フサッチ

   

ハゲ予防に必要な栄養と足りないと抜け毛や薄毛の原因につながりやすい栄養のまとめ

育毛剤に頼るのではなく、まずは食生活を正すことでハゲ予防を目指すべき!

食生活改善が薄毛対策のカギ

薄毛や抜け毛に悩んでいる人はほとんどが「育毛剤を使わなきゃ!」と考えるようだ。もちろん私自身も昔はそう考えていた。しかし本当に大切なのはどの育毛剤を使うのか、ではなかった。必要なことは髪の毛そのものを成長させるための栄養素をしっかりと補給することだったんだ。

髪の毛のための栄養素は2つに分けることができる。まずひとつは髪の毛の成長そのものを促してくれる栄養素。そしてもうひとつは栄養素が足りていないと抜け毛や薄毛を引き起こしてしまう可能性があるもの。当然、育毛を考えるのならどちらもしっかりと摂取していくことが望ましい。

そこでここでは、私たちが率先して、意識的に毎日の食事の中で取り入れていきたい栄養素を紹介していきたいと思う。ぜひ参考にしてみて欲しい。

足りていないとハゲる栄養素

まずはハゲる原因となる、日常生活の中で不足してしまいがちな栄養素から確認していこう。

【タンパク質】
タンパク質は髪の毛の原料となるとても大切な栄養素だ。ちなみに私たちの体のほとんどを構成しているのはタンパク質。ということは、髪の毛に使われるだけでなく、皮膚や内臓などにも使用されていることになる。

食の欧米化が進んでいる現代では、タンパク質が結構手軽に摂取できるようになっている。その一方でタンパク質が足りていない人も多い。結局偏った食事、例えばコンビニの弁当やファストフードだけで食事を済ませる人が多く、カロリーは過剰摂取状態にあるのにタンパク質をはじめとした各種栄養が足りていない、という何とも不思議な状態に陥っているケースは少なくない。

ただでさえタンパク質の摂取量が足りていないと、生きるために最優先される内臓や皮膚に先に使われることになる。残ったタンパク質が髪の毛の材料として回されるわけだ。

タンパク質が足りていないと薄毛や抜け毛が起こるのは当然のことだといえる。

【亜鉛】
亜鉛は細胞分裂を促す効果を持っているミネラルの一種。よく男性力を高めるための、滋養強壮効果があるミネラルとしてサプリメントなどで使われていることが多いように見受けられる。

この亜鉛、基本的には魚介類から摂取しやすくなっているものの、普段からシジミやアサリ、カキを食べる習慣を持っている人のほうが珍しいのではないだろうか。さらにいうと、亜鉛は食事から十分な量を摂取するのが難しいうえに、吸収率があまりよくない。つまり結構な量を摂取しないと必要量を満たすのは難しい、というわけ。

亜鉛をしっかりと摂取できていれば、髪の毛の元である「毛乳頭」の細胞分裂が盛んになる。つまり髪の毛が成長しやすい状態を作り出する、というわけだ。しかし、亜鉛が足りていないと毛乳頭の活性が落ちてしまい、なかなか髪の毛が成長しないまま、薄毛や抜け毛に繋がってくる…というわけ。

こんな栄養素を摂取するのが望ましい!

それでは次に、ハゲ予防のために優先して接種していきたい栄養素を紹介していく。先程述べたタンパク質、亜鉛はもちろんのこと、以下のような栄養素を日常生活の中に取り入れることでハゲ予防に効果をもたらしてくれるぞ!

【ビタミン】
ビタミンにも実に様々なものがあるが、ハゲ呼ぼうという観点から見ると特に優先したいのが「ビオチン、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンE」と言ったものだ。もちろん、ビタミンAやビタミンCも重要。

これらのビタミンがもたらしてくれる効果は実に様々。

ビオチンは肌の調子を整え、より美しいものへと導いてくれる。どちらかというと美容に用いられているイメージが強いかもしれないが、ハゲ予防のための頭皮環境を整える効果が期待できる。

ビタミンBに関しては、エネルギー代謝を促進させる効果が期待できる。つまり、より髪の毛の成長に必要な栄養を効率良く消費することができ、結果的に細胞分裂を促すせる、と考えられる。

ビタミンEは血管を柔軟にし、血液の流れをサポートしてくれる。特に年齢を重ねるにつれて血管は固く、もろくなってくるので健康のためにもビタミンEは積極的に摂取したほうが良いだろう。

