フサッチ

   

唾液に含まれるシアル酸が育毛を促す!

・動物の唾液に含まれるシアル酸がIGF-1を増加させて育毛効果を高める

動物の唾液の中には「シアル酸」という物質が含まれている。
このシアル酸は細胞の情報伝達をスムーズに行うための受容体としての役割を果たしている。それだけではなく、ウイルスによる感染予防、発ガンの抑制、美肌効果、ホルモン分泌のバランス調整といった役割も持っている。

小難しいことは置いておいて、要するに、私たちが健康的な生活を送るためには必要不可欠だということだ。
で、どうしてシアル酸が大事なのかというと、育毛と深い関係にある【IGF-1】を増やす働きがあることが研究の結果、分かったからだ。

名古屋大大学院の岡嶋研二教授と原田直明准教授が「牛に頭をなめさせると毛が生える」という古い言い伝えを研究したところ「どうやら牛の唾液にたっぷり含まれるシアル酸が育毛に良さそうだ」ということが分かったらしい。実験ではおよそ半年くらいで育毛効果がみられるケースが多く、女性の場合だと肌の弾力もアップした、という報告も。なんとも嬉しい効果ではないか。

【IGF-1とは?】

IGF-1とはインスリンの一種。よく耳にする、食事を吸収して得られた糖をエネルギーに変えるインスリンとはまた違う種類。具体的には育毛効果、アンチエイジングによる美肌効果、生活習慣病対策効果、抗うつ採用、さらには認知症の改善にも効果が期待されている。

シアル酸はどうやって補給する?

では肝心のシアル酸をどうやって取り入れるべきなのか。わざわざ牧場まで足を運んで牛に頭をなめさせるのは現実的ではない。やはり手っ取り早いのはサプリメントだろう。シアル酸を配合しているサプリメントがいくつか販売されているので、これらを日常生活の中に取り入れることで恒常的にシアル酸を摂取することができ、IGF-1の増加が期待できる。

そのほかにも食品からシアル酸を補給する方法もある。例えばローヤルゼリーに豊富に含まれているし、中華料理の高級食材として知られている「ツバメの巣」には驚くほどたくさんのシアル酸が含まれていることで有名だ。

と言っても、これらの高級食材を毎日食べ続けるのはあまり現実的ではない。卵にも含まれているがこちらは微々たるものなのであまり期待はできないだろう。

結果的にサプリメントで補給するのが最も現実的かつ効果的だといえそうだ。

■ドライマウスはハゲやすい?

シアル酸は動物の唾液に多く含まれていると紹介した。もちろん私たち人間の唾液にも豊富に含まれている。つまり、唾液の分泌量が少ない人…いわゆるドライマウスはハゲやすいことになるだろう。

人間の唾液には100gあたり5mgのシアル酸が含まれているとされる。もちろん、量としてはそこまで多いわけではないが、食事のたびに補給できる、と考えると悪くない。できるだけ唾液をたくさん出せる生活習慣を意識したいところだ。

手っ取り早いのは「よく咀嚼すること」だろう。咀嚼を繰り返すことで唾液の分泌が促されるし、よく噛んで食べる習慣を身につければそうでない人と比べて唾液の量が増えることが分かっている。

ちなみに咀嚼運動は頭部に血液を循環させるのにも1役買ってくれる。そう考えると、あらゆる面から育毛に良い効果を与えてくれると判断できるだろう。

あまり咀嚼する習慣がない、食が細い、と言った人はガムを噛むようにしてみてはいかがだろうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - 育毛に良いとされる成分について解説していくぜ