フサッチ

   

生薬の原液で作られた育毛剤「WAKA(ワカ)」の評価は?生薬の力で髪の毛は生えるのか?

WAKA(ワカ)は「生薬」で作られた育毛剤だ。

日本人にとって漢方薬はとても身近なものだ。そして漢方薬に使われている生薬は体質に合う、という理論の元作られた育毛剤。
>公式サイトでWAKAを購入する

ズバリ、オススメ度は「1(5段階評価)」!

>WAKAよりも優秀な育毛剤はこれだ!

ということで今回はWAKA(ワカ)について考察していこうと思う。

WAKA(ワカ)のココがスゴイ!

100%生薬へのこだわり

上記した通り、WAKA(ワカ)は生薬で構成されている。一般的な育毛剤は水やアルコールなどで薄めているのだが、WAKA(ワカ)は一切薄めないで原液オンリーの育毛剤として販売している。使われている生薬は次のようなものが挙げられる。

【甘草エキス】

甘草はおなじみの生薬と言っていいだろう。WAKA(ワカ)以外の育毛剤にも良く使われている。ちなみに一般的な育毛剤では「グリチルリチン酸」という名称で配合されていることがほとんどだ。優れた抗炎症作用を持ち、頭皮の炎症やフケを改善する効果が期待されている。

【セイヨウハッカ】

爽やかな香りとほのかな清涼感が特徴。優れた抗菌作用と鎮静作用を持ち合わせている。同じく頭皮の健康状態を高める。

【マンネンロウ】

ローズマリーのこと。血行促進効果、そしてメラニン生成を抑制する美白効果があるため化粧品に使われることも多い。育毛剤として使用すると肌荒れの改善、抗菌作用、そして抗酸化作用によるアンチエイジングが期待できる。

これらの他に「マンネンタケ」「センブリ」「オタネニンジン」「冬虫夏草」と言った生薬も配合されている。全部で8種類だ。

無添加で安心して使える

わざわざ生薬にこだわっているのだから、無添加を貫いているのは好評価ではないだろうか。もちろん香料や着色料も使用していないとのこと。無添加の育毛剤だからこそ多くの人が安心して使える仕上がりになっていると考えられるだろう。

コスパはまずまず

WAKA(ワカ)の料金についてだが、定期購入コースの初回の申込みは半額の4400円になっている。2回目以降は8800円だ。ちなみに通常購入の場合は1万1000円となるので定期購入コースが絶対にお得だろう。
>WAKAの公式サイトへ行く

WAKA(ワカ)のココはどうなの?

有効成分が弱い

生薬にこだわって、絶対に薄めない、というポリシーは評価できるところだ。しかし、有効成分が甘草エキス(グリチルリチン酸)とセンブリエキスの2つだけとなっている。

正直なところ、これらの有効成分は他の育毛剤だと当たり前のように使われているので「生薬100%だからすごい!」とは評価しづらいところだ。

他の生薬については「有効成分」ではなく「効果が期待できる成分」に分類されている。と考えると、育毛剤として活躍することが予想できるのは甘草エキスとセンブリエキスの2つだけということになってしまう。

もちろん薄めていないからその分優れた効果を発揮するだろう、という予想もあるだろう。しかしそんなに簡単に、生薬の力だけで薄毛が改善できるなら、今のような育毛剤ブームが起こるとは到底思えない。

口コミ内容も微妙

WAKA(ワカ)はそこそこ売れている育毛剤だから口コミや体験談は割と簡単に見つけられる。

全体的に見てみると「生薬だから安心して使える」「今までの育毛剤よりも気軽に使える」といった【使用感】に関する口コミが目立つように感じられる。

肝心の育毛効果の方は…というと今ひとつ信憑性のある情報が見当たらない感じはする。もちろん頭皮が炎症を起こしていて、それが原因で薄毛や抜け毛が起こっていた…といったケースならある程度改善される見込みはあるだろう。しかし男性ホルモンが原因で引き起こされるAGAなどにはそこまで効果が期待できるか…は微妙だろう。

■まとめ■
ということで今回はWAKA(ワカ)について考察してみた。要点をまとめると以下の通りだ。

・水で薄めない生薬100%の育毛剤
・有効成分は甘草エキス(グリチルリチン酸)とセンブリエキスの2つ
・コスパはまずまずといったところ
・使用感に関する口コミや体験談しか見受けられないので信憑性がイマイチ

ということで最終結論としてオススメ度は「1(5段階評価)」!

