フサッチ

   

ハゲは加齢や老化が原因ではなかった?

年をとってもハゲない人はハゲない

ハゲや薄毛は年配の人に多く見られるイメージがある。何となく年をとるとハゲるものだと思っている人もたくさんいるだろう。

確かに老化とハゲは全く関係がないとは言い切れない。年齢と共に代謝機能は低下するし、常に健康的な頭皮を維持し続けるのは難しいだろう。

しかし、年齢を重ねてもハゲない人は全然ハゲる気配がない。身の回りの人でもそういう人がいるだろう。人によっては「遺伝的なものでしょう?」と思うかもしれない。しかし実際のところはそうとは言い切れない部分もある。

ということで今回は老化とハゲの関係性について考えてみたいと思う。

老化による薄毛への影響

まずは老化によってハゲや薄毛にどのような影響をもたらすかを考えていきたいと思う。
まずひとつが「内臓機能の低下」だろう。髪の毛を成長させるためには当然栄養が必要になる。この栄養を補給するためには胃腸などの消化器官、そしてエネルギーを活用できる形に変換する肝臓の機能が必要になる。
しかし年齢を重ねると内臓機能は低下する。例えば若い頃は脂っこいものをいくら食べても大丈夫だったが、30代や40代くらいからたくさん食べると胸やけしたり、胃もたれしたりする場合もあるだろう。
こう考えると、老化=ハゲという図式が成り立つように感じられる。

生活習慣が重要

老化に負けない頭皮を作るためには生活習慣がとても大切になってくる。同じ年齢でも若く見られる人と、そうでない人がいるが、顕著なのは生活習慣の違いだ。当然、髪の毛に関しても同じことが言えるだろう。気をつけたいのは次のような生活習慣だ。

食事

髪の毛の成長に必要なアミノ酸やビタミン、ミネラルといった栄養素をバランスよく取り入れられる食事を心がけることで年齢に負けない髪の毛が作れるようになる。

適度な運動

適度に運動習慣を持っていると新陳代謝が高まる。結果的に若い体をキープしやすくなる。逆に運動する習慣がないと新陳代謝は落ちる一方で、老化が一気に加速する恐れがある。

適切な生活リズム

毎日同じ時間に寝て同じ時間に起きる。簡単なようでなかなか難しいことだが、これが若々しい体をキープするのに必要不可欠だ。年齢を重ねて責任のあるポジションに着くようになると寝る時間を惜しんで仕事に打ち込む人も多いだろうが、良質な睡眠を心がけたいところ。

頭皮ケア

若い頃から育毛剤や育毛シャンプーを使っているのと、全く使っていないのとではどちらの方がハゲへのリスクが小さいだろうか。当然、頭皮ケアをしている方が有利なのは間違いない。そのため、ハゲる前から、あるいは髪の毛が薄くなってきたと気になり始めた頃などできるだけ早い段階から頭皮ケアに取り組みたい。

まとめ

年をとれば必ずハゲるわけではない、ということが分かったと思う。老化は確かにできれば避けたいものだが、生きている以上仕方のないことだ。しかしここで紹介したような対策を取り入れることでかなり老化によるハゲを予防できるはず。
もう一歩踏み込んだ対策として、抗酸化作用のあるポリフェノールを毎日の生活習慣の中に取り入れるなどの方法もある。
最近ではサプリメントをはじめ、実に有効なアイテムも販売されているので、これらを上手に取り入れることも検討していきたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - ハゲ予防の生活習慣と栄養摂取