フサッチ

   

東京医科歯科大学が発表!加齢で起こる薄毛や脱毛のメカニズムが判明!17型コーラゲンが救世主となるか!?

東京医科歯科大学によると17型コラーゲンが分解されることで薄毛や抜け毛が起こりやすいらしい

2016年2月5日の国際科学誌「Science」に薄毛・脱毛に関する最新の研究結果が掲載された。テーマは「加齢による薄毛・脱毛の仕組み」で、東京医科歯科大学の発表だ。

私たちは加齢で次第に髪の毛が薄くなっていく。このメカニズムの研究は盛んに行われているが、今のところ「これだ!」という内容が出てきていなかった。しかし今回の発表で随分と様変わりしてくるのではないか、と期待されている。

■毛包には老化プログラムがあった
東京医科歯科大学の研究によると、髪の毛を生やす「毛包」が年齢によって弱くなることが判明。

毛包が細胞分裂をする際に「17型コラーゲン」を分解する。分解された17型コラーゲンはフケや垢として落とされるわけだが、年齢と共に17型コラーゲンは減少してしまう。

つまり、17型コラーゲンが減るから毛包が上手く細胞分裂できなくなってしまい、結果的に抜け毛や薄毛が起こる…というわけだ。これが加齢による薄毛のメカニズム。

そして同大学は
「この研究結果を元に、新規治療法の開発に期待している」とアナウンスしている。

 

17型コラーゲンが救世主になりうるか!?

残念ながら、現状17型コラーゲンに特化したサプリメントなどは販売されていない。そして17型コラーゲンを人工的に化学合成する手段が確立されていない。つまり、体内で生成させる他ないわけだ。

逆に考えれば、17型コラーゲンは体内生成することができる。必須アミノ酸をしっかりと補給することで、より生産性を高められるはず…というのが最も強い見方となっている。

まだ具体的に「この栄養素を摂取すれば良い!」というものは見つかっていないのだが、栄養バランスの良い食生活を心がけるのが有力だろう。

なお、今回の研究結果を発表した東京医科歯科大学の西村教授は「これから17型コラーゲンの減少を食い止める薬品の開発に乗り出す」と言っている。続報に期待したいところだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - ハゲ予防の生活習慣と栄養摂取