フサッチ

   

ハゲの初期症状がみられたら実践したい育毛方法・対策法

guard-advance
ハゲの初期症状に気付いたらすぐに育毛にとりかかれば高い改善率が期待できる
ハゲの初期段階に気づくことができれば、できるだけ早く対策を取るようにしたい。そうすることで薄毛改善率が高まるのは間違いないだろう。

ハゲの段階をチェックしてみると、次のような段階を踏んでいることが分かる。

    1.ヘアサイクルが乱れ始める
    2.髪の毛が十分に成長しない
    3.抜け毛が増えたり細い髪の毛しか生えなくなってくる
    4.徐々に頭皮がハッキリと見えるようになってくる
    5.順調に進行していけばハゲる

ということで、まずは自分が今どの段階にあるのか、そしてどの段階にいるのかが分かったら具体的にどういった対策を取るべきなのかをチェックしていこう。

ヘアサイクルの乱れの原因と対策方法

ハゲ初期症状のひとつである「ヘアサイクルの乱れ」は、なかなか気づくことができない。むしろ普通に生活しているだけではまず気づくことは無いだろう。

ということで、現状自分のヘアサイクルが乱れているかどうかは簡単に判断するのは難しい。となると、有効な手段になってくるのは「ハゲ予防」になる。具体的には、生活習慣の改善、育毛シャンプーの使用、育毛サプリメントによる身体の内側からの対策が有効になる。

ヘアサイクルが見られる原因というのは実に様々だ。代表的なものとして以下のようなものが挙げられる。

食生活の乱れ
栄養バランスの悪い食事を続けているとヘアサイクルが乱れることが多い。野菜を中心に、ビタミン、ミネラル、タンパク質をしっかりと摂取できる食生活を強く意識するのが最も有効な対策方法。
ストレス
仕事などで慢性的なストレスを感じていると交感神経がずっと優位な状態になってしまい、血管が収縮してヘアサイクルが乱れ始める。上手くストレスを発散できていない人は注意が必要だ。

短期間に一気に抜け毛が増えていきなりハゲてしまった。そんなことはまずありえない。短期集中的に強力なストレスがかかる続けると割と短い期間で脱毛してしまう病気はあるが、それだって一瞬のうちに抜けるわけではない。

ローマは1日にしてならず、という言葉があるが「ハゲは1日にしてならず」とも言えるだろう。つまり、きちんと初期症状があるわけだ。この最初の段階をしっかりと見極めることができ、なおかつ適切に対処することができればハゲの進行を止められる。

睡眠不足
私たちは寝ている間に成長ホルモンを大量に分泌して傷ついた細胞を修復したり、待望の成長を促している。睡眠時間が短い=成長ホルモンの分泌量が少ないことになるので、どうしてもヘアサイクルが乱れがち。また睡眠不足はストレスに弱い体質を作ってしまうので注意。

これらの他にも、シャンプーの刺激が強すぎたり、1日に何回もシャワーを浴びたり、ワックスをつけたまま寝てしまったりなど色々と頭皮に負担を掛けてしまうことがヘアサイクルの乱れに繋がることもある。

要するに、健康的な生活を送ることがヘアサイクルを整える最善の方法だと言えるだろう。育毛剤や育毛サプリ、育毛シャンプーはこれらをサポートしてくれるアイテムだと認識しよう。

髪の毛が抜け始めたときの原因と対策

taisaku
髪の毛が抜け始めたかどうか気づくことができるかは結構運の要素が関わってくるだろう。普段から髪の毛をいじることが多かったり、育毛などに興味・関心がある人なら割と早い段階で気づけるが、周囲から指摘されて初めて気が付いた、というケースだとこの段階をすでに通り過ぎてしまっている可能性もある。

抜け毛が増える、というのは体感的にはいまいち分かりづらい部分もある。健康な人でも1日あたりおよそ100本くらいの抜け毛があることを考えると、意識して数えると正常な範囲内だとしても「うわこんなにたくさん抜けているのか!ハゲ始めてる!?」と不安になるかもしれない。

確かにヘアサイクルが乱れることによって一時的に抜け毛が増大することもある。例えば季節的な問題もあるし、新生活を始めたばかりの頃はストレスがかかりがちなのでこのシーズンも抜け毛が起こりやすい。

具体的には、1ヶ月以上抜け毛が増えていると感じた場合はこの段階にあると考えるようにしてみよう。

抜け毛の形はどうなっている?

また有力なチェック方法のひとつとして抜け毛の状態を確認するのもオススメだ。
一般的な抜け毛の毛根部分はマッチ棒のように楕円形になっているが、これがいびつな形になっていたり、極端に小さくなっていた場合もヘアサイクルに乱れが生じている、つまりハゲのサインだと判断して良い。

健康的な、正常な抜け毛ならマッチ棒のような形になっているはず。もしも抜け毛をチェックしたときに、マッチ棒のような形をしていなかったら初期症状が現われ始めているものだと理解しよう。

もしも毛根部分がいびつな形になっていたり、極端に小さかったりする場合はヘアサイクルが乱れているサインだと考えよう。

具体的な対策方法の手順としては以下のようなものが挙げられる。

おすすめの対策方法はこれだ!

