フサッチ

   

生卵を食べるとハゲが進んでしまう?抜け毛や薄毛を防ぐ卵の食べ方は?

生卵には育毛に良い成分とハゲを進行させてしまう成分の2つが含まれている

生卵はハゲの進行を早めてしまうのか?

卵かけご飯や、牛丼、すき焼きといった料理に欠かすことができない食材「生卵」。中でも卵かけご飯は手軽に食べられるということもあって好んで食べている人も多いだろう。しかし、生卵を食べ過ぎてしまうと薄毛や抜け毛が起こってしまうリスクが高まることを知っているだろうか。卵は「完全食」と言われているほど栄養バランスの整った食材だ。上手な食べ方を意識して栄養補給に使いたい。

卵にはビオチンが豊富に入っている

卵の黄身の部分にはビオチンという成分がたっぷりと含まれている。これは、髪の毛の成長をサポートする働きを持っていて、育毛を意識するのなら優先して摂取したいものだ。ビオチンを豊富に含む食材は色々とあるが、生卵はトップ3にランクインするほど含有量が多い。

ビオチンを壊してしまうアビジン

生卵にはビオチンが豊富に含まれている一方で、アビジンというタンパク質も含まれている。これは、白身に多く含まれていて、ビオチンの吸収を妨げる働きを持っている。具体的には、アビジンがビオチンと結合すると人間の体では吸収できないものになってしまい、便として排泄されてしまうというわけだ。

アビジンが薄毛を作ってしまう

結果的に卵かけご飯など、生卵を黄身と白身の両方を食べる料理になってくると、アビジンが優位になって薄毛や抜け毛の原因となってしまう可能性が高い。アビジンの働きによってビオチンが不足状態になってしまうと、髪の毛の成長が滞ってしまうだけでなく、白髪ができやすくなったり、髪の毛が細くなってしまう。そのため、知っている人は口を揃えて「ハゲが嫌なら生卵は避けろ」と言っているわけだ。

加熱調理ならOK

このアビジンは熱を加えることでビオチンと結合できなくなってしまう。つまり、目玉焼きなどの加熱調理ならむしろ育毛に有効だということになる。
しかし、卵焼きなど、最初に黄身と白身を混ぜてから調理する料理はNG。かき混ぜている間にビオチンとアビジンが結合してしまう。
ちなみに温泉卵も結合してしまうのであまりオススメできない。ゆで卵ならOK。

まとめ

正直なところそこまで強く意識する必要は無いかもしれないが、せっかくバランスよく栄養を補給できる卵を食べるのなら、育毛に有利な食べ方を意識したほうが良いのは間違いない。ということで、これから卵を食べる時は黄身と白身を混ぜないように注意することを実践してみよう。とはいえ白身を捨ててしまうのはもったいないので、目玉焼きやゆで卵がシンプルに育毛に有効な調理方法になると考えられる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - 俺の育毛方法