は早めの対策を心がけよう。育毛剤や育毛サプリ、育毛シャンプーなどを活用するのも良いが、一度AGAの検査を受けてみるのもオススメだ。

    ▶ 栄養不足や睡眠不足の場合
    薄毛の原因のひとつに数えられているのが栄養不足、睡眠不足になる。しかしこれらの場合は髪の毛だけでなく、髭や体毛にも影響があるのであまり心配しなくても良いだろう。

    とはいえ、これらは薄毛対策において軽視すべきでは無い。健康的な生活習慣を意識することを忘れないようにしたい。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
    数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
    第1位 チャップアップ

    育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

    第2位 BUBKA(ブブカ)

    濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

    第3位 イクオス

    イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

    >> 人気ランキングをすべて見てみる

     - ハゲの都市伝説