フサッチ

   

髪が短くてもブラッシングはするべき!?ブラッシングによる育毛効果のまとめ

女性ならブラッシングをする機会も多いだろうが、男性の場合だとほとんどの人はやったことがないだろう。

さらに薄毛に悩む男性になってくると「ブラッシングはハゲの原因になる」と考える人が出てきてもおかしくない。

確かに、間違ったブラッシング(無理矢理髪の毛を引っ張って頭皮にダメージを与えてしまうような方法)を繰り返してしまうと薄毛を加速させる可能性はあるが、適切なブラッシングを心がければ、むしろ抜け毛や薄毛を予防する効果がある。

今回はブラッシングによる育毛効果についていくつか紹介していく。

シャンプー前のブラッシングが効果的

シャンプー前にブラッシングをする、というのはあまりピンと来ないかもしれない。
しかし、次のようなメリットが得られるようになる。

汚れを落とす

シャンプーの前にブラッシングをすることによって、頭皮や髪の毛に付着した皮脂や老廃物を落とすことができる。

大まかな汚れを落とすだけでもシャンプーの効果が随分と変わってくる。

頭皮の血行が良くなる

ブラッシングをすることで適度な刺激が頭皮に加わり、これによって頭皮の血行が良くなる。
血行がよくなればその分新陳代謝が促進されて、抜け毛や薄毛の予防に効果を発揮してくれる。

皮脂のバランスが良くなる

ブラッシングをすると頭皮から分泌されている皮脂が髪の毛に満遍なく行き渡るようになる。
頭皮にだけ留まる皮脂は毛穴の詰まりの原因となりかねないが、髪の毛全体に薄く伸ばすことで適度な保湿効果が生まれ、ハリに繋がる。

ブラシの選び方

ブラッシングをするためには「ブラシ」が必要になってくる。
ではどのようなブラシを選ぶのが良いのだろうか。ポイントとしては次を意識したい。

ブラッシング専用を選ぶ

ブラシはいくつかの種類があるが、必ずブラッシング専用のものを選ぶようにしよう。
目の細いクシ、ブロー用のロールブラシはそもそも用途が異なるので適してはいない。

ブラシの素材

素材に関してはできれば動物のものが良いと言われている。
一般的には豚が用いられることが多い。

また高級なブラシになると馬の毛を使ったりもするが、豚で十分。

ナイロン製の物が安価に購入できるが、こちらは静電気が起こりやすいので髪の毛にダメージを与えるリスクが高まってしまう。

また金属製のブラシは柔軟性に欠けるため頭皮、髪の毛にダメージを与える可能性が高い。できれば動物性のものを選ぼう。

ブラッシングのタイミングは?

基本的にいつでも自分の好きなタイミングで行えばいいのだが、次のようなタイミングが理想的だ。

シャンプー前に行う

上記した通り、シャンプーをする前にブラッシングするのが特にオススメだ。汚れ、皮脂、ホコリ、フケなどをかなり落とすことができる。またクセ毛の人やパーマを掛けている人は事前のブラッシングである程度指通りを良くすることができ、シャンプーによる抜け毛が予防できる。

育毛剤前

育毛剤を塗布する前にブラッシングで軽く頭皮に刺激を与えてあげることで血行促進や代謝アップが期待でき、有効成分の浸透率が高まると期待できる。

就寝前

ブラッシングにはリラックス効果があるので、質の良い眠りに繋がる可能性が高い。

ブラッシングの方法

それでは最後に育毛に適した具体的なブラッシングの方法について紹介していく。

基本は頭頂部に向かって

ブラッシングの基本的な動作は生え際から頭頂部、耳から頭頂部、襟足から頭頂部に向かってゆっくりと動かしていく形になる。

あまり力を加えすぎず、負担にならない程度の力加減を意識して。

頭皮に軽く触れる程度でOK

マッサージ効果を期待してブラシを強く頭皮に当てる人もいるが、傷がついてそこから炎症が起こったりするリスクがあるので注意したいところ。

ブラシの先端が軽く頭皮に触れている程度で十分だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - LET'S!ハゲ予防!