フサッチ

   

コマーシャルで注目されているアスタキサンチンは薄毛対策になる?カギは抗酸化


化粧品で使われるアスタキサンチンは育毛にも効果が
アスタキサンチンという成分をどこかで聞いたことがあるかもしれないな。化粧品の成分として使われることが多く、コマーシャルなどでも紹介されているので聞いたことのあるヤツも多いかもしれないな。
アスタキサンチンが化粧品成分として注目されているのは、アンチエイジング効果があるからだ。そのほかにも眼精疲労の緩和や動脈硬化の予防などにも効果を発揮するな。プラスして、育毛対策にも使えるといわれている。ここではアスタキサンチンと育毛の関係について、詳しく見ていくぜ。

そもそもアスタキサンチンって何?

アスタキサンチンという名前は聞いたことがあるけれども、実際どのようなものかよくわからないというヤツも多いだろうな。
アスタキサンチンは、野菜でいうとトマトや人参、赤ピーマン、そのほかにはエビやカニの甲殻類、鮭にも含まれている
上で紹介した食べ物に共通するのは、赤い食材である点。
その通りで、アスタキサンチンは赤い色素成分のことだ。アスタキサンチンはリコピンやカロテン同様、カロテノイドという色素成分の仲間の一つだ。

アスタキサンチンが育毛効果の期待できる2つの訳


そもそも美容成分としてアスタキサンチンが注目されるようになったのは、アンチエイジング効果があるから。女性であれば、いつまでも美しく・若々しくありたいと思うのが普通だな。アスタキサンチンを摂取することで、老化のペースを遅らせることができるわけだ。
アスタキサンチンのアンチエイジング効果のカギを握っているのが、抗酸化作用だ。人間は食べ物を摂取することで酵素を取り入れ、エネルギーとして燃焼する。酵素が体内に入ると化学反応が起き、酸化する。酵素が酸化すると、活性酸素という物質に変化する。
この活性酸素は外部のウィルスなどの侵入から体を守る効果がある。

しかしその一方で、体内が酸化することで老化が進んでしまう。
アスタキサンチンにはこの活性酸素の増殖を抑制する働きがある。その結果、老化のペースを遅らせいつまでも若々しい体を維持することができる。
薄毛の原因の中で、加齢がある。これは頭皮の老化が関係している可能性もあるな。頭皮が老化することで、髪の毛を発毛力が衰え、薄毛になってしまう。アスタキサンチンを摂取すれば頭皮の老化を遅らせ、いつまでも若々しい状態を維持できる。発毛力をアップして、薄毛対策ができるわけだ。

もう一つの理由は、IGF-1の増殖を促すからだ。アスタキサンチンを体内に取り入れると胃腸の神経を刺激する働きがある。胃腸が刺激されると、IGF-1の増加が引き起こされる。
そもそもIGF-1が育毛とどう関係しているのかだが、この物質は毛母細胞の細胞分裂を促進する働きがある。毛母細胞が細胞分裂することで、髪の毛がどんどん伸びていく。
IGF-1の増加によっても、発毛・育毛効果が期待できるわけだ。いかにアスタキサンチンが育毛と深く関連しているか、わかっただろう。

アスタキサンチンの効果を高める2つの方法


アスタキサンチンに育毛効果の期待できることが分かったな。上で紹介したアスタキサンチンの多く含まれている食材を意識して摂取することが大事だ。ただし毎日摂取するのは大変だろうから、アスタキサンチン配合のサプリメントを摂取するといいだろう。ところでアスタキサンチンの働きを最大限高めるためには、2つの工夫を講じた方がいいだろう。

大豆食品やトウガラシと一緒に摂取すること

まずは大豆食品やトウガラシと一緒に摂取すること。大豆に含まれているイソフラボンやトウガラシに含まれるカプサイシンには、さっき紹介したIGF-1の増加効果が期待されている。このためアスタキサンチンとトリプルの効果で、IGF-1の増殖がより高まる。そうすれば発毛の可能性もアップするな。

適度な運動

アスタキサンチンが効率よく働くためには、適度な運動もおすすめ。運動することで心拍数がアップするな。そうすれば、血液の流れがスムーズになりアスタキサンチンも体全体にいきわたりやすくなる。
でも仕事をしている人は、運動する時間を作れないというヤツも出てくるだろうな。でもちょっと工夫すれば、運動する時間はいくらでも確保できるぜ。例えば会社帰りに普段降りる駅よりもひとつ前の駅で降りて歩いて帰るだけでも、結構な運動になるぜ。もしくは駅や会社のエレベーター・エスカレーターを使わずに、階段を利用するだけでもなかなかな運動になるぞ。
運動しようと思っても長続きしないというヤツもいるだろうな。その場合には、一緒に運動してくれる仲間を見つけることだな。仲間が運動していれば、自分だけサボるわけにはいかないだろう。だから飽きっぽいヤツでも長続きするはずだぜ。

アスタキサンチンの効果的な摂取方法

アスタキサンチンをサプリで摂取する場合、血中濃度が最も高くなるのは摂取してから6~9時間後といわれている。活性酸素が体内で増える危険性の高いのは、日中だ。紫外線を浴びると活性酸素の増える可能性が高まるので、日中にアスタキサンチンの濃度が高くなるように持っていきたい。
そのためには、朝起きたときにサプリメントを摂取するのがおすすめだ。
アスタキサンチンを食材から摂取する際には、油と一緒に摂取することだ。というのもアスタキサンチンは脂溶性の物質だからだ。油に溶けやすいので、食材に油を絡めてみるといいだろう。魚や野菜の料理を作る際には、油を使った炒め物などがおすすめだ。
またサラダにするのであれば、ドレッシングオイルをかけてみるといいだろう。
そのほかにはアントシアニンやビタミンC、ポリフェノールを多く含む食材とセットで摂取するのがおすすめだな。これらの成分を一緒に摂取することで、アスタキサンチンの持つ抗酸化力を高められるぜ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - LET'S!ハゲ予防!