フサッチ

   

ハゲ予防の第一歩は産毛を増やすことから・その4つの方法を紹介


産毛が増えているのは効果の表れ

育毛剤や発毛剤を使っているのに、なかなか髪の毛が生えてこない、生えてきても産毛ばかりで意味がないと思っているヤツもいるかもしれないな。
でも産毛でも増えてきているのであれば、悲観することはないぜ。ぶっちゃけ、どんなにいい育毛剤・発毛剤を使ってもある日いきなり太く丈夫な黒々として髪の毛が生えてくることなんてないな。
まずは産毛が生えてきて、その産毛が徐々に太く長くなることで髪の毛のボリュームアップしてくるわけだ。
つまり産毛が増えているのは、発毛のスタートラインに立ったということになるな。

産毛がハゲの改善につながる3つの根拠

産毛がハゲ改善の第一歩だというのには、きちんと根拠があるぜ。それは主にこの3つだな。

毛根が生きている証拠

まずは毛根が生きていることの証拠になるから。薄毛に悩んでいるヤツの中には、産毛すら生えてこないというケースもあるぜ。これははっきり言って、毛根がすでに死んでしまっている状態だ。もはや、どんなに優れた発毛剤を使っても、発毛はほとんど期待できないな。
一方産毛が生えているということは、その毛根は髪の毛を生やす機能が弱体化してもまだ残っているというわけだ。
毛根が生きていれば、その働きを活性化・強化することで黒々とした丈夫な髪の毛が今後成長する可能性は十分あるな。もっと自信を持とうぜ。

ヘアサイクルがまだ機能している

2つ目の根拠はヘアサイクルがまだ機能している証拠になるからだ。俺たちの髪の毛は成長して抜けて、また生えてくるというヘアサイクルを一定のリズムで行っている。産毛が生えているということは、産毛も生えて抜けて、また生えてのリズムを繰り返しているわけだ。ずっと生えている産毛なんてありえないからな。
ただし問題なのは、ヘアサイクルが異常に短くなっている点。だから十分に髪の毛が成長する前に抜けてしまうから、産毛しか生えないわけだ。となるとこのヘアサイクルを正常化で、一つのサイクルを長期化できれば、長い髪の毛の生えるチャンスも増えるわけだな。

太くて丈夫な髪の毛に変身できるだけのポテンシャル

3つ目の根拠は1つ目と2つ目の根拠から導き出される結論ともいえるが、今は産毛でも太くて丈夫な髪の毛に変身できるだけのポテンシャルを持っているからだ。ただし産毛の状態で何もしなければそのままの状態、最悪毛根が死んでしまうかもしれないな。産毛しか生えないといってあきらめるのではなく、むしろこれからが育毛・発毛対策の本番だくらいの気持ちを持った方がいいぜ。

産毛を増やす4つの方法を紹介

育毛・発毛の第一関門は産毛を生やす、産毛の量を増やすことにあると分かったな。では具体的にどうやって産毛を増やせばいいのか、という話になるな。そのためには4つの対策を講じてみるのがおすすめだぜ。

毛母細胞を刺激

まずは毛母細胞を刺激すること。毛母細胞は細胞分裂を起こすことで、髪の毛の発毛・育毛が進められる。毛母細胞に髪の毛の成長に欠かせない栄養分を供給することはもちろん大事だが、薄毛になっているヤツの毛母細胞は休止状態に入っている可能性が高い。
ということは毛母細胞を刺激して、その働きを活性化することが大事なわけだ。
そのためには、大豆に含まれるイソフラボンやトウガラシに含まれるカプサイシン、海藻のヌルヌル成分であるフコイダンが効果的といわれているぜ。
この3種類の配合されている育毛剤や育毛サプリを使って対策するのがおすすめだ。

頭皮の代謝を高める

2つ目の方法は頭皮の代謝を高めること。頭皮の代謝が高まると、毛乳頭や毛母細胞の働きを促進でき、産毛の生えやすい環境が作られるな。手軽にできる方法としておすすめなのが、頭皮マッサージだ。頭皮マッサージが育毛にいいという話を聞いたことのあるヤツも多いだろうな。
指の腹を使って、優しくもみ込むようなイメージでマッサージをしよう。爪を立てて強くマッサージすると、かえって頭皮を傷つけてしまうぜ。

体全体のコンディション調整

3つ目の方法は、体全体のコンディションを整えることだ。髪の毛のことなのになぜ全身のコンディション?と思うヤツもいるだろうな。でも体が健康でなければ、健康な髪の毛は生えてきにくくなるな。
例えば血中コレステロールが高ければ、動脈硬化を招き、血液の通り道が狭くなっちまう。髪の毛の成長に必要な栄養分は血液を通じて受け取るわけだから、血液の流れの悪くなることはプラスにならない。生活習慣が乱れると、このような動脈硬化が起こりやすくなる。規則正しい生活を心がける、栄養バランスのとれた食事を意識するといったことを注意したほうがいいな。

産毛から髪の毛を成長するように心がける

最後の方法は、産毛から髪の毛を成長するように心がけること。実は産毛がせっかく生えているのに、そこから髪の毛を太くすることができていない、しかもその当人の行為に問題のあるケースが意外と多いんだ。
例えばシャンプーをした後はまずタオルで拭いてそれでおしまい、というヤツは野郎なら結構いるだろうな。でもこれだと頭皮は生乾きの状態になっちまう。
そうなると、雑菌が繁殖してしまって頭皮のコンディションが悪化して、せっかくの産毛も抜けてしまう状況に陥りかねないんだ。
だからタオルドライだけでなく、ドライヤーを使ってしっかり乾かすことが大事だな。ドライヤーも熱風だけを当てると頭皮に負担がかかるから、温風と冷風をうまく使い分けるように心がけてみるといいな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - LET'S!ハゲ予防!