フサッチ

   

薄毛遺伝子検査で薄毛のリスクを把握する!予防策や改善策につなげられる!

薄毛遺伝子検査を行うことで薄毛に対する対処方法を取れる!

効率良く薄毛治療を行っていくためには、何が原因で抜け毛が起こっているのかを判断しなくてはならない。原因を特定できれば、それに即した対処方法が得られるからだ。

ということで今注目を集めているのが「薄毛遺伝子検査」。これは名前の通り、遺伝子を検査することによって薄毛のリスクがどれくらいあるのかを判断できるというもの。実は一昔前まではごく限られた人しか受けることができなかったが、最近では一般の人でも気軽に利用できるようになっている。ただそれが知られていないだけだ。

ということで今回は気になる人にぜひ試してみて欲しい、薄毛遺伝子検査について紹介してみようと思う。

■薄毛遺伝子検査はどこで受けられる?
まずは薄毛遺伝子検査を受ける方法から紹介していこう。大きく分けると2パターンある。

●病院
薄毛治療を行っている病院や、皮膚科などで受けることができる。費用は大体2万円くらいに設定されていることが多いようだが、病院によって違ってくるので直接問い合わせたほうが確実だろう。

検査方法は極めて簡単で、髪の毛を採取する、あるいは口内の粘膜を採取する、のどちらかを採用していることが多い。

検査結果が出るのが大体2週間~1ヶ月前後。そして嬉しいことに、検査をした結果に基づいた薄毛治療にそのまま移行できる病院がほとんどだということだ。

●検査キット
薄毛遺伝子検査用のキットが販売されている。販売元は主に病院や検査機関関係になってくるので信頼度も高い。ほとんどはインターネットから申込みする形になる。

キットが届いたら口内の粘膜を採取して書類と一緒に送付する。これを基に検査を始めていき、検査結果が出たら自宅に郵送されるという形だ。

利用するキットにもよるが、だいたい2週間~1ヶ月くらいで結果が届くことが多い。費用については1万円~1万5000円くらい。

メリットはわざわざ病院に出かける必要がないこと、費用が安いので割と気軽に検査できることが挙げられるだろう。もしAGAのリスクが高いと判断されたら審査結果を持って病院に行き、治療に移行する…といった流れが一般的だろうか。

■薄毛遺伝子検査で分かること
薄毛遺伝子検査で分かることは実に多い。基本的には「男性ホルモン感受性」について検査する。これによって将来的なAGAの発症リスクや、フィナステリドというAGA治療薬の効果を予測できるようになる。

もちろんAGA発症リスクが高いからといって必ずしも薄毛になるとは限らないのだが、的中率はおよそ70%~80%前後だと言われているため信頼度は相当高いだろう。

そして発症リスクだけでなくフィナステリドの効果予測もきちんと見極めていきたい。発症リスクは低いにもかかわらずAGAになった場合、フィナステリドの効果があまり見られない傾向が強いらしい。そうなると、フィナステリドに頼らない治療方法を探す必要が出てくるだろう。逆に言えば、何も検査しないうちにフィナステリドを使って結局効果が見られなかった、という事態を避けられるわけだ。

■病院とセットで考えるのが正解!
薄毛遺伝子検査についての大まかな説明は以上だ。これを読んでみて受けてみようと思った人も多いのではないだろうか。

もし検査をするのであれば、そのまま病院で治療を受けることを強くオススメしたい。理由は上記した通り、発症リスクと同時にフィナステリドの効果予測もできるから。

遺伝子検査が完了していれば病院側としても最適だと思われる治療方法を提供できるし、自分自身もどういった原因があり、自身がどのような状況に置かれているのかが客観的に理解できるので治療の意味が分かりやすい。つまりAGA治療に対する安心感も違ってくる。

決して安いものではないが、無意味な育毛を繰り返すくらいなら思い切った初期投資と割り切ってチャレンジしてみるのもアリだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - ハゲ予防の生活習慣と栄養摂取