フサッチ

   

ヘアカラーが育毛の邪魔をする!大事なことは髪や頭皮にダメージを与えないこと!

ヘアカラーによる髪や頭皮へのダメージを減らすための大切なこと

ヘアカラーを使ったカラーリングは髪の毛と頭皮の両方に大きなダメージを与えてしまう。
しかしヘアカラーした方がオシャレに見えるし、白髪を隠せるなどのメリットがあるのも事実だ。
そのため定期的にヘアカラーをしている人は結構多い。

育毛という観点から見ればヘアカラーは絶対に避けるべきものではあるが、白髪が多く、それがストレスになってしまうのも考えもの。

ということで今回はヘアカラーによる髪の毛や頭皮に与えるダメージを減らすために工夫したい大切なポイントを紹介していく。

原則はヘアカラーを避ける

まず大前提として言っておきたいのが、育毛をするならヘアカラーをするべきではないということだ。

最近では低刺激タイプのヘアカラーも登場しているが、それでも結局ダメージが蓄積されてしまう。
となると、特に必要もないのにヘアカラーをするのは避けるのが大正解。

白髪だったり、職業柄ヘアカラーを使わなくてはならない(一体どんな職業があるのか謎だが…)という場合はこれから紹介していくダメージを軽減させるポイントを意識して欲しい。

ヘアカラーのポイント


 
 

プロにお願いする

ヘアカラーは自分で手軽にできる。
しかし必要以上に頭皮にべったりとヘアカラーが付着すると当然薄毛や抜け毛は進行することになるだろう。
そこでプロにお願いしてみよう。

もちろんプロだからといって頭皮に全くダメージをかけることなくヘアカラーができるわけではないが、使っている薬剤だったり、技術だったりで多少緩和できる場合が多い。
 

ヘアカラーではなくヘアマニキュア

ヘアカラーよりもヘアマニキュアの方が髪の毛を頭皮に与えるダメージが少ない。

これは両者の仕組みが違うからだ。

ヘアカラーは一度髪の毛の色素を抜いて、その中に色素を閉じ込める。

こうすることで髪の毛を染めている。

この色素を抜く過程で使われている薬剤の刺激が強いのが問題だ。

一方のヘアマニキュアは、髪の毛の表面だけを染める。
つまり、一度色素を抜く過程はスキップされる。
ということで「比較的」ではあるが負担は小さい。

最近だとヘアトリートメントタイプのヘアマニキュアが販売されることが増えてきた。

毎日のトリートメントとして利用することで少しずつ自然に染めていく、というものだ。

ほとんどは白髪染め用だが、できれば高いった商品を選んでいきたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - LET'S!ハゲ予防!