フサッチ

   

AGA治療薬として用いられているフィナステリドの効果を知り、使い方をマスターしよう!

フィナステリドは現状最も信頼できるAGA治療薬と言える

薄毛に悩む男性のおよそ8割は男性型脱毛症:AGAだと言われている。

AGAは男性ホルモンによって引き起こされている脱毛症で、どれだけ頭皮のお手入れをしても改善することはできない。

結局のところ、原因となる男性ホルモンをどうにかしないとAGAはいつまでたっても治療できないというわけだ。

そこで現在用いられているAGA治療薬が「フィナステリド」になる。

厳密には、フィナステリドを配合している飲む育毛剤「プロペシア」が国内では最もメジャーた。

今回はフィナステリドについて紹介していこうと思う。

男性ホルモンに働きかける

AGA治療のためにフィナステリドを服用するとどのような効果を得られるのだろうか。
それは「男性ホルモンに働きかける」ことが一番大きい。

AGAの原因となるのはジヒドロテストステロン:DHTという男性ホルモンだ。

これはテストステロンという男性ホルモンと5αリダクターゼという酵素が結合することによって生み出される。

テストステロン自体はメリットが大きい男性ホルモンなのだが、5αリダクターゼによってDHTに変換されてしまい、DHTの血中濃度が高まるとヘアサイクルに乱れが生じる。

結果的に薄毛が起こるというわけだ。

フィナステリドは5αリダクターゼがテストステロンに結びつくのを阻害する働きを持っている。

つまり、ジヒドロテストステロンの生成を抑制できるわけだ。

AGAの原因を減らすことができるので、抜け毛や薄毛の症状をストップさせ、効率良く育毛を進めていけるようになる。

これがフィナステリドの最大の特徴となる。

毎日同じ時間に飲むのが正解!

フィナステリドは基本的には1日1錠服用することが前提となっている。

飲むタイミングについては特に指定はされていない。食前だろうが食後だろうがいつでもOKだ。

ただし注意したいのは「バラバラの時間に飲まないようにする」こと。できれば毎日同じ時間に飲むことが望ましいと言われている。

これはフィナステリドが血中で常に安定した濃度を保ち続けられるようにしたいからだ。

ということで、可能であればフィナステリドを飲む時間は毎日同じタイミングにするのがベストだ。
習慣化させてしまうのが一番いいだろう。

例えば朝食を食べた後に飲むようにする、夕食の前に飲むようにするなど、毎日繰り返している行動とセットで飲む習慣を身につけると無理なく続けられるはずだ。

AGAの症状が進む前に始めたい

フィナステリドを始めるタイミングについてだが、これはできるだけ早い方が良いと言われている。

AGAがある程度進行してしまうと、ヘアサイクルが乱れに乱れて、生き残っている毛根が減ってしまう。

逆に言えば、AGAが進行し始めたばかりなら、毛根が生き残っている可能性が高い。

こういった状況でフィナステリドを服用するようになれば、いち早くヘアサイクルの改善がみられ、短い期間で育毛を実感できるはず。

統計的には、薄毛が気になり始めてから5年から10年以内にフィナステリドを服用し始めた人は育毛効果が早く認められていることも分かっている。

どれくらいのみ続ければいい?

フィナステリドがいくら医薬品に指定されているからといって、飲み始めてすぐに髪の毛が生えてくるわけではない。

個人差はあるものの、平均すると3ヶ月~半年くらいで育毛を実感できるようになり、数年でフサフサな状態まで持っていけるケースが多いらしい。

これは上述した飲み始めるタイミングも関係あるし、体質的な問題も大きいだろう。

ということで一概にどれくらいの期間のみ続ければ良い、とは言えないが、まずは半年を目指して服用してみよう。

ミノキシジルとセットでさらに効果が高まる

フィナステリドの特徴の1つに、ミノキシジルと併用すると相乗効果が生まれてより早く育毛効果が実感できる、という点が挙げられる。

ミノキシジルもまたフィナステリドに並ぶAGA治療薬だ。フィナステリドは男性ホルモンの生成を抑制。

そしてミノキシジルは頭皮の血行状態を劇的に改善する働きがある。相性が良いのは何となくイメージもつくだろう。

実際に多くのクリニックでは、フィナステリドを配合している「プロペシア」とミノキシジルをセットで処方しているようだ。

フィナステリドの副作用は?

フィナステリドの副作用発生率はそこまで高くは無いらしい。しかし、極稀に副作用が見られるようなので注意しておいたほうが良さそうだ。

具体的な副作用としては以下のようなものが挙げられる。

・男性機能の低下
・性欲の低下
・頭痛や吐き気などの体調不良

これらの副作用が発生する割合は5%未満だと言われている。

つまりほとんどの人は副作用の心配はする必要ないということだ。

また万が一副作用が現れた時でも服用を中止することですぐに症状が治まるケースがほとんどらしい。

ただ、もともとフィナステリドは前立腺の治療薬として開発されたもので、現在も用いられている。

なので前立腺系の病気にかかっている人や治療を進めている人はフィナステリドを使用することはできない。

また絶対に未成年、そして女性は口にしてはならないと言われている。それだけホルモンバランスに影響を与える力が強いと言えるだろう。

フィナステリドはどこで手に入る?

フィナステリドは現状市販されてはいない。薬品なので病院で処方してもらう他ない。

多くの病院ではプロペシアを処方している。

ただ、個人輸入を利用することで海外からフィナステリドを配合している育毛剤を購入することができなくもない。

ただし、類似品などのトラブル報告が絶えないし、それなりのリスクがあることは注意しておくべきだろう。

少なくとも初めてフィナステリドを利用する時は病院で受診して処方してもらうことをオススメしたい。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - 育毛に良いとされる成分について解説していくぜ