フサッチ

   

成長因子EFGを取り入れて育毛に適した頭皮環境を作り上げる!

・成長因子EFGは肌の細胞分裂を促進させる働きを持っている

育毛業界や美容業界から注目を集めている成分のひとつに「成長因子EFG」というものがある。正直なところ、全然耳慣れない単語だ。

これは肌の表面にあたる細胞の成長を促すタンパク質の一種。発見されたのは1962年…と歴史があるが、一般的に広く知られるようになったのはここ数年の話。もともと火傷や創傷などで負ってしまった「自然には治らない傷」を再生させるために用いられていた。しかし優れた皮膚再生効果が注目されて、最近では育毛や美容にも用いられるようになってきた。

成長因子EFGの効果

それでは具体的な効果についてチェックしていきたいと思う。

新しい細胞を生み出す

先述した通り成長因子EFGは肌の細胞分裂を促す、成長させる働きを持っている。普通には治らない肌の傷をキレイに治すほどなので、その効果は絶大だと言えるだろう。

育毛に用いる場合も有効だ。というのも、抜け毛や薄毛の原因のひとつに頭皮環境の悪さが挙げられる。例えば古い角質が溜まっていたり、新しい細胞を生み出す力が低下している場合が考えられるが、成長因子EFGによりこれを解決できるかもしれない。

肌トラブルを抑える

頭皮の炎症やかゆみ、さらにはフケなどは抜け毛の原因になってしまう。これらを抑える働きも持っている。

成長因子EFGはどうやって取り入れる?

さて肝心の使い方だが、そもそもどうやって成長因子EFGを取り入れることができるのか気になるところだろう。

一般的には化粧品などに配合されていることが多いのだが、ここ数年のうちに育毛剤にも取り入れられることが増えてきた。そのため、成長因子EFG入りの育毛剤を購入すれば簡単に日常の育毛に取り入れられる。

ただひとつ注意したい点が「配合量が多ければいいというわけではない」ことだ。過剰に摂取したとしても、有効活用される数は限られている。そのため必要以上に摂取したり塗布しても効果は変わらないわけだ。ただ単純にコストパフォーマンスが悪くなってしまうだけなので、この点は覚えておきたい。

余計ハゲるリスクもあるのか?

基本的には成長因子EFGは育毛の味方になってくるはずだが、少し興味深い研究結果も出ている。というのは「成長因子EFGを注射することによって毛母細胞の分裂が停止してしまう」という結果報告も上がっているのだ。

実際に羊毛の刈り取り手段のひとつとして成長因子EFGを羊に注射する、という手法もあるらしい。普通はバリカンを使うのだが、注射したタイミングで毛の成長が一旦止まり、抜けやすくなる。このおかげで簡単に採取できるようになるらしい。

厳密な理由などはまだ明らかになっていないし、人間に使った場合の効果についてはまだまだ不明瞭な部分があるらしいので、絶対にハゲるとは言い切れない。育毛にも盛んに使われていることを考えるとあまり心配することはなさそうだが…。

念のため成長因子EFGを使った育毛剤を取り入れる場合は、様子を見ながらの方がいいかもしれない。個人的な見解としては頭皮の環境を整えてくれる効果の方が有益だと考えられるので決して悪くは無い選択だと思うが、体質などによっては逆にハゲてしまうリスクがあるかもしれないので用心に越したことはないだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - 育毛に良いとされる成分について解説していくぜ