フサッチ

   

髪の主成分をしっかり学んで普段の食事を改善しよう!

髪の毛の主成分って何か知っているか?

若い頃は気にしなかった髪も、年を取るごとにどんどん本数が減っていくとなると髪を減らさないために髪に良い成分・栄養というのに注目するようになるものだ。
だが、髪に良い成分というのは育毛剤に含まれている成分などからも知ることができるが、
そもそも髪はどういった成分で作られているのかということを知らないと、成分が髪にどういった働きをするのかといったことも分からないものだ。
だから基本的なことを学ぶためにも髪の主成分について知っておくといい。そして、髪の主成分になっているのはケラチンというものだ。

ケラチンってなんだろう?

髪の主成分であるケラチンはたんぱく質のひとつであるが、このケラチンそのものは食べ物からはほとんど摂取できない成分だ。
だから食べ物の中にケラチンが含まれていることはない。そしてケラチンも柔らかいものと硬いものがあり、柔らかいものは皮膚になり、硬いものが髪になるのだ。

だから髪の主成分であるケラチンが少なくなれば髪も細く弱々しくなってしまう
丈夫な髪を維持できるかどうかはケラチンがどれだけ多いかということも大事になってくるから、ケラチンの働きを良くするための成分、栄養に注目してみるといいだろう。
ケラチンに良い物を知ることで薄毛や抜け毛を減らすきっかけにもなるだろう。

ケラチンには5つのアミノ酸がある!


ケラチンを多くするためには、ケラチンを作り出している5つのアミノ酸に注目する必要があるものだ。
ケラチンを作りだすためのアミノ酸というのは実際には5種類だけでなく18種類あるが、重要ポイントとなるのはシスチン、グルタミン酸、ロイシン、アルギニン、セリン、というアミノ酸だ。
シスチンは穀物などの食べ物から摂取することができるが、アルコールやたばこの摂取で多くが消費されてしまう
アルコールやたばこは育毛の敵だから薄毛ケアや育毛ケアをしている人であれば控えていることも多いだろう。
だが、髪に良い成分を知ることで改めて気を引き締めていくといいだろう。

どんな食品に含まれているんだ?

シスチンは米やパン、うどんといった主に日本人の主食となっている炭水化物に多く含まれているものだ。
だから毎日意識しなくてもちゃんとシスチンの成分はとれていることが多い。グルタミン酸は昆布、シイタケ、豆類に含まれているから、味噌汁を飲む日本人であればダシで摂取できていることもあるだろう。
そしてロイシンはホウレンソウ、レバーなどに含まれるから、これは意識していないと不足している人も多いだろう。
だからといって過剰摂取する必要もないから、基本的に毎日きちんとした食事を取っている人であれば無理に摂取しなくてもいいと言える。とても身近な食品に含まれているものばかりだ。

ケラチン配合のシャンプーやトリートメントもあるぜ。

ケラチンを作り出す成分は食べ物から取り入れることもできるが、食べ物に含まれている成分を意識していくのが苦手な人であれば、ケラチン配合のシャンプーやトリートメントもあるから、それを使っていくのもいい。
シャンプーやトリートメントであれば毎日習慣として行うものだから手間もないだろう。
ケラチン配合と書かれていても、ケラチンというのが何なのか知らなければスルーしてしまうこともあるが、ケラチンは髪を作る主成分だと知っていれば、ケラチン配合のシャンプーも興味が出てくるものだ。
使って効果を確かめたくもなるものだろう。

オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - LET'S!ハゲ予防!