フサッチ

   

Deeper3Dがリニューアルでキャピキシルを追加配合!注目度が高いこの育毛剤を徹底考察!

比較的最近登場した育毛剤の中でも注目度が高い商品がいくつかある。

そのひとつが「Deeper3D」だ。なぜ注目を集めているか、というと「キャピキシル」という新育毛成分が採用されているからなんだが…
>Deeper3Dの公式サイトへ行く

ズバリ、オススメ度は・・・・
「1(5段階評価)」!

>Deeper3Dよりも優秀な育毛剤はこれだ!

ということで今回はDeeper3Dについて考察していこうと思う。

Deeper3Dのココがスゴイ!

キャピキシルを配合

上記した通り、Deeper3Dが注目されているのはキャピキシルを配合しているからだ。

キャピキシルはアカツメクサとアセチルテトラペプチド-3を合成した成分。

アカツメクサには女性ホルモンとよく似た働きを持つ成分として知られる「イソフラボン」がたっぷりと含まれている。イソフラボンによって男性ホルモンの働きを抑制し、AGAの進行を遅らせる、あるいは止めることができるのではないかと考えられている。

アセチルテトラペプチド-3は髪の毛包をより丈夫に、そして健康的な髪の毛を作り出すのに有効な成分だ。

キャピキシルはこれらのいいところを相乗効果で発揮できるからこそ「注目の新成分」として扱われているわけなんだな!

グロースファクター(成長因子)

グロースファクター(成長因子)というのは、簡単に言えば髪の毛を成長させるための物質だと考えれば分かりやすんじゃないだろうか。

色々と薄毛や抜け毛について調べたことがある人なら「グロースファクター再生療法」「ハーグ療法」といったキーワードを耳にしたことは無いだろうか。これらは髪の毛を再生するための「頭髪再生医療」のこと。こういった現場で使われているのがグロースファクター(成長因子)というわけ。

Deeper3Dには8種類ものグロースファクター(成長因子)が配合されている。
>公式サイトでDeeper3Dを購入する

Deeper3Dのココはどうなの?

値段が高い!

Deeper3Dは話題の「キャピキシル」を使用しているということもあって、なかなかのお値段になっている。定期購入コースを利用しても1万3860円。

とんでもなく高い!というほどではないかもしれないが、これを毎月購入し続けていくことを考えるとそれなりの出費に繋がってしまう。

>Deeper3Dよりもオレがおすすめする育毛剤はこれ!

FINJIA(フィンジア)で良いんじゃない?

Deeper3Dの強みは何度も出ている通りキャピキシルが配合されていることだ。しかし、Deeper3D以外にもキャピキシルを配合している育毛剤がいくつか登場し始めている。

例えばFINJIA(フィンジア)。こちらはキャピキシルだけにとどまらず、ピディオキシジルという新成分も配合されている。ちなみにピディオキシジルは「ミノキシジル誘導体」とも呼ばれている、頭皮の血流を改善してくれる成分。

Deeper3Dは1万3860円でキャピキシルしか配合されていないけれど、FINJIA(フィンジア)なら毎月9980円でキャピキシル+ピディオキシジルを実感できる。

Deeper3Dには成長因子や「モンゴロイド3大継承成分」と言った特徴もあるが、これらは有効成分として認められているわけではないので、優先度としては限りなく低いだろう。

スポイトが使いづらい

どうしてこういうデザインを採用したのか理解に苦しむのだが、Deeper3Dはスポイト型式を採用している。スプレータイプが主流となっているこのご時世に、だ。

口コミや体験談を見ると「スポイトの方が使いやすい~!」という意見もチラホラ見受けられるが、さすがに信じられない。

公式の言い分としては「目盛りが見やすいから」「医療機関ではスポイトが当たり前だから」と書かれている。Deeper3Dが医薬品なら納得だが…。素直にスプレータイプのほうが良いんじゃないだろうか。

グロースファクター(成長因子)って塗布でも効果があるの?

Deeper3Dの目玉の1つが「成長因子配合」ということなのだが、使い方に疑問が生まれてしまう。

「メソセラピーやハーグ療法でも使われている!」とのことだが、これらは皮膚に直接注射している。塗布はしていない。果たして。

■まとめ■
ということで今回はDeeper3Dについて考察してみた。要点をまとめると以下の通りだ。

・キャピキシルを配合
・メソセラピーやハーグ療法でも使われている成長因子が8種類
・コスパは悪い
・成長因子は塗布でも効果はあるのか?

ということで最終結論としてオススメ度は「1(5段階評価)」!

