フサッチ

   

中国古来の生薬「白薬子(びゃくやくし)」は毛母細胞を活性化させることでヘアサイクルを整える育毛成分

中国古来から漢方などで利用されている生薬の1つに「白薬子(びゃくやくし)」というものがある。

これが育毛にも実に効果的なのではないかと期待されている。

白薬子(びゃくやくし)を配合している育毛剤はいくつかあるが、代表的なものとしてはサンスターの「薬用フサラ」が挙げられるだろう。

白薬子(びゃくやくし)の効果

白薬子(びゃくやくし)は「健全なヘアサイクル」を作り上げるサポートをしてくれる育毛成分として開発された。

薄毛や抜け毛に悩む人はヘアサイクルに乱れが生じているケースが圧倒的に多い。

むしろ、ヘアサイクルが乱れているからこそ薄毛や抜け毛が引き起こされている、とも言えるだろう。

正常なヘアサイクルの場合、たっぷりの成長期がある。そのため、髪の毛は太く、しっかり長く成長することができる。
しかし一度でもヘアサイクルが乱れてしまうと、髪の毛が太く、長く成長する前に抜け落ちてしまう。

さらに症状が進行してしまうと、今度は成長そのものが全く無くなる状態、つまりハゲになる。

そこで白薬子(びゃくやくし)が利用される。

白薬子(びゃくやくし)は髪の毛を製造している「毛母細胞」を活性化させる働きを持っている。

毛母細胞が活性化されることで細胞分裂を繰り返し、その結果髪の毛が成長する、という形になる。

他の育毛成分と組み合わせてもOK

このように、白薬子(びゃくやくし)はあくまでも毛母細胞を活性化させることを主眼においた育毛成分になる。

となると、従来から使われている育毛剤の成分…例えば血行促進効果だったり、男性ホルモンの抑制効果だったり…と言ったものとの組み合わせも効果が期待できるだろう。

白薬子(びゃくやくし)が毛母細胞を活性化させることによって髪の毛が成長しやすい状態になる。

そこに血行促進効果のある育毛剤を組み合わせることでより効率良く栄養を送り込み、さらに毛母細胞の細胞分裂を促すことができる、といった具合だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - 育毛に良いとされる成分について解説していくぜ