フサッチ

   

トウガラシチンキは育毛目的以外でも大活躍の医薬部外品成分で様々な効果で育毛をサポートしてくれる

トウガラシチンキは名前の通り「トウガラシ」から抽出された液体のこと。

もちろんなめると相当な辛さがあり、皮膚に触れるとそれなりの刺激を感じる。

しかし、その優れた効果から、育毛を始め、様々な用途に用いられている「医薬部外品成分」だったりする。
今回はトウガラシチンキについて紹介していく。

トウガラシチンキの育毛効果

トウガラシチンキには大きく分けると5種類の育毛効果が含まれている。

代謝促進効果

トウガラシチンキを育毛剤として塗布すると、頭皮の代謝促進効果が期待できる。
もちろんこの頭皮、というのは毛穴なども含まれている。
これによって、血液から栄養を受け取った髪の毛がどんどん成長する、というわけだ。

抗炎症作用

トウガラシチンキには炎症を抑え、健康的な頭皮環境を作り上げる効果がある。
頭皮が元気でないことには育毛ができるはずもないだろう。
例えばフケやかゆみなどで悩まされている人もトウガラシチンキが有効になってくる。

血管拡張効果

育毛に必要な血液を流しているのは血管の仕事。しかし血管は生活習慣の乱れだったり、加齢だったりで細くなったり、柔軟性が損なわれてしまう。トウガラシチンキを育毛剤として使用すると血管が拡張され、よりスムーズな血液の巡りが期待できるようになる。

血行促進効果

内容としては上記した「血管拡張効果」と共通している部分もあるのだが、トウガラシチンキを使用すると頭皮の血行状態を改善できる。
薄毛に悩む人は頭皮の血行状態が悪いことが多く、これを改善することで髪の毛に元気が戻る。

鎮痛作用

直接的に育毛に関係があるわけではないが、トウガラシチンキは優れた鎮痛効果を持つことでも知られている。
例えば痛み止めとしての湿布などにも配合されている。
実はこの鎮痛作用は頭皮を守るために有効だったりする。

例えば炎症が起きていて、頭皮にかゆみがあったら、ついつい爪を立てて掻いてしまうだろう。
すると傷がついてそこに雑菌などが入り込み、さらに減少がひどくなる悪循環が生まれる可能性がある。トウガラシチンキによって鎮痛作用が生まれるとかゆみも抑えられるのでこれを防げる。

トウガラシチンキを配合している育毛グッズ

ハツモール
薬用紫電改
サクセス
ハーブ加美乃素
ドクターボーテムシャンプー
など他多数

副作用のリスクが若干あり

基本的に副作用のないトウガラシチンキだが、刺激の強い成分であるため、敏感肌の人などはピリピリしたり、痒くなったりすることもある。

なので肌に合わないと思ったら使わないのが一番だろう。

と言っても、育毛剤に配合される場合、大体1%~4%程度の濃度になることが多いため、普通ならほとんど影響を感じないはずだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - 育毛に良いとされる成分について解説していくぜ