フサッチ

   

どうして男性ホルモンが薄毛や抜け毛を作り出す?本当に関係あるのか?

結論からいうと男性の抜け毛のほとんどは男性ホルモンが原因だった!

男性ホルモンが抜け毛の原因に…

男性の薄毛や抜け毛についてネットで調べると「男性ホルモンによる影響が…」と紹介されていることがほとんどだ。なかには「本当に男性ホルモンのせいでハゲているのかな?」と思う人もいるだろう。
だが、結論からいうと「男性のハゲの原因はほぼ男性ホルモンのせい」と言っても過言ではない。

薄毛抜け毛でよく言われている男性ホルモンは「ジヒドロテストステロン:DHT」だ。これは男性ホルモンの一種であるテストステロンと5αリダクターゼという酵素が結びつくことによって生成されている。
DHTの血中濃度が高くなると、特定の部位の毛根を収縮させてしまう。すると髪の毛が成長できなくなってしまい、抜け毛が起こるというわけ。これが男性型脱毛症:AGAと呼ばれる症状。

DHTは前頭部、頭頂部、あるいはその両方に局所的に集中しやすい傾向がある。だからこそ、男性の薄毛は局所的に起こるわけだ。いわゆるM字ハゲやO字ハゲは典型的なAGA症状だと言える。

男性ホルモンの対策は?

現状としてAGAの対策方法は薬物によるDHTの生成を阻害する他有効なものは見つかっていない。
ここで使用されているのは「フィナステリド」と呼ばれるテストステロンと5αリダクターゼの結合を阻害する医薬品だ。フィナステリドを配合している「飲む育毛剤:プロペシア」が国内では最も有名だろう。
残念なことにこのプロペシアは医薬品に該当するものなので、病院で処方してもらう他入手することはできない。海外から個人輸入することもできるが、リスクが大きすぎる。

少なくとも最初はきちんと医師に相談して処方してもらった方が良いだろう。
ちなみに、病院の選び方だが、一般的な皮膚科でも受診・処方してもらえる。しかし、これだけだとアドバイスがもらえなかったり、経過観察が適当だったりすることもあるので、AGA治療を取り入れている皮膚科、もしくはヘアクリニックを選ぶのが良いだろう。

まとめ

薄毛や抜け毛、ハゲに悩んでいる男性のおよそ8割前後はAGAだと言われているほどだ。個人的にはもっと多くの人が実はAGAなのではないかと考えている。
生活習慣や食生活などを見直すことでかなり改善・軽減することもできるが、根本的に治療するためのプロペシアと併用することが最も効果が高いだろう。

もしかすると病院に行くのが恥ずかしかったり、時間を作るのが大変だったり、そもそも面倒だったりするかもしれないが、1度勇気を出して病院に足を運んでみてはいかがだろうか。検査を受けるだけでも価値があると思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - ハゲ予防の生活習慣と栄養摂取