フサッチ

   

ビールはハゲの原因になる?それとも育毛の助けになる?

ビールの飲み方によって髪の毛への影響が変わる

「適度なお酒は血行をよくするから育毛に良い」。これが本当なのか、という質問をよくもらう。これに関しては確実な統計が出ているわけではないし、半分以上が私自身の体験談、そして残りのほとんどは身の回りの人達の話を参考にしているので、それを考慮した上で読んでみて欲しい。

■ビールはハゲの原因になる?

まずは世間で言われている「ビールはハゲの原因になりうる」その理由について考察していきたいと思う。ポイントとしては以下のようなものになるだろう。

糖質の摂取による皮脂の分泌

ご存知の通りビールには大量の糖質が含まれている。そして、糖質を摂取すると皮脂の分泌が活発になることも知られている。皮脂の分泌量が増えれば、毛穴が詰まる原因になりかねないし、皮脂が酸化することで頭皮へのダメージも懸念される。

アルコール代謝でビタミンやアミノ酸が消費される

髪の毛を成長させるためにはアミノ酸、ビタミンが必要不可欠だ。そしてこれらの栄養素はアルコールを代謝させるためにも使われている。アルコールを分解するのは肝臓の働きだが、これにはすごく奥のエネルギーを消費する。結果的に肝臓の機能が低下して、これによって上手くエネルギー代謝が行かなくなり、髪の毛に十分な栄養が行かなくなる可能性も懸念される。

睡眠の質が落ちる

アルコールを摂取するとすぐ眠れるように感じるが、睡眠の質そのものはかなり低下することが科学的にも証明されている。睡眠の質が落ちるということはそれだけ成長ホルモンの分泌が下がってしまう。成長ホルモンが分泌されないことには髪の毛の成長はありえない。

ビールのおつまみの問題

ビールのおつまみに何を食べるかは人それぞれだろうが、脂っこいものや、塩気の強いものがピッタリだと感じる人がほとんどだろう。脂っこいものは皮脂の分泌量を増加させるし、塩分の過剰摂取は血圧を高くしてしまう。これらはいずれも髪の毛に良いとは言いがたい。

タバコが進む

喫煙者でビールを飲む人なら分かると思うが、アルコールが入るとタバコが進む。タバコたくさん吸えばその分だけニコチンによって血管が収縮されるし、体内に入ってきた有害物質を肝臓が分解しなくてはならない。
大まかな理由としてはこのようなものが挙げられるだろう。しかし、見れば分かる通り、いずれもちょっと意識することによって対策が立てられそうなものだ。
例えば、糖質の取りすぎなら糖質OFFのビールを飲めば良いし、アルコールの分解については適量に抑えておけば特に問題は無い。睡眠の質に関しても同じことが言える。おつまみに関しては枝豆にしておこう。タバコも我慢できる範囲内だろう。

ビールでハゲが改善するかもしれない?

次はビールがもたらしてくれる育毛効果について検証していきたいと思う。具体的には次のようなメリットが想定される。

血行が良くなる

お酒を飲むと血行が良くなるのは誰もが知っている通り。ビールだって立派なお酒のひとつ。血行がよくなれば頭皮にたくさんの栄養が行き渡るようになるし、内臓機能そのものが元気になることもある。特に運動習慣を持たない人にとっては血行が良くなる場面というのはかなり限られてくるので、ビールで血行が良くなる時間帯を設けるのは決して悪いことではないだろう。

ストレスの発散に良い

適度な範囲内であれば、ビールを飲むことでストレスが解消できる。アルコールそのものにそのような働きがあるのはもちろんだが、ビールの持つ炭酸がストレスを発散してくれる、という意見もある。また、今日1日の仕事が終わったことを体に教えるための儀式、という意味でもビールによるストレス発散効果が期待できるだろう。

利尿作用によるデトックス効果

お酒を飲むとトイレが近くなる。トイレが近いということはその分だけたくさんの尿を排泄していることになる。当然中には老廃物や毒素などが含まれているので、デトックス効果は高いと考えられる。ただし、排泄した分だけ水分も失われているので、しっかりと水分補給を心がけたい。

ホップに女性ホルモンとよく似た成分が!

これはかなり注目したいビールのポイントのひとつなのだが、ビールの原料であるホップには「フィストロゲン」という女性ホルモンとよく似た働きを持つ成分が含まれている。これによって薄毛や抜け毛の原因となる男性ホルモンの抑制に役立つのではないかという意見もある。

ビールにはビタミンBが豊富に含まれている

糖質やプリン体といった部分に注目が集まりがちだが、ビールには実はビタミンBが豊富に含まれている。具体的にはエネルギー代謝を促進する効果がある。

まとめ

「酒は百薬の長」というが、ビールにも同じことが言えるだろう。確かに、糖質がかなり多いし、人によっては水のように、あるいは水よりもゴクゴク飲んでいることだろう。
ビールに関しては完全に飲み方次第で髪の毛に良いか悪いかが分かれる印象だ。

もちろん自宅で晩酌として飲む機会も多いだろうし、人付き合いで飲まなくてはならない場面だってたくさんあるはず。しかし、飲み過ぎや飲むペース、おつまみに何を選ぶかによって私たちの体に恩恵をもたらしてくれることだってあるだろう。個人的にはビールは1日2本まで、おつまみは枝豆などのヘルシーのものをチョイスするのが良いと思う。
ちなみに、ビールも良いが、ポリフェノールがたっぷりと含まれているワインもなかなかオススメだ。優れた抗酸化作用による抜け毛や薄毛対策に役立ってくれることが知られている。しかしワインの場合だとビールよりもアルコール度数が高いので、より慎重に適量を見極めていく必要があるだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - ハゲ予防の生活習慣と栄養摂取