フサッチ

   

シャンプー選びは薄毛を気にする人にとって重要だ。その種類と特徴、選び方を徹底解説する


シャンプー選びは薄毛にとって重要
薄毛に悩む人にとって、シャンプー選びはものすごく重要だ。
だって、洗髪そのものが薄毛に悩む人には危険な行為なんだぜ。
だからせめて、シャンプーは薄毛にとっていいものを選択したいものだ。
シャンプーといってもいろいろな種類のシャンプーが世の中には出回っているけど、薄毛対策が施されたシャンプーっていったいどんなシャンプーなんだい?ちょっと薄毛対策シャンプーについて調べてみたぜ。

シャンプーが薄毛の原因になってしまうって本当?
日頃あまり深く考えずに使ってたそのシャンプー。実は、薄毛の原因の1つにもなってるって気づいていたかい?
市販されているシャンプーには、界面活性剤っていういわば洗剤の役割を果たす成分が配合されているんだ。
この界面活性剤のおかげで頭皮の皮脂や汚れは落とされるわけだが、この成分が自分の頭皮に合ってなかったりすると大変なことになるんだ。界面活性剤はなかなか刺激の強い成分だから、頭皮に合わないと皮膚炎を起こして、フケがたくさん出たり、強いかゆみが出たりして抜け毛がひどくなるんだぜ。
もちろん洗い方も重要だ。
爪を立ててゴシゴシやってたんじゃ、頭皮に傷がつくしたくさんシャンプーつけて泡だらけで洗っちまうと、肝心な頭皮までしっかり洗えなかったり、シャンプー液の洗い残しが発生しちゃったりするぞ。シャンプーの洗い残しは、雑菌の繁殖を促しちまって、結局抜け毛が増えちまうんだ。
それだけじゃないぜ。洗いすぎもだめなんだ。洗いすぎは、本来皮膚を保護する役割も持っている皮脂を必要以上に洗い落しちまうんだ。となると、頭皮を守ってくれる大事な存在がいなくなったら大変だ。洗い落さないといけないのは、あくまでも過剰分泌された皮脂だぜ。必要以上に皮脂を洗い落してしまっても、頭皮にはマイナス効果なんだぜ。

どんなシャンプーを使うと抜け毛を引き起こしてしまうの?


どんなシャンプーを使うと抜け毛が増えるのかを知るには、まずシャンプーの成分を知っておかなくちゃいけないぜ。市販されているシャンプーの成分ってどんなものか考えてみたことあるかい?
主成分は、さきほどの界面活性剤だ。
皮脂や汚れを落とす洗剤の役割を果たすものなんだが、これがまたいくつか種類があるの知ってるかい?
ちょっと調べてみたぜ。

アミノ酸系

シャンプーのCMで最近よく耳しないかい?
これは、その名のとおりアミノ酸から作られる界面活性剤で、洗浄力はちょっと劣るが、弱酸性で比較的肌に優しい成分なんだ。

石鹸系

古く昔からシャン

プーに使われてきた界面活性剤だぜ。
洗浄力はなかなか強いが、強いアルカリ性だから洗髪すると髪の毛がちょっときしむ感じがするぜ。

高級アルコール系

高級って名前から、こいつが1番高価なシャンプーなのか?と思うだろうが、そういうわけではないんだ。
むしろ普通にいろんな洗剤に配合されるほどメジャーなもので、安価で販売されていることが多いぜ。
炭素数が多いという意味の科学用語として、高級って単語がついてるだけなんだぜ。
この3つの界面活性剤が市販されているシャンプーに配合されてるんだぜ。だが、これらのシャンプーすべてが抜け毛の原因となるシャンプーというわけではないぜ。これらの成分の中で、自分の頭皮に合わない成分が配合されているシャンプーを使ってしまうと、抜け毛を引き起こしちまうんだ。

洗浄力の強いシャンプーが抜け毛を増やす理由は?

