フサッチ

   

剛毛なのに薄毛?体毛が濃いとハゲやすい?そのメカニズムは?

剛毛や体毛の濃さは男性ホルモンの影響だった!抜け毛や薄毛も男性ホルモンが原因

体毛が濃いとハゲやすい?

髪の毛が細く、柔らかい人が薄毛や抜け毛に悩むのは何となくイメージが付く。しかし、中には不思議なもので剛毛なのに薄毛に悩んでいる…というちょっと不思議なケースもある。また、都市伝説的な扱いではあるが、体毛が濃い人の方がハゲやすいとも言われている。

実はこれらはあながち間違いではない。

というのも、剛毛や体毛の濃さは男性ホルモンが大きく影響しているからだ。男性ホルモンが多い人ほど毛が濃い傾向が強い。そして男性ホルモンは抜け毛や薄毛の原因にもなっている。これを男性型脱毛症:AGAという。

男性ホルモンというのは、名前の通り肉体を男性らしいもの、つまりたくましく、丈夫な肉体へと導くものだ。体毛は肉体を守るための立派な鎧(ちょっと大げさ?)なので、外に出て敵と戦う、狩りを行う男性にとって必要不可欠なものだろう。ただし、それは現代人には当てはまらない。

これだけ読むと、男性らしい男性ほどハゲやすいということになる。しかし、周りの人たちを見てみると、絶対に当てはまるというわけでもなさそう。これには「ジヒドロテストステロン:DHT」が深く関係している。

男性ホルモンの一種であるテストステロンは5αリダクターゼと結びつくことでDHTとなる。これが一定以上の濃度になると薄毛が抜け毛を誘発してしまう。つまり、男性ホルモンが多くてもDHT自体があまり生成されていないなら、薄毛や抜け毛とは無縁の男性となるわけだ。

男性ホルモンが減れば薄毛や抜け毛は無くなる!?

アメリカのとある研究によると、去勢することによって薄毛や抜け毛の進行が全く見られなくなった、という結果が報告されている。また、思春期以前に去勢した場合は将来AGAの症状が見られないことも分かっている。

この研究から見ても、やはり男性ホルモンによる影響で薄毛・抜け毛が起こっていると判断できるだろう。ちなみに、これを裏付けるかのように、去勢した男性に男性ホルモンを注射したところ再び抜け毛や薄毛が始まった…という結果まで出てている。

そう考えると、薄毛や抜け毛はもしかすると男性らしさの象徴となるべきものなのカモしれない。しかし、現代社会においてはあまり歓迎されていないのが実際のところだろう。

極端な話、去勢してしまえば薄毛の悩みから解放されることになるが、さすがにこれを採用する人はいないだろう。だからこそ、プロペシアやミノキシジルといった医薬品を上手に使いながら男性ホルモンと上手につき合っていくことが重要となる。

まとめ

今回は主に男性ホルモンにスポットを当てて話を進めてきたが、結論としては「男として生まれた以上、薄毛や抜け毛と闘い続けなくてはならない」となるだろう。

幸いにも、先述した通りプロペシアなどの非常に効果的な育毛剤も開発されているし、育毛サプリや食生活の見直し、頭皮マッサージなどを実践するだけでも随分と違ってくるものだ。

男性ホルモンからは逃げられないからこそ、どうやってつき合っていくのか、自分にできることは何なのか、どんなことなら継続して続けられそうなのかを今一度見直してみよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - LET'S!ハゲ予防!