フサッチ

   

薄毛対策にも繋がる頭皮のニキビをケアするテクニック

頭皮のニキビはトラブルのひとつ!正しい対処方法を身につける

ニキビを防止する

ニキビは毛穴が詰まることで内部で菌が繁殖し、そこから炎症が起こるトラブルのひとつだ。どうして毛穴が詰まってしまうのか、というと色々な原因が考えられるが、最も大きいのは皮脂が過剰に分泌されることにある。ニキビの原因はほとんどが過剰分泌された皮脂が原因だったりする。つまり、皮脂の過剰な分泌を抑えることによってニキビができにくくなるし、頭皮トラブルが軽減されるため薄毛や抜け毛の進行をストップさせられる可能性もある。

脂質の過剰摂取を控える

頭皮ニキビ改善のために最初に取り組んでいきたいのは食生活の改善。何となく体験的に分かると思うが、脂っこい食事をとった後は皮脂の分泌量が増えるだろう。

これは、食事によって吸収された脂質が血液で血中脂肪になり、これが皮脂の分泌を促していることが原因。よく耳にするコレステロールは血中脂肪の一種だ。

もちろん体にとって必要なものだからこそ存在しているわけなのだが、あまりにも量が増えすぎてしまうと問題を起こしてしまう。そして、現代の食生活だと、意識していないとすぐに脂質の過剰摂取を引き起こしてしまう。

ニキビできやすくなるだけでなく、健康にも良くないので改めて見直す価値はあるだろう。対策方法としては実にシンプル。脂質を多く含む食品を控えるようにすること。たったのこれだけで随分と違いが出てくるだろう。

皮脂の取り除きすぎは逆効果

頭皮がべたつくから、ニキビができやすいからといって1日に何度もシャンプーをしている人がいるがこれは絶対にやってはならないことだ。というのも、頭皮の皮脂を取り除き過ぎてしまうと逆に大量に分泌されるリスクが高まるから。

皮脂は本来頭皮のバリアのような機能を果たしている。何度もシャンプーをするなど取り除き過ぎてしまうと頭皮にとって必要最低限な皮脂まで洗い流してしまうことになってしまう。

すると皮脂は「このままではバリア機能が維持できない!」ということで一時的に大量分泌するようになる。すると、頭皮のべたつきが気になって、さらにシャンプーしてしまうという悪循環が生まれがちだ。そうなるとニキビができやすい頭皮環境になってしまうことになるので、そこから炎症が起こって薄毛や抜け毛が発生しやすくなるというわけだ。

もしも夏場など何度もシャワーを浴びる機会があったとしても、シャンプーを使うのは1日1回までに抑えておいたほうが良いだろう。湯シャンだけでもスッキリとするものだ。

朝シャンの仕方を考え直す

特に夏場は朝シャンをしてスッキリとした気持ちで職場に向かいたい人も多いはず。しかし、これをしてしまうと1日2回シャンプーすることになってしまうので、皮脂の大量分泌によるニキビの原因になりかねない。とはいえ朝っぱらから汗でベタベタの状態で出社するのは気が引けるだろう。ということで「朝はシャワーを浴びるだけ、夜はいつも通りシャンプーする」のがベター。

ちなみにこれは夏場だろうが冬場だろうが同じことだ。

育毛剤で整える

育毛剤を使えば髪の毛が生えてくる、というわけではないが、頭皮環境を整えるという意味ではかなり有効なツールだと言えるだろう。いうなれば、育毛剤は頭皮のための化粧水のようなもの。

育毛剤にも色々な種類があるが、ほとんどは保湿効果、そして消炎効果のある成分が含まれている。これらが配合されている育毛剤を使用するだけでも随分とニキビができるのを防ぐことができるだろう。

育毛剤の使い方が悪くて薄毛や抜け毛、ニキビができるということはほとんど無い。肌に合わない場合はすぐに使用を中止すればそこまで悪くなることは無いだろう。もしも夏場など特定の時期に頭皮にニキビができやすい人は試してみる価値がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - 真夏の育毛・ヘアケア