フサッチ

   

頭皮は濡れたままにするのはNG!抜け毛予防のための正しいタオルドライの方法を紹介


当たり前の行為が抜け毛予防につながる

お風呂に入って髪の毛を洗ったら、そのあと濡れた髪の毛をタオルで拭くよな。誰もが当たり前にやっている行為だろうが、実はこの行為が抜け毛や薄毛と密接な関係があるといわれているぜ。タオルでぬれた髪の毛を拭くのは、別にお金をかけることでもないからすぐにでも実践できるな。
タオルドライには正しいやり方がある。
そこでここでは正しいタオルドライの方法について紹介するから、抜け毛や薄毛の気になるヤツがいれば参考にしてくれよな。

濡れたままにしておくのは絶対NG!

お風呂から上がってタオルを使って濡れた髪の毛をふき取っているな。この時中途半端な拭き方をしているヤツもいるかもしれないな。
でももし十分に乾かさないで放置していると、頭皮のコンディションが悪化してしまうぞ。
頭皮や髪の毛が乾ききっていないということは、水分が蒸発するときに頭皮から熱を奪っちまう。すると頭皮の温度がどんどん冷えてしまうな。皮膚温度が下がると血行が悪くなって、髪の毛に十分な栄養分・酸素がいきわたらなくなる。結果的に抜け毛を増やして、薄毛の症状を進めてしまうのだな。
さらに中途半端な生乾きの状態だと、湿度も高くなる。雑菌は湿度の高い環境を好むから、頭皮でどんどん繁殖してしまう。雑菌が繁殖することで、頭皮にカビが生えてコンディションを悪化させてしまうということもあるわけだな。

タオルドライを行うことの2つのメリットとは?

髪の毛や頭皮を乾かすにはドライヤーを使えばいいのではないかと思うだろうな。でもいきなりドライヤーをするのではなく、タオルドライをするのがおすすめ。
タオルドライとは文字通りタオルを使って、髪の毛の水分をふき取ることだ。ただし完璧に乾かすのではなく、半分くらい乾いた状態にすることだ。そしてドライヤーを後で使って、さらにしっかり乾燥させる。

タオルドライを行うメリットとして、2つのことが考えられる。

早く乾燥させる

1つ目のメリットとしては、タオルドライを行うことでより早く乾燥させることが可能な点だ。髪の毛と頭皮はお風呂から上がったところで速やかに乾かすことが大事だ。
というのも髪の毛や頭皮が濡れたままで長時間放置すると、それだけ雑菌が繁殖する恐れがある。血行も悪くなって、頭皮が栄養不足の状況に陥る。
プラス髪の毛にはキューティクルのあることは、どっかで聞いたことがあるよな。キューティクルとは髪の毛の表面組織で、髪の毛を保護する役割がある。キューティクルは水にぬれていると開いてしまう。濡れたままの状態だとキューティクルが開ききった状態が続き、髪の毛を保護する機能が働かなくなる。つまり髪の毛のダメージも大きくなってしまう。タオルドライで髪の毛に含まれる水分を取り除くことで、髪の毛のダメージも最小限に抑えられるわけだ。

ある程度のレベルまで乾かせる

2つ目のメリットは、タオルドライすることで髪の毛と頭皮をある程度のレベルまで乾かせる。となるとその後ドライヤーをかけて乾燥する場合、完全に濡れた状況よりも時間を短縮できるわけだ。
ドライヤーは知っての通り、熱風を髪の毛や頭皮に当てることだ。髪の毛を構成するたんぱく質は熱に弱い性質を持っているので、髪の毛のダメージを少しでも少なくしたければ、ドライヤーの熱風を当てる時間を少しでも短くした方がいいよな。
タオルドライである程度髪の毛の水分をふき取っておけば、ドライヤーをかける時間も短くなるな。

正しいタオルドライのやり方は3ステップ


ではタオルドライを具体的にどのように行うか、それは3つのステップがある。
別に正しいタオルドライのやり方は難しくはないので、今日でも実践できるはずだぜ。

髪の水分を飛ばす

まずお風呂から上がる前に、頭を軽く振ったり、手に水分を払ったりしておくことだ。これだけでも髪の毛の水分は何もやらないのと比較すると、だいぶ少なくできるぜ。

水分を取り除く

次にタオルドライの本格的な作業になるな。この時ポイントは、まず髪の毛ではなく頭皮の水分を取り除くようにタオルドライすることだ。そのためにはタオルを頭皮に当てて、手もみをするようなイメージで頭皮の水分を取り除いていこう。この時優しく行うのがポイントで、ゴシゴシ強めの力でこする必要はないな。

水分を拭き取る

最後の工程として、髪の毛の水分をふき取っていく。ただし野郎の中には結構短髪なヤツもいるな。この場合、さっき紹介した頭皮の水分を取り除くときに髪の毛の水分をふき取ることができるな。だから髪の毛はそれほど重点的に行う必要はないぜ。
ただし髪の毛をある程度伸ばしている、女性の場合であれば頭皮の後で髪の毛の水分を取り除いた方がいいな。髪の毛の水分を取り除くのであれば、タオルで髪の毛を包み込むような感じで両手で挟んで水分を取り除いていこう。

ここまで行えば、頭皮や髪の毛の水分はあらかたとれているだろう。でも完ぺきではないので、残りの水分はドライヤーを使って飛ばしていけばいい。
中にはドライヤーの熱が嫌というヤツもいるかもしれないな。その場合にはタオルを当てて、その上からドライヤーをすれば熱い嫌な感じが軽減されるぜ。タオルの上からドライヤーを当てても、髪の毛や頭皮をしっかり乾かせるぜ。
またドライヤーの中には、低温ドライヤーと呼ばれる商品があるな。こちらを使えば、頭皮や髪の毛が熱風によってダメージを受けにくくなるぜ。従来のドライヤーの熱風の場合、温度は100~110度程度だ。ところが低温ドライヤーであれば、50~70度だからかなり低いな。

タオル選びにもこだわりを

タオルで髪の毛を拭くことは何気に毎日行っているが、実は抜け毛予防のために大事な行為であることがわかるな。上で紹介したタオルドライを毎日実践することだな。
またタオルについてもこだわってみるのがおすすめだぜ。できれば頭用と体用で、使うタオルは別々にするのがいいな。もしもったいなければ、体をふく前に頭部を乾かすことが重要。
使う素材だが、マイクロファイバーもしくは綿や麻のような天然素材がおすすめ。吸水性が優れているから、短時間で髪の毛を乾かすことができるからな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - LET'S!ハゲ予防!