【アミノ酸】
ハゲ予防、育毛、発毛などに有効だと言われているアミノ酸は「L-リジン、L-アルギニン、L-ロイシン、L-メチオニン、L-バリン、L-フェニルアラニン、L-システイン」といったものが挙げられる。もしかするといくつかは目にしたことがある物かもしれない。

アミノ酸というのはタンパク質の原料となるものだと考えて差し支えない。つまり、髪の毛の原料となってくれる栄養素なわけだ。

アミノ酸は私たちの体の中で生成することができるものと、食事の中から摂取しなくてはならないもの(必須アミノ酸)に分かれている。体内で合成できるものならそこまで意識しなくても良いか、必須アミノ酸に関しては意識的に摂取しなくてはすぐに不足状態に陥ってしまう。

アミノ酸の厄介なところは、全てのアミノ酸をバランスよく摂取しないと十分な効果を発揮することができない、ということだ。そのため、肉や魚をバランスよく食べることが大切だと言われている。

【ミネラル】
先述した亜鉛に加えて、カルシウム、マグネシウムといったミネラルもまたハゲ予防に効果的。

カルシウムは骨を作るイメージがあるかもしれないが、ストレスや自律神経などに働きかけてくれるミネラル。そのためストレスによるハゲ予防に置いては必須の栄養素だと言える。特に女性は骨粗しょう症対策にもカルシウムが必要なので牛乳を飲んだり、小魚を骨ごと食べてしっかりと補っていきたい。

【その他】
これらの栄養素は普段の食事の中で摂取することができるものがほとんど。しかし、これらとは別で+αで摂取することでハゲ予防に効果的だと言われている栄養素もいくつかある。

例えば、ノコギリヤシという植物に育毛業界が熱い視線を送っていることをご存知だろうか。ノコギリヤシに含まれている成分はAGA治療薬プロペシアに使われているフィナステリドとよく似た働きを持っている、という研究結果が上がっている。もちろん天然由来の成分だからフィナステリドと比べると幾らか効果は落ちるだろう。とはいえサプリメントなどで手軽に摂取できるので注目されるのも納得。

栄養の過剰摂取は逆効果になりかねない!バランスが大切

ハゲ予防のために、ここで紹介したような栄養素を積極的に取り入れていくことは私個人としては非常にオススメできる内容だ。しかし、何事も適切な量というものは存在している。やりすぎは体にとって毒になりかねない。

ハゲ予防に効果的な栄養素がギュギュッと濃縮されている育毛サプリメントが販売されていて、これを上手に活用すれば、日常生活の中で不足しがちな栄養素を手軽に補えるのでなかなか魅力的だと思っている。

だからといって、推奨されている量を超える、大量のサプリの摂取はいかがなものだろうか。

成分によっては過剰摂取によって体調不良を引き起こしてしまったり、ハゲ予防のために飲んでいるのに逆に薄毛や脱毛を促進してしまう可能性も無いとは言い切れない。当然、どのような育毛サプリを選ぶのか、についても細心の注意が必要になってくる。

基本的にサプリメントは仕事が忙しかったり、バランスの良い食生活を取れないタイミングで、一時的に補うために活用するもの、として利用していくのがベストだ。全てをサプリメントで補おうと考えるのではなく、足りていないものを補う、そして可能な範囲で毎日の食生活の中で栄養を摂取するように心がけるべき。

結局体の内側から変えていくことがハゲ予防への近道

育毛にとって栄養素の存在がどれだけ大切なものか理解できたと思う。

例えば、偏った食事が続いていると肌が荒れてしまったり、胃もたれを起こしてしまったり、何となく元気が出なかったり…といった経験は誰だってあるだろう。髪の毛や頭皮に関してもこれと全く同じことが言える。

つまり、健康的な髪の毛を目指しているのなら、まずは健康的な体を作らないことには始まらないと言えるだろう。最近の育毛やハゲ予防の考え方はこういった点をおろそかにしているように感じられる。

育毛剤さえ使っていれば、万事解決する、と広告や嘘の口コミに踊らされている人が多すぎるのは情報過多な現代社会では仕方のないことかもしれない。だからこそ、基本を忠実に、まずはここで紹介した栄養素をしっかりと取り入れていくことから始めてみてはいかがだろうか。

ちなみに、バランスのとれた栄養素を意識することはハゲ予防に良いだけでなく、体の健康、心の健康にも大きい。昨日食べた食事が今日の私を作っているのだ。

活き活きとした毎日を送るためにも、色や栄養に対する意識を改めてみよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - LET'S!ハゲ予防!