フサッチ

   

ハゲの原因は酸素不足?粃糠性脱毛の可能性も考える

頭皮だって皮膚呼吸をしている!酸素をたっぷりと与えよう

頭皮は皮膚の一部。当然のことながら皮膚呼吸をしている。つまり、酸素を取り込みやすい環境を作ってあげることも育毛には欠かせない要素だと言えるだろう。

しかし、様々な理由から頭皮が酸素を取り込めない状況を作ってしまっているかもしれない。例えば…

・不十分な洗髪で汚れや皮脂が落とせていない
・毛穴に角質が溜まっている
・整髪料などが付着している
・フケが溜まっている

と言ったものが原因として挙げられるだろう。もしも皮膚呼吸ができない状態になると細胞に上手く酸素を供給することができなくなる。酸素がないとエネルギーを燃焼させられないため、細胞の代謝が落ちることになる。結果的に髪の毛が細くなったり、抜けてしまったり…といった状態に陥るかもしれない。

シャンプーの仕方を見直してみる

頭皮が上手く酸素を取り込めるように清潔な状態を作ることが重要になる。そしてその基本は「シャンプー」になってくるだろう。
育毛にとって正しいシャンプーの仕方は以下のような手順になってくる。

予洗いで大まかな汚れを落とす
シャンプーは泡立ててなじませる
指の腹を使って優しくマッサージするように洗う
十分なすすぎでシャンプーが残らないように注意する

これを徹底すれば頭皮に付着した汚れや古い皮脂、整髪料などをしっかりと落とすことができるだろう。

毛穴に詰まった角質を落とす

毛穴からの酸素供給を邪魔しないためにも、しっかりと角質ケアをしてあげたいところだ。とはいえ、普通にシャンプーしているだけではなかなか落としきれないのが実際のところ。
そのため毛穴に詰まった角質や角栓、古い皮脂などを落とすための「クレンジング」を活用してみよう。これはメイク落としなどのオイルクレンジング、あるいは椿油やアルガンオイルといったヘアケア用のオイルを使う。頭皮に十分なじませてマッサージするだけで毛穴の汚れが落ちやすくなる。
もちろんヘッドスパを活用するのもオススメだ。プロの手で、専用のヘアケアグッズを使うので効果抜群!頭皮マッサージの参考にもなるので1度受けておきたいところ。

粃糠性脱毛の可能性にも注意

粃糠(ひこう)性脱毛をご存知だろうか。これはフケが大量に発生することで起こる脱毛症のことだ。

極端に頭皮環境が悪くなると徐々にフケが発生しやすくなって、結果的に頭皮を覆うようなフケの層ができてしまう。すると酸素を取り込むことができなくなってハゲるわけだ。
フケの量が多かったり、頭皮を掻いたときにビッシリと爪の間にフケが溜まるようなら粃糠性脱毛のリスクがかなり高いと言えるだろう。
こちらは自力で改善させるのは難しいので必ず皮膚科に相談して適切な治療を受けるべきだろう。

皮膚呼吸以外の酸素も重要

髪の毛にとって酸素が大事なのは間違いないが、頭皮の皮膚呼吸だけが重要なわけではない。普段の呼吸で取り込む酸素だってもちろん大切だ。
特に注意したいのは喫煙習慣のある人。タバコを吸うと一酸化炭素が大量に体内に取り込まれてしまう。これは血液中の「ヘモグロビン」と結びついてしまう。学生の頃に勉強したと思うが、ヘモグロビンが酸素と結びついて血液に乗って全身に配っている。しかし、一酸化炭素と結びついてしまったヘモグロビンは呼吸によって取り込んだ酸素と結びつくことができない。

結果的に軽い酸欠状態に陥ってしまう。内臓を始めとした体への負担はもちろんだが、髪の成長のための細胞分裂に必要な酸素が不足するきっかけにもなりかねない。

このほかにも色々と薄毛とタバコの関係があるが、メリットになることはほとんど無いので、ハゲを改善したいなら禁煙するのが望ましいだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - ハゲ予防の生活習慣と栄養摂取