フサッチ

   

髪の毛や爪の元となる「ケラチン」を増殖させる食事術

ケラチンは毎日の食生活で元気になる!太くてハリのある髪の毛を目指す!

髪の毛はタンパク質によって構成されていることは広く知られている。しかし、ざっくりとタンパク質と言っても色々な種類がある。実は髪の毛や爪の元となっているタンパク質を「ケラチン」という。

このケラチンは「ケラチノサイト」という細胞が分裂することで生成されている。ケラチノサイトは分裂したあとに硬くなる。だから髪の毛にはコシがあり、爪は丈夫なわけだ。

薄毛や抜け毛に悩む人は髪の毛のコシやハリが損なわれていることが多い。まるで産毛のような髪しか生えない人だってたくさんいるだろう。これは明らかにケラチノサイトの機能が低下して、ケラチンの生成量が減少していることが原因だ。
ということで今回は普段の食生活の中から目指せる、ケラチンを元気にするための食事術を紹介していこうと思う。

ケラチノサイトを元気にする「ポリアミン」

ケラチンの生成をスムーズに行うためにはケラチノサイトを活性化させることが重要だと紹介した。では具体的にどのようなことに気をつければケラチノサイトが元気になるのかというと「ポリアミン」という栄養素が必要になってくる。

実は人間の体には20種類以上ものポリアミンが存在している。つまり、体内で生成できる成分だということだ。しかし、ストレスや乱れた生活習慣が原因で生成量が極端に低下することが分かっている。
例えば長い間ストレスを感じ続けたら爪が割れてしまった経験は無いだろうか。食事自体は今までと全く同じなのに、どうして爪が割れるのか不思議に思う経験はないだろうか。これはポリアミンの働きが低下している証拠。

ポリアミンが多い食べ物は?


ポリアミンを多く含んでいる食べ物は結構多い。そして嬉しい事に吸収率はかなり高い。つまり少し意識するだけで効果が現われやすいということだ。
豊富に含んでいる食べ物には次のようなものが挙げられる。

・大豆発酵食品(納豆や醤油など)
・乳製品発酵食品(チーズやヨーグルトなど)
・キノコ類
・鶏肉

全体的な傾向としては発酵食品に多く含まれていることが分かる。特に大豆発酵食品や乳製品発酵食品はポリアミンと一緒に良質なタンパク質の補給にも役立ってくれるだろう。また肉を食べる時は優先して鶏肉を選ぶようにすると良いかもしれない。

まずはこれらの食品を率先して食事の中に取り入れるようにすること、そしてストレスに弱いケラチノサイトを守るために上手くリラクゼーションを取り入れることも重要になってくるだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - 育毛に良いとされる成分について解説していくぜ