ズバリいうとWAKA(ワカ)だけで完全な育毛を目指すのは正直厳しいところだろう。頭皮環境が悪いせいで薄毛や抜け毛が起こっている場合は多少の改善は望めると思う。

しかしAGAによる薄毛や抜け毛にはそこまで効果が期待できるとは思えない。一応配合している成分の1つに「冬虫夏草」がある。これが男性ホルモンの働きを抑制する、と公式サイトで紹介されていたが、そこまで強力に働きかけるのかは未知数…というよりほぼ耳にしたことがない。

安全にこだわる、生薬にこだわる姿勢は嫌いではないが、育毛剤としてはメインではなくサブとして使うものだと割り切った方が効果を実感できるかもしれない。

>WAKAよりも“生える”育毛剤はこれだ!

実際に、「WAKA(ワカ)」を試して評価したぞ!

今回試す育毛剤は、生薬100%製法で、水を一滴も使わない、全く新しい育毛剤『生薬育毛剤 WAKA(ワカ)』だ。育毛研究の答えは、「水を一滴も使わずに作られた生薬抽出原液の育毛剤」ということになったということだ。

知っているとは思うが、一般的な育毛剤は原料を水やアルコールで数倍に薄めて製品化している。「ミノキシジル100%原液を出しやがれ」と叫んだことがあるが、そんな商品を作ると価格が何十倍にもなってしまうということなのだろう。

しかし、このWAKAは、長年の研究開発の結果、育毛成分である生薬の抽出液を一切薄めることなく完成させたというのだ。製品中の水分は植物エキスの抽出溶媒で一切加水はしていないのだという。それでいて市場に出せる価格を維持できたというのだから、その点は認めてやるぜ。

ただし、商品の説明にある「有効成分及びその他」の欄の最後に、「精製水」という文字があるのはどういうことだ。これが「植物エキスの抽出溶媒」ということなのかどうかは不明だが、「水を一滴も使わない」と言っておきながら、どうして精製水の文字があるのだぁ?
まあ、いいか。他の育毛剤と比較すれば、明らかに水分は少ないのだろうし、何か理由があるのだろうということで、この点は目をつぶってやるぜ。育毛の効果があればよいのだからな。

生薬100%ということだから、漢方薬が使われているのだということはわかるだろう。漢方薬は昔から日本にあるのだから、日本人の体質にも合うということだ。このWAKAに使用されている生薬は、数千通りを超える組み合わせの中から、8種類の生薬が選ばれているぜ。

その中でも主要成分とされているのが「甘草(カンゾウ)」だ。生薬の王と呼ばれているらしい。この甘草が毛乳頭細胞に働きかけ、発毛促進と脱毛予防を実現するということだ。甘草の他に、センブリ、セイヨウハッカ、オタネニンジン、マンネンロウ、冬虫夏草エキス、カワラヨモギが配合されているぞ。

そして、やはりWAKAも、無添加で、合成保存料、着色料、香料、鉱物油、防腐剤、合成ポリマー、合成界面性剤が添加・使用されていないという。育毛剤にこれらが含まれないのは、もはや常識ということだな。
もちろん、WAKAも医薬部外品だ。

WAKAも定期コースで注文した方が安くなるのだが、「配送頻度」に注意してほしい。他のメーカーは最大3ヶ月という周期まで選択できるようになっているのだが、WAKAは選択肢がなく、強制的に「30日ごと」になってしまうぞ。1本が約30日分だから、有無を言わさず「30日ごと」ということだ。定期コースはいつでもやめられるわけではあるが、その際の連絡は他の育毛剤とは違い、早めに入れる必要があるので注意しろよ。

WAKAは、「MEJ公式通販サイト」から注文したのだが、氏名を間違って入力してしまったぜ。注文確認メールでそれに気づき、あわてて修正願いのメールを出したんだが、30分ほどで訂正したというメールがすぐに届いたぜ。メールには、時候の挨拶というのか、要件だけではない文言も書かれてあり、『こういう点はポイントが高いぞ』と、メーカーの姿勢に好印象を受けたぞ。

