フサッチ

   

髪の毛が濡れたままだとハゲやすい?ドライヤーは使うべき?

髪が濡れたままだと雑菌の繁殖のリスクが!ドライヤーも正しく使わないと危ない!

自然乾燥はダメなの?

「髪の毛は濡れたままだとハゲやすいって本当ですか?」「シャンプーの後はドライヤーを使った方がいいんですか?」といった質問をいただくことが多い。確かに、結構気になるところではないだろうか。
まず、毎日のシャンプーは健康的な頭皮環境を作りあげる上で必要不可欠なものだ。シャンプーによって頭皮の汚れ、余分な皮脂を洗い流し、清潔を保つことは言うまでもなく重要。

そのあとほとんどの人はドライヤーを使って髪の毛を乾かしていることだろう。しかし、ドライヤーは使い方を間違えてしまうと頭皮にとんでもないダメージを与えてしまう可能性がある。

しかし、髪の毛が濡れたままで放置するのも問題だ。言うまでもなく、衛生環境としてはあまりほめられたものではない。ということで今回はこれらを意識して髪の毛を乾かしすべきか、どのようにドライヤーを使うべきなのかを考察していきたいと思う。

濡れた髪の毛は菌の繁殖が凄い!

どうして髪の毛を乾かしたほうが良いのかというと、菌の繁殖が怖いからだ。私たちの表皮にはたくさんの菌が存在している。もちろん、良い働きをしてくれるものもある。しかしいずれにしても大量に繁殖してしまうと、炎症やかゆみ、さらには悪臭の原因にもなってしまう。臭いだけならまだしも、炎症が起こると毛穴にダメージを与えることになるため、そこから抜け毛や薄毛に発展しても不思議ではない。

また、男性だとあまり気にはしないかもしれないが、髪の毛が濡れている状態というのはキューティクルの防御力が著しく低下している。この時に摩擦が生じるとバサバサでツヤもコシも無い髪になってしまう。
ということで、シャンプーの後は必ず髪の毛を乾かすようにしたい。

ドライヤーの使い方を考える

ドライヤーは言うまでもなく、熱風を発生させる機械だ。この熱は頭皮にとって結構なダメージになる。
試しに、腕にドライヤーを当ててみて欲しい。たったの数秒で「熱ッ!」となるだろう。これを頭皮にも同じようにやっているのだから、使い方にこだわる必要があるのも理解できるだろう。

ドライヤーの正しい使い方は次の点を守ることだ。

1ヶ所に当て続けない
髪の毛とドライヤーの距離は15cm以上離す
たまに冷風で冷ます

これだけといえばこれだけ。人によっては別に意識しなくても実践できているかもしれない。しかし、なかなか髪の毛が乾かない、という理由で極端な使い方をしている人は結構多い。

かと言ってあまりにも長時間ドライヤーを使い続けるのはあまり現実的ではないし、それはそれで頭皮へのダメージも懸念される。ということで、特に時間的な制限がないならいっそ最初から「冷風」だけで乾かすのも良いかもしれない。

ただし注意点として、完全に湿り気が一切なくなるまでドライヤーを使い続けるのはオススメできない。そこまで言ってしまうと、頭皮の潤いそのものを奪ってしまいかねないからだ。ということで触ってみて、まだ若干湿っているかな?くらいでドライヤーの使用を中止して、あとは自然乾燥に任せてしまうのがベスト!

まとめ

ということで、最終的なまとめとしては「ドライヤーでしっかり乾かしたほうが良い」ということになる。
ドライヤーにも色々なものがあるが、別に高機能なものを購入する必要は無いと思う。例えば、イオンが発生するドライヤーなどが販売されているが、これは頭皮のためというよりは髪の毛のための機能だ。サラサラツヤツヤの髪の毛を目指しているのなら購入しても良いと思うが、そうでないなら普通のドライヤーで十分。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - ハゲ予防の生活習慣と栄養摂取