フサッチ

   

生活習慣病がハゲを作り出す?薄毛になる生活習慣ワーストTOP7を発表!

育毛のためにも気をつけたい生活習慣について考える

育毛のためには生活習慣も見直しが重要だと何度も紹介している。今回は視点を変えて「薄毛になりやすい影響力の強い生活習慣ワーストTOP7」を紹介していきたいと思う。当然ランキングが高いものほどハゲを引き起こす大きな原因になりかねないので優先して改善したいところだ。それではランキングを発表していくぞ!

食生活

言うまでもなく食生活は最重要項目だ。ハゲ対策のためだけでなく、健康そのもののためにも常に意識しておきたいもの。
控えるべき食生活は…

・栄養バランスの取れていない食事
・脂っこいものや甘い物ばかり食べる
・野菜を食べないなどの偏食
・1日何食も食べる
・間食ばかりする

こういった点は見直すべきだろう。やはり心がけたいのは栄養バランス。そして栄養バランスを取るためには色々な食材を食べることが大切になってくる。理想的なのは野菜を中心とした食事だが、近頃は食べる機会が減ってきた魚介類や海藻類なども積極的に取り入れていこう。

睡眠

仕事が忙しいなどの理由で睡眠時間が極端に短かったり、睡眠リズムが乱れているとハゲる原因になる。寝ている間に成長ホルモンが分泌されて細胞の修復を行ったり、細胞分裂を促しているわけだからせっかくの育毛チャンスを自ら手放しているといっても差し支えないだろう。
睡眠で心がけたいポイントとしては…

・毎日同じ時間に寝て同じ時間に起きる(リズムを作る)
・良質な睡眠を心がける
・一般的な生活リズムなら夜10時から2時の間は寝る(成長ホルモンの分泌が盛ん)
・就寝前の煙草やお酒、スマホなどは控える

これを実践できればかなり睡眠の質が高くなるだろう。もう少し細かく言えば寝具や寝るときの衣類などにもこだわれる。

喫煙習慣

煙草を吸うことでストレスが発散できるのは認めるが、薄毛になる大きな原因になるので禁煙するべきだろう。煙草がハゲの原因になる理由としては…

・一酸化炭素による一時的な酸欠状態(細胞機能の低下)
・煙草に含まれる有害物質を分解するために肝臓機能が低下
・ニコチンによる血管収縮で血液の巡りが悪くなる

と言ったものが挙げられる。正直なところ育毛において煙草のメリットはほぼ存在しないといっても過言ではないだろう。
ちなみに本数が少ないからそこまで影響は無いだろう、と考えているのならそれは改めるべき。たとえ1日1本しか吸っていなかったとしても、体への悪影響は大きい。もちろん1日1箱吸うよりはマシだろうが…。

飲酒

飲酒についてはプラスにもマイナスにも働く。要は飲み方次第ということだ。
適量のお酒なら

・血行促進
・代謝機能の向上
・ストレス発散

といったメリットが得られる。これらはいずれも育毛に必要不可欠な要素だ。
しかし一方で飲み過ぎてしまうと…

・肝臓機能の低下
・睡眠の質の低下
・血行不良

などが起こってしまう。特に肝臓機能の低下は育毛だけでなく健康にも相当悪い。
お酒の適量は個人差があるので一概には言えないが、缶ビール2本くらいまでに止めておくのが正解だ。

ヘアカラー、パーマ、整髪料

これらはいずれも頭皮に多大なダメージを与える原因となりかねない。定期的にヘアカラーやパーマをあてている人は特に注意が必要だ。職業柄毎日整髪料を使っている人も注意。
頭皮にダメージが蓄積されるとそこから炎症が起こりやすくなる。すると抜け毛や薄毛が起こるというわけだ。ヘアカラーをしている人なら、これが原因でハゲるのは分かっているはずだ。

シャンプー習慣

適切なシャンプーはハゲ対策にとって必要不可欠なものだ。清潔な頭皮環境を維持することはとても重要。しかしシャンプーの選び方だったり、シャンプーの方法が悪いとかえって抜け毛を引き起こしてしまう。
シャンプーの選び方については優しい洗浄力を持ったアミノ酸系シャンプーが適している。基本的には育毛シャンプーを選べば良いだろう。
正しいシャンプーの手順については

・指の腹を使って優しく洗う
・すすぎを入念に行う

この2点を強く意識すればOK。頭皮マッサージをするようにシャンプーする、といった細々としたテクニックもあるが、まずはこれを優先しよう。

運動習慣

デスクワーカーが増えてきた現代では慢性的な運動不足に陥っている人がかなり多い。運動習慣を持たない人は年々増加しているそうだ。
運動をすると次のような効果が得られる。

・血行促進
・基礎代謝の向上
・ストレス発散

特に重要なのは血行促進効果だろう。運動をすることで全身に血液が巡りやすくなり、当然頭皮にも血液がまわる。血液が栄養や酸素、水分を運び、老廃物などを運搬しているわけなので育毛に取って重要なのは分かるだろう。
何もハードな運動をする必要は無い。毎日少し歩くくらいでも全然違ってくる。運動習慣を持たない人は意識的に運動する時間を作ってみよう。

■まとめ■
以上が薄毛になる生活習慣ワーストTOP7になる。これら以外にも注意したい生活習慣はいくつかあるが、まずは今回紹介した物を優先的に見直してみよう。
順位は…
1.食生活
2.睡眠
3.喫煙
4.飲酒
5.ヘアカラー、パーマ、整髪料
6.シャンプー
7.運動

となった。もちろん順位が高いものほど最優先して見直すべきだろう。
できれば全部改善できるに越したことは無いが、まずは自身が取り組みやすいものから実践してみてはいかがだろうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - ハゲ予防の生活習慣と栄養摂取