キャピキシルが登場し始めたその当時はDeeper3Dが先駆け的な存在だったので注目されて当然だったと思う。しかし今となってはキャピキシル+ピディオキシジルの育毛剤も販売されているわけだし、その上Deeper3Dは値段が高い!

ということで結論としては「Deeper3Dを買うくらいならFINJIA(フィンジア)の方が良いんじゃないの?」になる。その他の部分で魅力を感じるならDeeper3Dでいいかもしれない。
 

実際に、モンゴ流スカルプエッセンスDeeper3Dを試して評価したぞ!

今回試してみる育毛剤は、『モンゴ流スカルプエッセンスDeeper3D』だ。「キャピキシルを配合したスカルプエッセンス」のパイオニアと称している。成長因子と有用成分を配合した不思議なピンクのカクテルが特徴だぜ。

このDeeper3Dは、グロースファクター、キャピキシル、モンゴロイド3大伝承成分などが入っているそうだ。

グロースファクターは成長因子ともいわれるが、グロースファクター再生療法やハーグ療法といった世界最高レベルの頭髪再生医療でも使用されている成分だぜ。

キャピキシルは、カナダのLUCAS MEYER COSMETICS社で開発されたもので、育毛医薬品成分の3倍の有用性と言われている(言われているというところが怪しくねえか?)

モンゴロイド3大伝承成分というのは、イラクサ・ユッカ・シーバックソーンから抽出される成分ということだ。イラクサって花粉症のあれか?ああ、あれはブタクサか。

モンゴル人の髪が黒々としているのは、イラクサで髪を洗っていたからといわれていて、ユッカ根エキスはネイティブインディアンが使っていたそうだ。

シーバックソーンはサジーとも呼ばれているが美容の方でもサジーは人気があったはずだよな。モンゴル人やインディアンにはハゲが少ないのはそれが理由ってことらしいぜ。

この他にも、成長因子8種類、プロテオグリカン、シアノコバラミン、計36種の有用成分、海洋深層水を使用している。シアノコバラミンがピンクのカクテルにしているらしいぞ。

ノンパラベン、合成着色料フリー、合成香料フリーで、メイド・イン・ジャパンの育毛剤ということだ。

それにしても、このDeeper3Dは値段が高いな。
1ヶ月~2ヶ月分という60mlのもので、14,590円もするというのはどういうことだい。割引があるので、もう少し安く買うことはできるが、この金額を出すにはかなりの勇気と気合いが必要だぜ。

これを使えば必ずハゲが治るというのなら惜しくはねぇが、効かないかもしれない育毛剤にここまでの金額を出せるヤツはどれくらいいるってんだ?

しかし、人気があるということは購入しているヤツが多いということだろう。購入者の口コミを読んでも、みんなフサフサになっているじゃねえか。男女兼用なので女性のレビューも掲載されているな。本当にこんなにフサフサになるのか?。

値段が高いだけあって、かなりの効果が見込まれるのかもしれねぇが、うわべだけの期待とともに、Deeper3Dを注文してみることにするぜ。

Deeper3D をインターネットで注文したのだが、間違っていたようで、一度キャンセルすることになったぜ。キャンセルを伝えるメールを出したんだが、さっぱり返事が来ねぇんだ。
土日は休日のようなので月曜日になれば返事が来るかと待っていたが、まったく連絡が来ねぇ。
間違った商品が送られてきても困るから、電話でキャンセルすることにしたぜ。
メールは届かないこともあり、届いても埋もれてしまうかもしれないから、やっぱキャンセルするなら電話だな。

こうして電話でキャンセルしてもらったが、キャンセル処理が終わったというメールが来ないので、オレはまた少し不安になってしまったぜ。

他の育毛剤メーカーは手厚く連絡をしてくれるケースが多いから、このようにあまり親切でない対応は目立つことになるな。

改善しろよ。育毛剤は、その商品やメーカーをいかに信頼できるかということが重要だからな。

まあ、オレの注文ミスなのだから、迷惑をかけたことは素直にあやまるぜ。

こうして再注文した Deeper3D が届いたぞ。

宛名の個人情報を隠すことと、箱の大きさを分かりやすくするために、単3乾電池パックを使用しているぜ。隠していてわからないと思うが、宛名伝票の下の方に、小さな文字で「シャンプー」と手書きしてあった。育毛剤と書かれなくて良かったぜ。

これが横から見た写真だ。
Deeper3Dの箱は他の育毛剤とは違い、箱の上部を開けるタイプだったぜ(このガラス・ビン・セトモノと書かれている面から開けるということだ)。

