フサッチ

   

薄毛治療には鍼(ハリ)がオススメ!?

薄毛の治療には様々な方法があるのは知っての通りだ。
市販の育毛剤を使ったり、専門クリニックに行って医師の指導の下、強めの薬を使ったりなどがその手段になる。

自分の手でマッサージをするという方法もあるし、マッサージ的な治療として中国伝統医学から始まったとされる鍼(ハリ)治療も効果的だと最近注目されているらしい。

鍼は鍼灸(しんきゅう)の治療のひとつで、いわゆるツボと呼ばれるポイントに鍼を刺し、刺激を与えることで身体のバランスを整えるというものになる。
日本人が一般的に受ける病院の治療は西洋医学であり、病原を見つけだして薬で攻撃したり、手術で切除していくのが治療法だ。

一方、鍼灸を編み出した中国伝統医学は、人間の身体は陰と陽のバランスで成り立っており、そのバランスが崩れることで病気になると考えているんだ。

だから、体中に張り巡らされた「線」に沿って存在するツボを刺激し、身体が自然と本来のあるべき姿に戻るように促すのが根本的な理論となっている。

そんな鍼治療においては毛髪に効果のあるツボというのもあり、それらを刺激することで自然と身体が発毛に向けて動き出すように促すというわけだ。
ただし、バランスを整えるのが本来の目的のため、治療を始めたその日に効果が見られるというわけではない。

また、発毛のツボは必ずしも頭部にあるわけではなく、なんでそんなところに? という場所に針を刺すこともある。しかし、これは体中が線で繋がっており、中国伝統医学医師がバランスを考えて刺激を行っているので、その点は理解しておくべきだろう。

鍼は一見痛そうに見えるが、意外に痛みはあまり感じないんだ。
だから、西洋医学的に調合された育毛剤や医薬品を使いたくないというヤツは鍼治療も視野に入れるといいんじゃないかな。

女性にも薄毛の症状が出る

鍼治療は強めの医薬品などを使いづらい女性にも向いている。実はAGAは男性だけに起こるものではなく、女性でも発症するということがわかっているんだ。

また、男性ホルモンのAGAとは関係なく薄毛になる女性もいる。

例えば出産後およそ3ヶ月くらいの女性だ。女性には女性ホルモンがあり、その女性ホルモンは大きく分けてエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)になるんだ。

普通は両方とも交互に優位な働きをしているのだが、妊娠するとどちらのホルモンも同時に分泌量がいつもよりも増加する。これによって妊婦は安全な出産ができるらしいんだ。

ただ、出産が終わると大量の女性ホルモンは不要になる。
そのときに身体が正常なバランスを取り戻そうとふたつのホルモンは急激に減少し、通常の量をも下回ってしまう。
急激すぎて、身体がついていけず、たくさんの不調が出てくる。そのひとつが薄毛というわけだ。特にエストロゲンには髪の毛の成長を促す働きがあり、それが減少すると髪の毛が大量に抜けてしまうというのがそのメカニズムだ。

それから、女性は出産すると母親になり、生活の中心は赤ちゃんになる。

要するに、出産前とあとでは生活習慣が一変。そのため、ストレスが溜まってより薄毛になりやすくなるというわけだ。

では、どう治療するかというと、本来は生理的なものなので治療は不要だ。しかし、どうしてもというのであれば、鍼になる。体力的にも女性の体つきからも育毛剤は刺激が強い可能性がある。そのときにオススメしたいのが鍼治療というわけだ。

ツボを押さえ、人の身体の中にある自然治癒力を引き出すので、弱った母胎にも問題はない。

というわけで、鍼もまた薄毛対策に向いているというわけだ。いろいろ試してダメだったヤツや市販の薬が嫌だというヤツにピッタリだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - LET'S!ハゲ予防!