同じ界面活性剤でもいくつか種類があるわけだが、その中でも洗浄力には多少の差があるんだぜ。アミノ酸系は、1番肌に優しいが、その分洗浄力はちょっと劣る
石鹸系は、洗浄力がなかなか強めだから、シャンプー液が頭皮に残ってしまうリスクも高くなるんだ。高級アルコール系は、さらに洗浄力が強い。そのうえ、アミノ酸系や石鹸系に比べ、泡立ちも数段よいことから、ますます洗い残しのリスクが高まってしまうのさ。
洗浄力の強いシャンプーは要するに、刺激が強い成分が配合されているということだ。刺激の強い成分は、当然頭皮にとっても大きなダメージを与えてしまう。頭皮はデリケートで繊細な肌なんだぜ。だから、刺激物にも当然弱い。そんな頭皮に毎日刺激の強いシャンプー液がふりかかることで、毛根組織もダメージを受けて毛が抜け落ちてしまうんだ。
しかも、洗浄力が強いと泡立ちも、なかなか落ちないぜ。洗い残しとして頭皮に残されたシャンプーは、頭皮の中で雑菌の繁殖を促し、ますます毛根組織にダメージを与えるぜ。そうして、髪の毛は抜け落ちてしまうんだ。洗い残し厳禁だぜ。
すすぎ残しのないように、しっかり洗い流さなくちゃいけないぜ。

洗浄力を見極めるシャンプーの種類は?


市販されてるシャンプーには、だいたいボトルの裏面に配合されている成分が表示されているはずだ。
その成分表示を見て、洗浄力の高い低いを判断するといいぜ。
前述したとおり、洗浄力の強いシャンプーは、石鹸系と高級アルコール系の界面活性剤が配合されたシャンプーだ。
代表的な成分名は下記のとおりだ。

<石鹸系>
ラウレスカルボン酸ナトリウム
カリウム石鹸素地
<高級アルコール系>
ラウリル硫酸ナトリウム
ラウレス硫酸ナトリウム

これらの名前で成分表示が記載されているはずだから、しっかり確認してから購入することを勧めるぜ。覚えづらい名前だが、アルコール系のものは、だいたい「硫酸」がつくぜ。石鹸系は、「石鹸」の名前がついていることが多いぜ。
こういう成分名をシャンプーのボトルに見かけたら、ちょっと頭皮には刺激が強い成分が入っているんだと自覚するといいぜ。
頭皮にとってダメージが大きいものと、肌に優しいものがわかったら後はそれをシャンプー選びに実践するだけだぜ。育毛をうたったシャンプーを使うのももちろん1つの手だが、育毛シャンプーは少し高価でもある。
まずは、市販されている頭皮に優しいシャンプーで頭皮の状態を整えようぜ。比較的頭皮に優しいのは、やっぱりアミノ酸系のシャンプーだ。
植物系の成分や、オーガニック系の成分も同じく頭皮に優しいぜ。頭皮に与えるダメージが大きい成分と、頭皮に優しい成分をしっかり頭に入れてシャンプーを選ぼう。価格も選考基準には大きく関わってくるよな。自分の中で何が優先順位なのかをしっかり把握しながら、価格と配合成分のバランスを見極めてシャンプーを選ばないといけないぜ。
適当に選んだシャンプーでは、抜け毛を促進しちまいかねないからな。

シャンプー選びを心がけて薄毛対策

毎日使うシャンプーで、抜け毛が増えるか減るか。そんなことあまり意識しなかったかもしれないが、シャンプーがどれだけ大事かわかったかい?
たかがシャンプー、されどシャンプーだぜ。毎日使うものだからこそ、頭皮に与える影響も大きいんだ。
少しでも抜け毛を防ぎたいなら、それなりに努力も必要だ。シャンプーなんてどれも同じとシャンプーを侮ることなかれだ。シャンプーの役割をしっかり考え、配合されている成分も見極めながら自分に合ったシャンプーを選ぼうぜ。
まずは、シャンプー選びこそが、抜け毛対策の第1歩だぜ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - LET'S!ハゲ予防!