これが箱を開けた写真だ。
緩衝材の、いわゆる「プチプチ」が最初に目に入ってくるぞ。プチプチと言っても、大きなタイプのプチプチだぜ。

プチプチを出すと、箱の中はかなりスカスカになった印象だ。
しかし、銀色に光るケースがキラキラしているのがわかるだろ?
あとは、ビニールフィルムに入った書類たちだ。

これが、箱から出したところだ。
Deeper3Dの入った箱と、ビニールフィルムの袋には、おまけ類が入っているのが最初にわかるので、少し嬉しいな。

(しかし、おまけであるモンゴ流スカルプエッセンスDeeperバリアスルー5mlが出荷調整中ということで、入荷後の別送ということだったぜ。Deeper3Dと一緒に使いたかったので届くまでの我慢ということになっちまった)

ビニールフィルム袋を開けると、中からはこんなにたくさんの物が出てきたぞ。おまけが一つ足りないが、それでも4つもおまけがあり、それ以外でも11種類も入っているとは、ちと多すぎねえか?

さらに言うと、写真の下に並んでいる5つのうちの4つはリーフレットという感じの小冊子で、かなり立派に作ってあり、紙質や印刷もよく、ページ数も多いんだ。

価格が高いからこういうものも立派になって、分厚くしようということになるのかもしれねぇが、こういうものにお金をかけるから商品価格が高くなっているんじゃねえのかい?

おまけが多いのも嬉しいが、こういうのがなくてもいいから安くして欲しいと思うヤツもいるはずだよな。

こちらは Deeper3D が入っている箱の正面からの写真だ。
箱の窓のような部分は穴が開いていて、Deeper3Dの姿が見え隠れしているぞ。

銀色の箱は鏡のようになっていて、写真を撮影しているオレの姿が写り込んでいるぜ。

これは、Deeper3Dの箱を開けたところの写真だ。
固定する「中ぶた」も銀色なので、少しびっくりしたじゃねえか。
透明プラスチックのキャップだろうか、少し見えているな。

中ぶたを開けたところだ。
やはり、透明キャップだったぜ。
箱の内側にもダンボールでできた緩衝材が張り巡らされているぞ。
上の方には、説明書らしき紙が入っているな。

Deeper3Dを箱から出したところの写真だ。

左側は箱の中に入っていた説明書で、右は箱の裏側だ。

箱からDeeper3Dを出すときには注意しろよ。

透明プラスチックキャップの先(上)の部分を持って引き出したんだが、ガラスでできている瓶が重くてよぉ、キャップから外れて下に落としちまったじゃねえか!

低い位置からだったので助かったが、高いところから落としていたら確実に割れていたぜ。使用する前に瓶を割ってしまうヤツがいるんじゃねえのか。
この設計は変更しろよ。
こんな高価な商品を、使う前に台無しにしてしまったんじゃあ、ショックで髪が抜けてしまうことになるにちがいねぇからな(それがメーカーの狙いなのか?)

この透明キャップは外したままにして、使用しない方が良さそうだな。

箱の銀色は鏡のようなので、ここでも写真を撮影しているオレの手が写り込んでいるぜ。

これは透明キャップを外し、黒いキャップをひねって、固定されていた部分が壊れたところの写真だぜ。
密封されていたものを開封することで、いよいよスタートという気持ちになれるのは儀式のようでもあるな。
少々、大袈裟か。

なんと、黒いキャップはスポイトだったぜ。つまり黒い部分はゴムでできているのだ。

Deeper3Dはガラス瓶というところに高級感が漂うが、このスポイトの液が溜まる部分もなんとガラスでできてるぜ。0.5、1.0 というメモリが付いているのが分かるだろ。
1回の使用量は、0.5~1.0mlということだ。

スポイトの先に丸いものが見えるよな?
これは育毛剤の水滴というわけではねぇんだ。ガラスでできたスポイトの先が、こんな丸い形をしているんだぜ。

どうしてこんな形をしているのか理由を知りたくて、たくさんあったパンフレット類を読んでみたが、それらしき記述を見つけることができなかったぜ。

おそらく、この形にすると頭皮に塗布しやすいということなのだろうな。

ガラスのスポイトはかっこいいが、不注意で割れてしまいそうなので気をつけろよ。

そして、このスポイトに吸われている液体が「ピンクのカクテル」と呼ばれているものだ。美しいよな。

手のひらに垂らしてみたが、よくわからない写真になってしまったぜ。
サラサラした感じで、指でこすってみると、手のひらに浸透するように消えていったぞ。

匂いはスースーするな。子ども用の歯磨き粉のような香りだ。

この写真は、Deeper3Dを使用する前の頭髪の状態だ。

あんなにたくさんの説明書が入っていたのに、Deeper3Dの使用方法の説明は、箱に入っていた小さい紙だけというのは、いったいどういうことだ?
文字が小さくて読みにくいじゃねえか。
年寄りは使うなってことなのか?若ハゲにしか効かねぇってことかよ。

それによぉ、説明書類がたくさんありすぎて、どれにDeeper3Dのことが書かれているのかもわかりにくいじゃねえか。
多いことはゴージャスだが、わかりやすさが一番じゃねえのか?

