フサッチ

   

白髪染めを使うと抜け毛増える都市伝説?その真相に迫ってみたぜ


白髪染めをすると抜け毛が増えるのは本当なの?

白髪が目立つと、どうしても老けて見られるな。そこで男女問わず白髪染めを使っているケースは多い。ところで白髪染めにまつわる話として、「白髪染めを使い続けると抜け毛が増える」という話を聞いたことはないか?
実際白髪染めを使った人の体験談を見ると、「白髪染めを使うようになって抜け毛が増えてきたような気がする」という話もしばしばみられるな。
本当に白髪染めと抜け毛の関係があるか、以下で詳しく検証してみるぜ。

白髪染めが抜け毛につながるメカニズム

白髪染めが抜け毛の原因となりうる理由として、含まれている化学薬品が関係しているからといわれているな。白髪染めが抜け毛につながる理由として、主に以下で紹介する3つの根拠があるな。

キューティクルが開くこと

まずは白髪染めが白髪を染めるメカニズムに関係しているな。まずはアルカリ剤を使ってキューティクルをはがして開かせる。そこに過酸化水素水やジアミンという成分を使って、髪の毛をいったん脱色させる。そしてジアミンを使って染料を定着させることで、白髪染めをするわけだ。ちなみにカラーリングについても、同じような原理で髪の毛を染めているんだ。
ここで問題になるのは、キューティクルを開くところ。キューティクルが開くことで、水分がどんどん奪われてしまう。結果髪の毛が乾燥して、パサついた感じになる。よって髪の毛はダメージを受けて、最終的に抜け毛が増える可能性があるな。

頭皮への悪影響

2つ目の根拠として、頭皮への悪影響がある。白髪染めの薬剤は化学薬品が含まれていて、それが頭皮にダメージを与える可能性があるな。先ほど紹介した過酸化水素水やジアミンが頭皮に付着すると、乾燥させる危険性があるわけだ。
頭皮が乾燥することはコンディション悪化につながるな。頭皮が乾燥すると、外部の刺激に敏感になり、フケや頭皮のかゆみの原因となる可能性があるぜ。髪の毛の生えてくる土壌が悪化すれば、健康な髪の毛が生えてきにくくなって、抜け毛が増えるわけだ。

毛母細胞のダメージ

最後の根拠として、白髪染めによって毛母細胞がダメージを受けるからがある。白髪染めが頭皮に合っていないと、先ほども紹介したようにかゆみや炎症などのトラブルを起こす可能性がある。このようなトラブルが起きると、頭皮の毛穴で詰まりが起こりやすくなって、徐々に毛母細胞にダメージを与え、髪の毛が生えてきにくくなる。

白髪染めによる抜け毛の起きるリスクの高い人の特徴とは?

上で紹介したように白髪染めを使うことで抜け毛を招く可能性はあることはある。でも実際に白髪染めを使ったやつでどのくらい抜け毛になるかだが、それほど多くはないはずだ。白髪染めの薬剤は育毛剤とは違って、毛根まで行き届く可能性はないからだ。でも以下で紹介する特徴を持っていると、白髪染めを使った結果抜け毛の増える可能性があるぜ。

まずは髪の毛がもともと細い、猫毛のやつだな。市販の白髪染めを見ると、髪の毛が太くて丈夫なヤツでも染まるように作られている。だから髪の毛の細いヤツからしてみると、薬剤が強くて髪の毛や頭皮へのダメージが大きくなってしまうな。
次は敏感肌のような肌質のもともと強くないやつも注意が必要だ。さっきも紹介したように、白髪染めの成分の中には頭皮を乾燥させるものが含まれているぜ。敏感肌やアトピーなどの疾患を抱えているヤツは、白髪染めを使うときには細心の注意を払ったほうがいいぜ。
白髪染めを使ったことのあるヤツで、前に頭皮に肌トラブルが起きたというケースもあるだろう。そのような野郎が再度別の白髪染めを使って白髪対策をする場合には、パッチテストを行うべきだな。腕などに白髪染めを塗って、そのままの状態でしばらく放置する。その結果、赤く肌が変色した場合、その白髪染めが肌に合っていないから使用は控えるべきだな。

美容院で白髪染めするのがおすすめ


髪の毛や頭皮にダメージを受けないように白髪染めをしたければ、自分で行うのではなく、美容院で染めてもらうのがおすすめだな。市販の白髪染めの場合、化学薬品の配合されていることが多い。これだと刺激が強すぎるので、頭皮や髪の毛にダメージを与えてしまうな。
美容院で白髪染めを依頼すると、ヘナのような天然由来の成分のものを使っているケースが多い。天然由来の成分なので、化学薬品と比較すれば頭皮や髪の毛にかかる負担が少ない。多少お金がかかっても、髪の毛や頭皮にダメージを与えることなくきれいに白髪を染めることができるぜ。

通販サイトなどを見てみると、天然成分で白髪染めできる商品もあるな。こちらを購入して、白髪染めをしてみるのもおすすめ。
さらにヘアマニキュアを使ってみるのもいいだろう。白髪染めのように髪の毛の内部から染めていくのではなく文字通りマニキュアのように髪の毛の表面を染めるだけ。よって髪の毛にかかる負担を軽減できるな。表面だけを染めるので、白髪染めと比較すると長期間染まりを持続できない。でも頭皮や髪の毛のダメージが気になる・抜け毛予防をしながら白髪を染めたければ、ヘアマニキュアを使ってみることだな。

自分で染める場合には回数を少なく

白髪染めの中でも化学薬品成分の含まれているものを使うと、将来抜け毛の増える可能性はあるにはある。だから自分で髪の毛を染めるのであれば、できるだけ使用する頻度を少なくすることも大事だな。
例えば外出をするときだけ白髪染めを使うようにして、近所で買い物をする程度であれば白髪染めを使わない。これだけでも白髪染めを使う頻度が少なくでき、頭皮や髪の毛にかかる負担を軽減できるぜ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - LET'S!ハゲ予防!