たしか、ネットで注文した後のページにはアンケートページが出ていたように思う。時間がなくて回答しなかったが、サービス向上のために力を入れているメーカーなのかもしれないな。

おっと、騙されてはいけねぇぜ。有無を言わさず30日周期にされているのだったな。初回の1本で断るつもりなら、早めに連絡を入れなくてはいけないんだからな。

数日後、WAKAが届いたぜ。

宛名部分の個人情報を隠すことと、大きさが分かりやすいように、単3乾電池のパックを使っているぜ。
宛名シールには育毛剤という言葉は書かれていないので、家族に育毛剤を買ったことを知られたくなかったり、宅配便を配達してくれる人に育毛剤だとバレたくない人にとっては安心できるな。

ただし、ダンポールの箱の横にも会社名「MEJ」が入っているので、この会社名を知っている人が見れば、「あれは育毛剤だ」とバレてしまうことはあるかもしれないぞ。そういう点では、何も書かれていないダンボールや宛名シールを使用してくれる方が安心できるな。

箱を開けたところだ。
大根のような写真が目に飛びこんできたが、WAKAは生薬育毛剤なので、漢方薬にも使われる薬草なのだろう。おそらく、オタネニンジンだ。WAKAの公式通販サイトで、保湿効果がある生薬として紹介されている姿に似ている。大根ではなく人参だったのか。人参はオレンジ色というイメージがあるが、朝鮮人参も白だったかもしれないな。

オタネニンジン画像のパンフレット類を取り出すと、WAKAがしっかりと固定された状態で登場したぞ。女性化粧品のようなパッケージだ。ホワイトにゴールドがまぶしいぜ。

WAKAの箱だけ取り出したところの写真だ。
WAKAの箱のゴールドの部分に、オレの顔が映っている。おでこも怪しく輝いているだろ?

パンフレットや説明書などは、他の育毛剤に比べると少ないな。右下はお買い上げ明細書なので、それ以外となると5枚だけだ。リーフレットのような小冊子系もなく、すべてペラもの。

パンフレット類が立派な育毛剤は多く、価格に見合った立派なものが入っている方がいいという人も多いのかもしれないが、オレ的にはパンフレット類はシンプルにして価格を抑える方向にして欲しい。WAKAはその点ではいいではないか。

写真の真ん中にある紙も、印刷ではあるが手書きの手紙だ。実際の手書きの方が嬉しいが、印刷でも手書きは嬉しいものだな。

さきほど箱から出したWAKA。

箱のフタを開けたところ。
透明キャップではなく、銀色に輝くキャップが出迎えてくれたぜ。

WAKAを箱から出したところ。
プラスチックボトルだが、少し厚めなのでしっかりとしていて重量感がある。こうして見ても、やはり女性用化粧品という見た目の印象を受ける。ぱっと見は育毛剤だと思われないかもしれないな。

キャップをパカっと上に外そうとしたが、スクリュー式だったぜ。育毛剤の出てくる部分が、横に倒すと一滴出てくるようなユルメの作りになっているから、スクリュー式の方がいいということかもしれないな。

まずは手のひらに垂らしてみた。
垂らしたときは「しずく」になっていたが、少し指先で伸ばしてみたところ、すっと染みこんだように手のひらに馴染んで行ったぜ。
頭にも垂らしてみたが、やはり出口が出やすくなっているようで、思った以上に出てしまい、ダラダラとおでこの方にまで垂れてきてしまったぜ。説明書を読むと、軽くトントントンとしなければいけなかったようだ。

匂いを嗅いでみると、やはり生薬のような匂いがするぜ。鼻を近づけないとわからない程度の匂いなので、周りの人にバレることはないだろう。生薬の匂いは効きそうな気持ちになれるところがいいな。

頭につけた感じでは、スースーする感じもなく、時間が経ってもベタベタすることはないぞ。

これが WAKA を使用する前のオレの頭髪の状態だ。合わせ鏡で見ることはあったが、こうして写真を撮影すると、こんなにハゲ散らかしていることに我ながら驚くぜ。
自分でバリカンを使って散髪しているから、ところどころ長い髪の毛が残っているな。

WAKAは、1日2回頭皮にトントントンと軽くつけるという使用方法だ。洗髪後がいいということだが、オレの場合、朝は洗髪しないので、朝は洗髪せずに使用し、夜だけが洗髪後の使用ということになる。

忙しければ夜だけでもよく、洗髪しない日もつかいましょうと、説明書にあるので、それほど神経質になる必要はないようだ。

WAKAの使用前と使用後には、頭皮マッサージをするといいとあるが、頭皮マッサージの方法については説明がないのはどういうことだ?

