フサッチ

   

アスリートには注意が必要・発毛剤を使ったことでドーピングに引っかかる可能性も


スポーツ選手は発毛剤の使用は慎重に
スポーツ選手は定期的にドーピング検査を受けているケースも多い。ルール違反のドーピング剤を使って記録を不当に伸ばしていないかの検査を行うためだ。実はこのドーピング検査の中には、本来記録を伸ばすためのものではないものが禁止薬物に含まれて引っかかってしまうことが多い。その中に発毛剤がある

実は発毛剤が原因で、ドーピング検査に引っかかってしまった事例もあるぞ。

ブラジルの元サッカー代表のロマーリオが2007年にドーピング検査で陽性反応が出てしまったことがある。
また同年日本のプロ野球福岡ソフトバンクホークスのピッチャー・ガトームソンもドーピング検査に引っかかった。
いずれも発毛剤を服用していることが原因だったといわれている。

この両者がドーピング検査で引っかかってしまったのは、共通した成分である。それはフィナステリドだ。フィナステリドがなぜドーピング検査の対象になっているのかについて詳しく見ていきたい。

フィナステリドがドーピング検査に引っかかってしまった2つの理由

ドーピング検査の正確な結果を阻害する可能性がある

フィナステリドがAGAに対して効果があるのは、ジヒドロテストステロンの生成を抑制する効果があるからだ。ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンの一種テストステロンと5αリダクターゼという酵素が結びつくことで生成される。フィナステリドは5αリダクターゼの働きを抑制する効果がある。その結果、ジヒドロテストステロンの生成が抑制され抜け毛の進行も抑えられる。
実はこのフィナステリドの働きは、ほかのドーピング剤の存在をかき消してしまう恐れがある。禁止薬物の中の一つに、アナボリックステロイドがある。アナボリックステロイドは筋肉増強剤の一種で、これを使った場合テストステロンと5αリダクターゼの結びつきを強化して、ジヒドロテストステロンが生成しやすくなる作用がある。
ところがアナボリックステロイドの痕跡をフィナステリドも一緒に服用することで、カムフラージュされてしまうわけだ。ドーピング検査の正確な結果を阻害する可能性があるから、禁止リストの中に含まれていた。

利尿作用

もう一つの理由は、フィナステリドには利尿作用がある点だ。禁止薬物を服用していても、尿で排出されてしまってはドーピング検査の結果が陰性になっちまう。そのような関係もあって、フィナステリドは禁止薬物の中に含まれていたわけだ。

現在フィナステリドは禁止薬物リストからは除外


ところでフィナステリドが禁止薬物の中に「含まれていた」と、過去形で紹介していたのに気が付いただろうか?その通りで、フィナステリドはかつて禁止薬物リストの中に含まれていた。世界アンチドーピング機構では、2009年1月1日からフィナステリドは禁止薬物リストから除外されている。
ドーピング検査はどんどん進化している。
その結果、筋肉増強剤とフィナステリドを一緒に摂取したとしても、筋肉増強剤の痕跡をきちんと判別できるようになった。
つまりフィナステリドを禁止にする意味合いがなくなってしまったわけだ。だから今であれば、ドーピング検査を受けているアスリートで薄毛に悩んでいるヤツがフィナステリドなどの発毛剤を使っても問題はないぜ。

ただし気を付けた方がいい薬物もある

フィナステリドはドーピング検査で引っかかるようなことはなくなったから、発毛剤をアスリートが使っても問題はないぜ。でもこの発毛剤にまつわるドーピング検査におけるトラブルはいまだに起きている。

神戸製鋼で活躍しているラグビーの山中亮平が、日本代表候補時代の2011年にドーピング検査を受けたところ、陽性反応が出たと話題になりました。さらに詳しく見ていくと、メチルテストステロンもしくはメタンドリオールの代謝物であることが判明した。その結果、山中選手は2年間の資格停止処分となった。

メチルテストステロンは、ひげの育毛剤に含まれていたものだといわれている。本人は「ひげ育毛剤として使っていたものでドーピングを目的としたものではない」と釈明したようだ。でも判定は覆らなかったという。スポーツ選手にとって、2年間のブランクは結構大きいよな。
メチルテストステロンもメタンドリオールは男性化ステロイドの作用があるということでいまだに禁止されている。これらはいずれも体毛を濃くする作用があるから、ひげの育毛をしたいなどと思っているスポーツをやっているヤツがいれば注意が必要だな。
ただし体毛を濃くするのは、男性ホルモンの作用によるところが大きい。男性ホルモンは体毛は濃くすることはあっても、頭髪は薄くする効果が高い。自分自身や自分の周りの薄毛になっているヤツで、胸毛など体毛の濃いケースも多いだろう。上で紹介した男性かステロイドは薄毛を助長する効果があるから、抜け毛に悩んでいる野郎がわざわざ手を出すことはないだろうから、この部分はあまり心配する必要はないかもな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - LET'S!ハゲ予防!