フサッチ

   

きしむシャンプーの方が育毛には良い!?ノンシリコンシャンプーのススメ

シリコンが入っていないシャンプーは洗い上がりがきしむがこれが本来の姿

シャンプーした後の髪の毛は指通りが良いことがほとんどだろう。これはシャンプーに含まれる「シリコン」のおかげだ。

シャンプーにシリコンが含まれることで、髪の毛を洗うと同時に表面をコーティングし、指通りが良くなる。
しかしこのシリコンが薄毛や抜け毛の原因となっているケースは少なくない。

となると、シリコンが含まれていないシャンプー、いわゆる「ノンシリコンシャンプー」を選ぶのが育毛的には正解だと言えるだろう。

しかしノンシリコンシャンプーを使用すると「髪がきしむ」のが気になるかもしれない。

今回は「きしむシャンプー」について考察してみようと思う。

シリコンはなぜ必要?

そもそもどうしてシャンプーにシリコンが配合されているのか気にならないだろうか。
特に男性からすると必要性が感じられないかもしれない。

しかし髪の毛の長い女性からすると、シャンプーした後に髪の毛が絡まない、ブラシがスッと通るのは気持ちのいいことだ。

そのためにシリコンが配合されている。

またシリコンは完全に悪いものでもない。
髪の毛の表面をコーティングしているため、紫外線、摩擦、汚れなどから守る働きを持っている。

とこのようにシリコンの特徴をざっくりと紹介すると、1つの共通点が見えてくる。
それは「髪の毛のための成分」であること。

すでに生えている髪の毛にとっては多少なりメリットがあるが、特に髪の毛が長いわけでもない、まして薄毛や抜け毛に悩んでいるような人にとっては無用だろう。

シリコンの何が悪い?

このシリコン、コーティングするのは髪の毛だけではない。

頭皮の表面もコーティングしてしまう。

つまり、育毛にとって必要不可欠な頭皮環境を悪くする可能性が高いとして問題視されているわけだ。

例えば頭皮の毛穴にシリコンが詰まって、それがなかなか取り除けなかったりすると、いくら良い育毛剤を使っていたとしても上手く浸透することはできないだろう。

そこまでではないだろうが、シリコンによって頭皮の皮膚呼吸が妨げられる可能性だって考えられる。

育毛では何よりも頭皮の状態を高めていくことが重要だ。それを阻害する成分だからこそシリコンが嫌われていると言えるだろう。

ノンシリコンシャンプーは「きしむ」が当たり前

ということでここ数年の間でノンシリコンシャンプーが多く販売されるようになってきた。
特に育毛シャンプーを中心にそういった流れが強まっているようだ。

利用したことがある人なら分かると思うが、ノンシリコンシャンプーの後は髪の毛が「きしむ」ことが多い。
そのため「何だか気持ちが悪い」という意見は頻繁に耳にする。

だがそれで正解だ。髪の毛の表面をコーティングするシリコンが含まれていないのだから、そうなって当然。

シャンプー後のきしみを解消するテクニック

ノンシリコンシャンプーで髪の毛を洗った後に髪の毛がきしむのを回避する方法はいくつかある。

中でもオススメしたいのはヘアオイルの利用だ。
椿油やホホバオイルといったヘアケアによく使われているオイルでコーティングしてあげよう。

また同時に頭皮マッサージを行うのもオススメだ。これだけでかなり「きしみ」が気にならなくなる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - LET'S!ハゲ予防!