育毛剤だけの効果を確かめるのが目的ということになると、頭皮マッサージはしない方がいいのだが、WAKAを頭皮に浸透させるためには、頭皮マッサージも必要だぜ。

この1本で約1ヶ月分ということになるぞ。
ひと月後にオレの髪の毛はどうなっていることだろう。楽しみだぜ。

これが約1ヶ月後の頭の様子だが、どうだろうか。
写真の色あいが違い、ピントも少しズレているので細かい比較は難しいかもしれないが、オレにはどう見てもほとんど変わってないように見えるんだ。

メーカーとしては、生薬100%の薬用育毛剤だから、ひと月くらいでは効果は出ない。育毛に限らず、漢方薬は効果が出るまで時間がかかるのだ、などと言ってくるのだろうな。

実際、WAKAの説明書にも、効果を実感するには「6ヶ月」継続することが必要とある。毛根を休止期から成長期にするだけで数ヶ月かかり、その毛根から髪の毛を生やすためにまた数ヶ月かかるというのだ。

「長く使った方がいい」という育毛剤がほとんどだが、オレはこのような「長く使え」という商売が大嫌いだ。長く使わせて儲けようとしているのがミエミエに感じてしまうからだ。

6ヶ月使えば効果が実感できるというのなら、6ヶ月返金保証にすればいいじゃねえか。信じることができるヤツは継続して購入すればいいが、オレにはそんな無駄な時間はないぜ。

長く使用しないと効果がないというものを、そもそも販売していいのか。それで育毛剤だなんて、チャンチャラおかいしいぜ。

それなら、普通に食事や生活面に注意し、湯シャンと頭皮マッサージを丁寧に行っていることと何も変わらないじゃねえか。

オレは、WAKAの説明書にあったとおりの用法・用量を守って使用したぞ。WAKAは使用後だけではなく、使用前にも頭皮マッサージをすると効果的と書かれていたので、使用前にもマッサージを行ったさ。さらに、気づいたときには頭皮マッサージをしたが、これはWAKA使用前から習慣にしていたことでもあるぜ。指の腹でやさしく、爪を立てないマッサージだ。

WAKAも洗髪後に、十分に髪の毛を乾かしてから使用することになっている。さっきも言ったが、オレは湯シャンをしているのだが、髪の毛は短いし少ないから、湯シャン後、湯船につかっている間に、もうほとんど乾いてしまうようなところがあるんだ。

風呂あがりにパスタオルで拭けば、頭はほぼ乾いている状態だ。それでも、まだそこから十分に乾燥させてからWAKAを使っていたんだ。使用方法はルール通りだろ?

使用前に頭皮マッサージをしたし、使用後にも頭皮マッサージをきちんとやったぜ。

食事に関しては、問題がない自信があるんだ。数年前にダイエットに取り組み、食事内容を改善したからだ。そのときのダイエットが大成功し、今もその食事内容を継続している。
栄養バランスも内容も、カロリー的にも優秀であり、頭髪にも良いとされている食材を十分摂取しているぞ。

タバコは17年以上前にやめたし、アルコールは週に3回と決めている。アルコールの量もほどほどだ。

起床時間と就寝時間は毎日ほぼ同じで、生活リズムは保たれている。睡眠時間もほぼ変わらず、ベッドに入ればすぐに眠れるし、途中でトイレに起きることもないから、睡眠の質もバッチリだ。

仕事のストレスもほとんど感じていないし、日常生活も毎日楽しくやっているぜ。

この生活でWAKAを正しく使ったにも関わらず、産毛が出ることもなく、髪の毛が太くなった様子も見られないということは、WAKAには効果がないってことだろ?

ただの水をつけていたとしても、頭皮マッサージの効果や良い食生活の影響で、産毛くらいは生えてくるんじゃねえか?WAKAは、その程度のこともできなかったっとことだ。

そうか。だから、このメーカーは返金保証をしていないんだな。

『殆どの育毛剤は効かない!買うならオレのおすすめするのを買え!!!!』

だ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - 育毛アイテムのガチ体験レビュー