フサッチ

   

夏に発生しやすい頭皮のニキビと薄毛は関係しているのか?

夏は肌荒れが起こりやすくニキビができやすい!これが薄毛を引き起こす可能性もある

ニキビ対策

冬場は乾燥しやすい時期なので、頭皮が荒れやすい。そして夏場もまた頭皮トラブルが起こりやすい季節である。そこまで頭皮のニキビを気にしていない人も多いが、見逃してはいけないことなので注意を払うべきだ。その大きな理由は、頭皮のニキビが薄毛や抜け毛を引き起こす可能性が高いから。夏になってくると頭皮ニキビがかなり増えてくる。薄毛や抜け毛が気になる年代になってきたら、きちんと対策をとるべきだろう。

頭皮ニキビと薄毛の関係は?

人によってニキビができやすい体質とそうでない体質にわかれる。私はどちらかというとニキビができやすい体質なのかもしれない。そういった背景から、若い頃に色々とニキビについて調べ上げた。

まず頭皮にニキビができてしまう理由は、皮脂腺の数が多いから。皮脂腺というのは毛穴に必ず存在しているもので、頭皮は体の部位の中でも圧倒的に毛穴の数が多い。つまり皮脂腺の数が多いことになる。

これらの皮脂腺から大量に分泌された皮脂は炎症を起こす可能性がある。毛穴の炎症が起こる=ニキビができやすいという風に判断することができるだろう。比較的ニキビができやすい部分としては生え際、頭頂部、襟足辺りになる。男性にとって気になるのは生え際と頭頂部ではないだろうか。これらの部位は薄毛や抜け毛が起こりやすい。

ニキビができてもきちんと治るのは若いうちだけ?

ニキビができても炎症がひとまず落ち着けばすぐに治る。きちんと治ってくれれば髪の毛が育ちやすい状態に戻るわけなので、そこまで深く心配する必要は無い。

しかし、30代を過ぎたあたりから極端にニキビの治りが遅くなってくる。これは代謝が低下していること、皮膚の再生能力が低下していることが大きな原因だろう。若い頃はニキビができてもすぐに治っていたのに…という人は単純に代謝が落ちていることを自覚するべきだ。

つまり、年齢を重ねると頭皮ニキビによる薄毛や抜け毛のリスクが若い頃とは比べ物にならないくらい高くなってしまうということは知っておこう。

頭皮にニキビがあると髪の毛の成長が悪くなる?

ニキビは毛穴が詰まってしまい、その中で菌が大量に繁殖してしまうことで炎症が起こっている状態だ。毛穴は言うまでもなく髪の毛が生えてくる部分だ。つまり、ここが炎症を起こしているということは髪の毛の成長が悪いと言えるだろう。

ニキビができてしまうと髪の毛が育ちにくくなるのは何となくイメージが付くだろう。毛穴自体がふさがれてしまっているし、繁殖した雑菌によって毛母細胞・毛乳頭の働きが弱くなってしまう。これらの活動が低下してしまえば当然髪の毛は精製されることは無いので、薄毛や抜け毛が進行するのも仕方がないだろう。

さらに言えば、毛乳頭が極端に弱ってしまうと、髪の毛が抜け落ちやすくなってしまう。しかもたちが悪いことに、ニキビによる炎症というのはひとつの毛穴だけにとどまらないことが多い。すぐ近くにある毛穴たちまでダメージを受けてしまうことになりかねない。そうなると、抜けてしまう髪の毛は予想よりもずっと広い範囲に渡ってしまうこともしばしば。

まとめ

健康な頭皮=健康な髪の毛が生えやすい。これが育毛の鉄則であることは今さら言うまでも無いことだろう。若いころのようにたかがニキビと考えていると痛い目を見るかも知れない。ニキビ対策はしっかりとやろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - 真夏の育毛・ヘアケア