フサッチ

   

男らしさを作り出す男性ホルモン「テストステロン」は髪の毛を太くたくましくする!

日常生活でテストステロンを増やすテクニックは多数!ひとつずつ取り入れてみよう

男性型脱毛症:AGAは「ジヒドロテストステロン」という男性ホルモンによって引き起こされている。

これは薄毛についてある程度勉強している人ならご存知の通りだ。

このジヒドロテストステロンの元となっているのが男性ホルモンのおよそ9割を占めている「テストステロン」になる。
テストステロンと5αリダクターゼが結びつくことでジヒドロテストステロンが生成される。

そのため「テストステロンが悪いものだ!」と勘違いしている方が非常に多い。

しかし、テストステロンそのものは私たちにとって、特に男性にとってはメリットが非常に大きいことを理解しておくべきだろう。

ということで勘違いされがちなテストステロンについて紹介していきたいと思う。

テストステロンが髪の毛を作る!?

上記した通り、テストステロンはAGAの原因となるジヒドロテストステロンの元になる男性ホルモンだ。
そのため悪いものだと思われがち。

しかしテストステロンは育毛にとって非常に有益なホルモンだったりする。
テストステロンの血中濃度が高い人ほど髪の毛が太く、丈夫なことが分かっている。

これは育毛においてとても重要なことなのは言うまでもない。

となると、テストステロンの量が多い人の方が育毛しやすい状態にあるといえないだろうか。

さらに言えば、髪の毛だけでなく体毛もテストステロンが濃い人の方が多い傾向にあることが分かっている。

あまり体毛が濃いのも考えものだが、これはテストステロンが髪の毛にとっても有益なホルモンだということの証明にならないだろうか。

悪いのは5αリダクターゼ?

テストステロンは薄毛対策に繋がる重要なものだということは理解してもらえただろうか。

となると、AGAを引き起こす一番の原因は5αリダクターゼにある、と言える。

実際AGA治療薬として用いられているフィナステリドは5αリダクターゼがテストステロンに結びつくのを阻害することでAGAの進行を止め、治療を進めていくというもの。

AGAで悪者扱いされているテストステロンは実は味方で、本当に悪影響をもたらしているのは5αリダクターゼだということを理解しておくと今後のAGA治療に役立てることができるだろう。

テストステロンは増やすことができる!

テストステロンの分泌量については体質的な問題が大きいのだが、生活習慣を見直すことによってある程度増やすことができるという研究結果が出ている。ということで最後にテストステロンを増やす生活習慣を紹介していこう。

脂質をとる

体にとって悪影響をもたらすイメージがある脂質だが、テストステロンを生み出すことに関して言えば最重要項目の1つと言えるだろう。

ここで重要となるのは「多くの脂質をとる」のではなく「質の良い脂質をとる」こと。具体的には一価不飽和脂肪酸と飽和脂肪酸を摂取することでテストステロンの量が増大することが分かっている。

一価不飽和脂肪酸:オリーブオイル、アーモンド、アボカド、ピーナッツバター

飽和脂肪酸:赤身肉、ココナッツオイル、卵、チョコレート、チーズ

テストステロンを増やす栄養を取る

テストステロンの分泌量をアップさせてくれる栄養素がいくつかあるのでピックアップして紹介していこう。

亜鉛

亜鉛はテストステロンの生成をサポートする重要なミネラルだ。ある研究では亜鉛欠乏症の男性に6週間亜鉛サプリメントを摂取し続けてもらったところ、テストステロン値が93%も増大したという。テストステロンを始め、男性にとってメリットも大きいミネラルなので積極的に取り入れていきたい。

ビタミンD

テストステロンの研究でビタミンDの値が高かった人ほど血中テストステロン値が高い傾向にあることが分かったらしい。つまり、しっかりと日常生活の中でビタミンDが補給できている人ほどテストステロンの分泌量が増えると考えられている。

こうしてみると、テストステロンを増やす栄養は「育毛に良い」と言われている栄養素と共通していることが分かるだろう。

筋トレをする

筋トレをすることによってテストステロンの分泌量が増えることが分かっている。より多くの筋肉に刺激すること、より強い刺激を与えることがベストらしい。

なのでウォーキングや水泳といった有酸素運動よりも、筋肉を太く、強くするためのトレーニングの方がよりテストステロンの分泌量を促すことができると考えられている。

また、だらだらと長くトレーニングをするのではなく、負荷の高いトレーニングを短期間で済ませた方がより多くのホルモン反応を引き出すことができることも研究で分かっている。

しっかりと睡眠を取る

ホルモン全般に言えることだがきちんと睡眠時間を確保できればその分だけテストステロンの分泌量が増えることが分かっている。

テストステロンの反応値が高いのは睡眠時間が7~9時間の男性になる、という研究結果もある。

さすがに睡眠時間を9時間確保するのは難しいだろうから、少なくとも毎日7時間は寝られるように調整してみたいものだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - ハゲ予防の生活習慣と栄養摂取