フサッチ

   

帽子はハゲる、は間違い?正しいかぶり方で強い味方にもなる!

帽子をかぶるとハゲるという俗説は半分正解半分不正解

俺の帽子術

帽子をかぶる人はハゲやすい。一般的にもよく言われていること。そのため、ハゲ予防にいそしむ人は帽子を必要以上に避けているかもしれない。ところで実際のところ、そんな事実があるのかを考えてみたいと思う。

嘘半分、本当半分

帽子をかぶると、汗で蒸れるからハゲやすくなる。確かに、不衛生な頭皮環境は薄毛や抜け毛の大きな原因のひとつだ。しかし、帽子=ハゲは絶対ではない。かぶり方に気をつければ、むしろハゲの味方になってくれることだってある。

●よくないかぶり方

それでは帽子のよくないかぶり方について紹介していこう。一番良くないのは「頭皮の蒸れ」だ。また、不衛生な帽子をかぶると、当然頭皮環境も悪化する。この2点は必ず押さえておきたい。

【蒸れる原因】

    ・長時間帽子をかぶりっぱなし
    ・通気性が悪い素材の帽子
    ・屋外、室内問わず帽子をかぶる職

【頭皮環境の悪化】

    ・帽子が小さく、摩擦が生じてダメージを受ける。同時に締め付けによる血行不良
    ・帽子の衛生状態が悪い

基本的に帽子は一度かぶるとそのままにしていることが多いだろう。だから蒸れてハゲやすくなるのは本当だ。

雑菌は湿度が高いほうが喜ぶし、頭皮はたっぷりと皮脂を分泌するのでそれをエサにしているケースも多い。雑菌が繁殖するにはなかなか理想的だといえるだろう。

頭皮環境の悪化については、かぶり方よりも帽子そのものに焦点が行く。特に締め付けがきつい帽子は何かと不都合が多いので注意。

●正しい帽子術をマスターせよ!

悪者扱いされることが多い帽子だが、正しい帽子術を手に入れれば、あらゆる面でメリットを生み出せる。もちろん、多少手間がかかる部分もあるが、それも含めて上手く活用していきたい。

【紫外線から頭皮を守る】
頭に髪の毛が密集しているのは「脳」という大事な器官を守るためだけではない。体の中で最も紫外線を浴びやすいため、髪の毛でこれを吸収する、という役目も持っている。

女性であれば、髪の毛が長いので紫外線によるダメージを分散させやすく、あまり頭皮にダメージは蓄積されない。しかし、髪が短い男性や、薄毛に悩む人は紫外線をブロックする力が弱い。つまり、頭皮にダイレクトにダメージを受けることになってしまう。

紫外線を浴びると、活性酸素が大量に生成されて皮膚を老化させてしまう。すると潤いが減り、血行も悪くなる。人によっては炎症も起こるかもしれない。

ということで、帽子を上手に使って紫外線をカットしてあげるのはとても有効な手段だ。特に梅雨の時期から秋の中ごろまで紫外線量は多いので、この時期は重点的に帽子で紫外線対策を採りたい。

【帽子で冷えを防ぐ】
冬場になると、マフラーや手袋、コートを着用するだろう。しかし頭は防寒対策をしていない人も多い。

実は冷えは血管を収縮させてしまう。頭皮だって寒さから守ることが大切なわけだ。寒い時期は空気が乾燥しているので、頭皮の潤いも逃げてしまいがち。

ニット帽など暖かい帽子を着用することで、冷えによる血行不良と頭皮の乾燥をダブルで防げる。

●季節に合わせた帽子を選ぼう

帽子のリスクと有用性が分かったところで、次は季節に合わせた帽子の選び方やかぶり方について紹介していく。割と当たり前に感じられることも多いだろうが、しっかりとチェックしておこう。

【夏の帽子のかぶり方】
◯外出時は紫外線対策
先述した通り、帽子をかぶることで紫外線から頭皮を守れる。最近はUVカット機能がついている商品もあるので、これを選べばより効果が期待できる。

◯汗をこまめにふき取る
汗をかいたままだと、蒸れによる雑菌の繁殖が心配だ。こまめに帽子を着脱して通気してあげること、タオルやハンカチでふき取ってあげるようにしよう。

◯こまめに洗って清潔に
汗を吸ったままの帽子を放置しておくと、雑菌の温床になる。それを頭にかぶせると思うとゾッとする。できれば毎日、少なくとも2~3日に1度は洗濯するべきだ。抗菌作用のある素材の帽子を選ぶのも有効。

◯家に帰ったら洗髪
帽子をかぶった後の頭皮はどれだけ気をつけていてもやはり雑菌が繁殖しているもの。そのため、帰ったらすぐにシャワーを浴びるなり、湯船に浸かるなりして洗髪しよう。帰ってそのまま寝る、なんてことがないように。

【夏の帽子選び】
◯アウトドアハット
通気性や紫外線カットの点からオススメできる帽子。商品によってはコンパクトに折りたためるのも魅力的。

◯キャップ
できるだけ通気性の良いもの、こだわりがないならメッシュタイプを選びたい。締め付け具合も調整しやすい。

本格的なアウトドアではアウトドアハットがオススメだが、街でかぶるならキャップの方が服装も合わせやすいだろう。いずれも通気性には徹底的にこだわるべきだ。

【冬の帽子のかぶり方】
◯暖かい帽子で冷え対策
先述した通り、冷えによる頭皮の血行不良を予防する。通勤時はそうでもなくても、退勤時は寒い…ということもあるのでかばんに忍ばせておくと良いだろう。

◯清潔を意識する
夏場に比べればそこまで汚れないが、やはり汗や皮脂がつくので衛生面には注意すること。洗濯しやすいものを選ぶのもコツ。

◯屋内では帽子を取る
髪がぺしゃんこなのを見られたくない…という理由で屋内でも帽子を取らない人は多いが、これは間違い。冬場の屋内は空調が効いていて、汗を結構かく。

【冬の帽子選び】
◯ニット帽
ファッション的にもあわせやすいし、何より暖かい。小さく畳めるので携帯にも便利。冬場最強の帽子。ただし洗濯し忘れがちなので注意。

◯ハンチング
コンパクトで取り扱いも簡単。割と誰でも似合うので使いやすい。全体的に小さめサイズが売られていることが多いので、締め付け感の無いものを探す手間がかかるかもしれないが妥協しないように。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - LET'S!ハゲ予防!