使用方法は、他の育毛剤と同じで、洗髪後の清潔な頭皮に使用するのが基本だぜ。十分に乾燥させてから使うというのも同じだな。

エッセンスの蒸発を防ぐため、ほてりを冷ましてから使用せよ、という説明は初めて見たぜ。たしかに、その通りだ。

Deeper3Dのボトルを軽く振り、スポイトで0.5~1.0mlを吸い上げる。
そしてエッセンスを頭皮に塗布するのだが、このとき、スポイトを直接頭皮に接触させてはいけない。
スポイトに汚れなどが付く恐れがあるからだってんだ。先が丸くなってたら直接つけたくなっちまうよな。

そして、指の腹を軽く擦りこみ、指圧をするように頭皮に馴染ませるんだ。
成長途中の産毛は抜けやすいため、強く押さえたり、こすってはいけない。
頭皮マッサージをせよとは書かれていないわけだな。

1日2回が目安だが、目的に応じた使用感を実感し始めたら、1日1回でもいいようだ。

この1本は60mlで、1ヶ月~2ヶ月使用できるが、開封後は3ヶ月以内に使い切るようにしなくてはいけないってよ。

それじゃあ、いよいよ使用してみるぜ。
果たして、Deeper3Dの効果はいかに・・・

これが、Deeper3Dを約2ヶ月使用した写真だ。使用前の写真と比較して、どうだ?

写真のアングルが微妙に違うので、正確な比較はできないかもしれないが、ハッキリ言わせてもらうが、髪の量は増えてねぇし、髪の毛も太くなっていないよな?カメラの性能が高くないから、見えねぇかもしれねぇが、産毛もさっぱり出てねぇぜ。

これはつまり、Deeper3Dは効果がなかったということだよな。

決められた通りの用法と用量を守ったのは言うまでもねぇぜ。用法と用量を守ることは最低限のルールだからな。

それに、頭皮マッサージも使用のたびにきちんとやったし、Deeper3Dを塗布した後だけではなく、空き時間にも頭皮マッサージはやるのはオレの日課だ。

さらに、Deeper3Dを使用しても、その他の部分で頭髪に悪影響なことをしていたのでは効果がないのも当然だから、食事や日常生活においても、頭髪や頭皮に良いことを心がけたんだぜ。

食事面については、数年前にダイエットに取り組んだときに改善したから、その食事を今でも続けているぜ。カロリー計算をし、栄養パランスも整ったメニューだ。

脂質の多いものは年齢的なこともあって若いときほど食べていねぇし、大豆食品、野菜、海藻、貝、果物など、頭髪や頭皮に良いというものもきちんと食べているぜ。

タバコは17年以上前に禁煙した。
アルコール類は週に3日だけと決めているんだ。飲む量も多くねぇぜ。

起床時刻と就寝時刻は、毎日ほぼ同じ時刻だから、睡眠時間も7時間ほどで一定だ。
ベッドに入ればすぐに眠れるし、トイレにも起きないので、睡眠の質も良いよな。

仕事のストレスも感じていねぇし、毎日の生活でも、悩みはねぇし、ストレスもない。楽しく暮らしているぜ。

髪の毛が薄くなり始めたころは、これとまったく正反対の生活を送っていたから、それがハゲた理由の一つだと思うが、今はハゲに対しては完璧な優等生であると自信を持って言えるぜ。

このような優等生の頭髪に対し、何の効果もなかったわけだから、Deeper3Dは効果がないということだ。

「キャピキシルはすごい」ということだったし、価格も高価なので、実はかなり期待していたんだぜ。それなのに、その期待は見事に裏切られてしまったな。

期待すると裏切られた時にショックが大きくなるから、過度な期待はしたくなかったんだがよぉ、これだけの金を払っておいて期待しないヤツはいねぇよな。

決められた用法・用量をしっかりと守り、頭皮マッサージもきちんとやって、食生活も正しいものだったんだ。これでもダメだったのだから、Deepe3Dには手を出すなよ。

『殆どの育毛剤は効かない!買うならオレのおすすめするのを買え!!!!』

だ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - 育毛アイテムのガチ体験レビュー