フサッチ

   

C型ハゲの原因と効果のある薬剤について考える

C型ハゲはAGAがある程度進行した際に見られることが多いパターンだ。

ケースとしてはあまり多くは無いが、最初からC型ハゲが起こる人も中にはいる様子。

大まかな特徴としては、前頭部と頭頂部の両方から薄毛が進行していく、というもの。

結果的に側頭部と後頭部の髪の毛だけが残り、上から見たときに、アルファベットの「C」に見えることから「C型ハゲ」と呼ばれている。

ということで今回はC型ハゲの原因や、特に効果的だと言われている薬剤など、色々と紹介していこうと思う。

C型ハゲの原因

いくつかの原因があるが、大きくまとめると次のようなものが挙げられる。

・男性ホルモン
・帽状腱膜(ぼうじょうけんまく)
・眼精疲労
・血行不良
・生活習慣やストレス

それぞれ詳しく見てみよう。

男性ホルモン

上記した通り、C型ハゲはAGAの典型的なパターンであるM型ハゲとO型ハゲの複合形になる。

これらを引き起こしている主な原因は男性ホルモンにある。

テストステロンという男性ホルモンと、5αリダクターゼという酵素が結びつくことによってジヒドロテストステロンという男性ホルモンへと変換される。

このジヒドロテストステロンの血中濃度が高まると毛根の萎縮が始まり、ヘアサイクルが乱れて髪の毛が成長しない状態になってしまう。これがAGAの正体。

帽状腱膜(ぼうじょうけんまく)

帽状腱膜(ぼうじょうけんまく)というのは顔の筋肉の表面を覆う膜のこと。

帽状腱膜(ぼうじょうけんまく)の形を見ると、ちょうどM型ハゲと近い形状をしていることが分かる。

筋肉を覆う膜なので、表情筋の疲労が起こったり、逆に全然使っていなかったりすると当然機能が低下してしまう。

結果的にこの部位の血行不良を引き起こす原因となるようだ。

まだまだ研究の段階なので、直接的にC型ハゲの原因とは言い切れないが、少なからず関係していることは間違いないだろう。

眼精疲労

デスクワークが当たり前になり、パソコンやスマホが必須の現代人にとって、眼精疲労は避けて通れない道だろう。

この眼精疲労を引き起こす原因は目の使いすぎ。

目の周辺の筋肉が常に緊張している状態になると、顔だけでなく頭の筋肉まで影響を受けるようになる。

そこから血行不良が起こってしまい、C型ハゲを作り出すというわけだ。

生活習慣やストレス

これはC型ハゲに限った話ではないが、食生活が悪かったり、睡眠不足が続いていたり、慢性的にストレスを感じている場合、ハゲのリスクが大幅に高まるとされる。

C型ハゲの原因に対処するには?

ある程度C型ハゲの原因が分かったところで、次は対処方法について考察してみたいと思う。

ミノキシジルは必須!

ミノキシジルは日本だけでなく世界中で使われている信頼できる育毛成分の1つ。

医薬成分に分類されているため、なかなか簡単に手に入れられるわけではないが、その効果は非常に高い。

具体的には、強力に血行を促進させる働きを持っており、AGA治療では定番の成分だと言えるだろう。

別にミノキシジルにこだわる必要は無いと思うが、少なくとも頭皮の血行を良くしてくれる成分・薬剤は必要不可欠。

頭皮の血行が良くなることで、髪の毛の成長に必要な栄養素だったり、水分だったり、といったものを効率良く運べるようになる。
結果的に育毛を促進できるということだ。

ミノキシジルの他に、血行促進成分には次のようなものがある。

・ピディオキシジル
・センブリエキス
・塩化カルプロニウム
・イチョウ葉エキス
・トウガラシエキス

男性ホルモン対策は必須

AGAのパターンの1つであるC型ハゲは男性ホルモン対策が必要不可欠だろう。

C型ハゲの状況まで来たら、それなりにAGAが進行していることが予想される。
なので、根本的な原因をしっかりとシャットアウトしなくては育毛もままならないだろう。

C型ハゲは男性ホルモンが抜け毛を促進させているわけだから、しっかりと対策することができれば薄毛の進行をストップし、育毛につなげられるという考え方だ。

上記した通り、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンの分泌量が増えることでAGAが引き起こされているのだから、これに対処するための薬剤が有効となってくる。

現在男性ホルモン対策として用いられている育毛成分には次のようなものが挙げられる。

・フィナステリド(プロペシア)
・キャピキシル
・ノコギリヤシ
・ヒオウギエキス

これらの成分は、いずれもテストステロンと結びつく「5αリダクターゼ」という酵素の働きを阻害することでジヒドロテストステロンが生成されるのを予防しようというものだ。

頭皮マッサージ+アイマッサージ

育毛の定番テクニックの1つである頭皮マッサージは緊張した頭皮の筋肉をほぐし、血流を改善させる効果が期待できる。
また、帽状腱膜(ぼうじょうけんまく)を柔らかくほぐすのにも有効だろう。

アイマッサージは眼精疲労対策に。

シャンプーをするとき、育毛剤を使う時などに合わせてマッサージを取り入れるようにすると比較的簡単に習慣化させられるはずだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - ハゲ予防の生活習慣と栄養摂取