フサッチ

   

発芽玄米で髪の毛も体も健康で元気になる!

発芽玄米の持つ豊富な栄養素が育毛をサポートしてくれる

髪の毛を強くするもとは発芽玄米にあり

ほとんどの人は主食に白米を食べているだろう。確かに美味しいし、私たち日本人の体質に合っている主食だ。白米も栄養価はなかなか優れてはいるのだが、せっかくならもっと栄養価の高い、健康的なものを選んだほうがお得ではないだろうか。そこで今回紹介したいのは発芽玄米だ。

玄米については多くの人が知っていると思う。しかし、発芽玄米となるとあまり耳になじみがないかもしれない。それもそのはずで、実はあまり多く市販されているわけではないのだ。

発芽玄米とは、玄米から少しだけ発芽しているものを表す。私たちが普段食べている白米は玄米から「ぬか」と呼ばれる外側の薄い皮を取り除いたものだ。しかし、この「ぬか」にたっぷりの利用が含まれている。だから玄米が健康食として注目を集めているわけだ。

発芽玄米の具体的な定義としては、玄米から0.5~1mmくらい発芽したもの、となっている。たったそれだけで何が違うのだろう?と思うかもしれないが、その過程で玄米に含まれる栄養に随分と違いが出てくる。具体的には、消化吸収されやすくなっているので、私たちが受ける恩恵がさらに高まる。

発芽玄米で得られる効果

それでは具体的に、発芽玄米でどのような効果が得られるのかを紹介していきたいと思う。育毛に良いものから健康に良いものまで幅広く紹介していくぞ。

イノシトール

肝臓の働きをサポートする成分。食事から摂取したエネルギーは肝臓で変換され、効率良く使用できるようになっている。しかし、生活習慣や過齢が原因で少しずつ肝臓の働きが鈍くなってきてしまう。そこでイノシトールが有効というわけだ。元気な肝臓なら、しっかりと髪の毛の成長のための栄養をエネルギーに変換してくれるので、育毛効果が期待できるだろう。脂肪肝・肝硬変の予防にも効果的だということで、生活習慣病対策の観点からも注目を集める。

フェルラ酸

優れた抗酸化作用を持つ成分。体内で発生してしまった活性酸素を除去する働きを持っている。私たちは呼吸をするだけで活性酸素が生まれてしまう。またストレスを感じたり、紫外線を浴びたりしたときにも大量に生成される。これが細胞を傷つけて老化させているのだ。発芽玄米に含まれるフェルラ酸を摂取することで老化を防ぎ、若々しい体を維持できる。老化による薄毛や抜け毛対策に有効だろう。

トコトリエノール

こちらも優れた抗酸化作用を持っている。また同時にコレステロールの増加を抑える働きを持っているので、生活習慣病対策に効果が期待されている。

ストレスと戦うGABA(ギャバ)が豊富

GABA(ギャバ)はストレス対策に有効だということで一時期注目を集めていた成分だ。今でも研究が進んでいて、GABA(ギャバ)を配合したチョコレートなどが人気を集めている。現代社会人は特にストレスを抱え込みやすいと言われている。そしてストレスから薄毛や抜け毛が起こることは珍しくない。GABA(ギャバ)を摂取すれば全然ストレスを感じない、というわけではないが、自律神経失調症などの緩和に高い効果を発揮することが分かっているため、ストレスによるダメージを軽減できるのは間違いないだろう。

発芽玄米を美味しく食べるには?

発芽玄米は基本的に玄米なので、正直なところ味の好みは相当分かれるだろう。白米とは違う独特の食感と風味があるので、苦手な人はあまり好んで食べられないかもしれない。

また、白米なら磨いで水に漬けて炊飯器のスイッチを押すだけで炊けるが、発芽玄米だともう一手間かける必要が出てくる。美味しく作るためには圧力鍋が基本となってくるため多少ハードルが高く感じられるかもしれない。
と言っても、白米と同じように炊飯器で作ることもできる。ただし、炊飯器のスイッチを入れる30分前ぐらいから水に浸しておく必要があるのでそこだけ覚えておこう。

なお、電子レンジで炊くこともできる。発芽玄米1合に対して水を1.7合入れ、30分ひたす。あとは耐熱ボウルなどにラップをかけて500Wの電子レンジで15分加熱。1度大まかに混ぜて、再びラップをしてから10分加熱。最後に熱湯を90cc足して、ラップをしてから5分間加熱。最後に10分以上蒸らせば完成。

ちょっと手間はかかるがかなり美味しく炊けるのでぜひ試してみて欲しい。

発芽玄米の保存方法は?

発芽玄米は劣化すると味が極端に落ちてしまう。発芽玄米特有の風味も一気に損なわれてしまうので、これが好きな人からするとがっかりすることだろう。
そのまま常温保存したり、炊飯器の保温機能を使うのはあまりオススメできない。個人的に最適だと思うのは冷蔵庫で保存、もしくは冷凍することだろう。

翌日に次ぐ食べるのなら冷蔵庫で、ある程度まとめて炊いておくなら冷凍が良いと思う。いずれも一食ずつ分ける必要がある。食べる時は電子レンジで数分間加熱すればOKだ。
ちなみに味が劣化してしまった発芽玄米は雑炊やチャーハンにして食べると美味しい。

発芽玄米はどこで買える?

発芽玄米は市販されているものもあるが、値段が高かったり、量が少なかったり、そもそも見かけないことが多々ある。その時は、自分で発芽玄米を作ってしまおう。

お店で売っている玄米を水に漬けて24時間待つだけで発芽玄米になる。季節によって多少成長が遅いこともあるだろうから、12時間おきくらいに様子を見て、芽が05mm~1mmくらいまで成長したら食べ時だ!

まとめ

発芽玄米はとにかくよく噛んで食べること。食物繊維が白米の6倍以上も含まれているので、消化器官があまり強くない人は特に注意して咀嚼するように心がけたい。
何せよ体にとって嬉しい効果ばかりで特にデメリットも見当たらない…強いていうなら味に若干クセがあるくらいだ。育毛に良いだけでなく、健康的な体づくりにも有益なのでぜひ一度試してみて欲しい。ちなみにメタボが気になる人にもオススメだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - ハゲ予防の生活習慣と栄養摂取