フサッチ

   

今すぐできる毛根診断で薄毛の危険度チェック

毛根部分をチェックすることで何が原因で抜け毛が起こったのかが分かる

薄毛や抜け毛が起こる原因は全部同じ、というわけではない。色々な原因があってこそ抜け毛が起こる、ということを理解する必要がある。
と言っても、自力で把握するのはなかなか難しいように感じられるかもしれない。しかし、抜け毛の「毛根部分」をチェックすることで、ある程度原因を特定することが可能だ。
育毛を進めていく上で欠かせないのが「原因の特定」だ。原因が分かればそれに対応すればいいわけだから、薄毛対策の第一歩と言えるだろう。
ということで今回は育毛に役立つ毛根診断を紹介したいと思う。

自然脱毛と異常脱毛を見極める

まずは抜け毛が起こった理由について考えてみたいと思う。抜け毛には大きく分けて2つの種類がある。

自然脱毛

名前の通り自然に起こる抜け毛のことだ。これは正常なヘアサイクルの持ち主でも起こりうる。普通は1日当たり50本~100本くらいの抜け毛が起こる。つまり、誰だって多少は抜け毛があり、それは異常でない、ということを理解しておこう。

異常脱毛

何らかの原因によって引き起こされた「不自然な抜け毛」のことを言う。ハゲや薄毛に悩んでいる人は基本的に異常脱毛によって引き起こされていると考えていいだろう。異常脱毛かどうかを判断するのにこれから紹介する毛根診断を活用して欲しい。

毛根の形で判断する診断

マッチ棒のような毛根

毛根の形状がマッチ棒のような形をしている場合は「特に問題無い」と判断できる。これが自然脱毛による毛根の形状だということを理解しておこう。この形を基準にして他の抜け毛の毛根を診断していくことになるので忘れないように。

毛根が小さい(注意度:C)

マッチ棒のような形をしているけれど毛根が小さい、という場合は注意信号。毛根の活性が低下しており、これから薄毛や抜け毛が起こりやすいサインと受け取れる。

毛根の膨らみがない(危険度:B)

毛根部分が膨らんでいない場合は栄養状態が悪いことが懸念される。すぐに抜けてしまう髪の毛の可能性が高いので危険度は比較的高め。食生活を見直すなど栄養面を振り返ってみよう。

皮脂などが付着している(危険度:B)

毛穴に古くなった皮脂が溜まっていたり、フケが大量に出ていると毛根にこびつくことがある。これは頭皮環境がかなり悪い証拠。シャンプーの仕方を見直したり、育毛剤を使って頭皮環境を整えるといった対策が必要になってくる。

毛根がない(危険度:A)

毛根が存在していない場合、単純に切れ毛の可能性もあるが、もしもそうでないなら…かなり危険な状態だと言える。AGA(男性型脱毛症)などでヘアサイクルが極端に乱れている場合に見られる状態だ。

毛根の形がいびつ(危険度:A)

毛根の形がギザギザだったり、ガタガタになっているならかなり注意しておかなくてはならない。毛根の形が悪いと円形脱毛症の可能性が高まる。自力で改善できないことも珍しくないので医師に相談した方が確実だろう。

専門機関で検査をうけてみるのも検討しよう

毛根診断は自分である程度はできるが、なかなか判断が難しいこともある。もしも時間やお金に余裕があるなら、一度専門機関で検査を受けてみたほうが良いかもしれない。例えばヘアクリニックだったり、ヘッドスパだったり…といったところが候補として挙げられる。
毛根診察ができるだけでなく、効率の良いヘアケアもできるので併せて検討してみたいところだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - ハゲ予防の生活習慣と栄養摂取