1.生活習慣の改善

先述した通り、食生活や生活リズムなどを中心に生活習慣の見直しを始める。

2.育毛シャンプーの利用

大体3ヶ月~6ヶ月くらいを目安に試してみるのをオススメする。育毛シャンプーを使用することで抜け毛が起こらなくなる、あるいは髪の毛が生えてくる、ということはあまりないだろう。もちろん、今まで使っていたシャンプーが強すぎたために抜け毛が起こっている場合はこれだけで改善されるだろうが。そもそもの目的としてはシャンプーによる頭皮への負担を軽減することだということを忘れてはいけない。

3.育毛サプリの利用

育毛サプリを使用することによって体の内側から髪の毛が生えやすい、あるいは髪の毛が抜けにくい体質を作り上げられるようになる。育毛サプリを飲むことで抜け毛がストップした場合は、単純に食生活が悪かった、ということが証明されるだろう。育毛サプリに関しては育毛を意識するのならずっと飲み続けても良いレベル。しかし、食生活をしっかりと改善させられるのなら、わざわざ高価な育毛サプリを購入する必要は無いだろう。

4.育毛剤の利用

育毛剤を使ったからといって髪の毛が生えてくるとは限らない。例えば、頭皮が乾燥しがちだったり、何となく皮脂の分泌量が多いように感じられる、そういった時にそれぞれに効果のある育毛剤を利用するのは効果的。

私たちは育毛剤をまるで医薬品のように、使えば必ず髪の毛が生えてくる、というイメージで使っているが、どちらかというと女性が使う基礎化粧品(化粧水や美容液、乳液など)のような感覚で利用するのが正解だろう。

本当に育毛効果、発毛効果があると認められているのはプロペシアとミノキシジルくらいのものだ。

ちなみに市販されている育毛剤と、プロペシアやミノキシジルは併用しても大丈夫なことが多い。そう考えると、頭皮に潤いを持たせるなどの目的で育毛剤を使い続けるのは有効だ。

薄毛には4つのタイプがある

明らかに前よりも髪の毛が薄くなってきたと実感できる場合は、かなりハゲの進行度が高まっていると考えよう。

薄くなってきたチェック項目としては以下のようなものが挙げられる。ひとつでも当てはまる場合は注意だ。

    ・髪の毛の生え際が薄くなってきている、あるいはおでこが広くなったように感じる
    ・以前よりも髪の毛全体が薄くなってきたように感じる
    ・髪の毛の分け目がハッキリと見えるような気がする
    ・髪の毛の間から頭皮が見えている
    ・頭頂部が薄くなってきている
    ・以前のように髪型が決まらなくなった

ちなみに、薄毛には大きく分けると4つのタイプがある。

M字型:生え際からハゲる
O字型:頭頂部からハゲる
M・O字型:生え際と頭頂部から同時にハゲる
全体型:男性にはあまり多く見られないが髪の毛全体が薄くなっていく

これまで有効だった対策方法である、育毛シャンプー、育毛サプリ、育毛剤はこのレベルまで来るとあまり効果を実感できなくなってくるかもしれない。というのも、あくまでもマイナス要素を減らすことがこれらのアイテムの目的であり、プラス要素を加えられる商品はほとんどないからだ。

例えば育毛サプリの場合だと、体の内側から働きかけることで抜けにくい髪の毛を作っていくのが目的だったりするわけだが、このレベルまでハゲが進行してしまうと、これだけでは足りないことも珍しくない。育毛シャンプー、育毛剤も同じ。

となってくると、これらの商品を複合的に利用していく、あるいはそろそろプロペシアやミノキシジルといった医薬品タイプの育毛剤の利用を検討することが求められる。

誰がどう見てもハゲてしまった時はAGA治療するのが吉

hageru
最終段階とも言える、誰がどこからどう見ても「ハゲている」と思えるような状態まで行ってしまったら、どういった対策を取ればいいのかちょっとした絶望感を味わうかもしれない。ちなみに、この時点まで来てしまったら、育毛剤や育毛サプリだけで育毛を目指すのはまず不可能だ。

やはり必要となってくるのはプロペシア、ミノキシジルになってくる。

正直、生活習慣の乱れだったり、食生活の乱れレベルでは完全なハゲはできない。このレベルだと男性型脱毛症:AGAである可能性が極めて高いだろう。

このAGAは男性ホルモンによって引き起こされている脱毛症なわけだから、医薬品で男性ホルモンをコントロールしてあげないことには解決しない。

ベストな選択肢はAGAクリニックで相談すること

ということで、AGA治療を行っている皮膚科、あるいはヘアクリニックに相談して適切な治療を受けるのが最も有効な手段となってくるだろう。もちろん近くにそういった病院がない場合は普通の皮膚科でも大丈夫。全面的に宣伝していないだけで、実はきちんと治療を行っているというところも多いので、多少緊張するかもしれないが電話で確認してみたほうが良いかもしれない。

だが、高額費用なのがネック

ただし、育毛の治療は「自由診療」に該当するものなので保険が適用されない。つまり、それなりの費用は覚悟する必要がある。また、プロペシア、ミノキシジルともに多少なり副作用があることが報告されている。特にミノキシジルの副作用は血圧系の薬を飲んでいる人にとってかなり相性が悪いので、利用できないことも結構多いようだ。その場合もやはり医師の指示に従って服用する必要がある。

まとめ

このようにハゲの段階別で適切な対処方法というのは異なってくる。もちろん、かなり初期の状態から病院に相談してプロペシアやミノキシジルを処方してもらうのもひとつの手ではある。しかし、生活習慣を見直すだけで、食生活を改善するだけでハゲ進行がストップする可能性だってあるわけだ。

もちろんここで紹介した通りに必ずしも実践する必要はない。最初から病院に通うのもあなたの自由。

しかし、少なくとも前の段階のときに実践するべきだった対処方法を取り入れても手遅れになっていることは覚えておいて欲しい。例えば、しっかりとハゲているのに今更生活習慣をかえるだけで若い頃のようにフサフサの髪を手に入れられると考えているのならそれは「甘い」としか言いようがない。

ハゲ対策は初期症状が見られた時にできるだけ早めに手を打った方が良い、と言っているのはこういった理由があるからだ。早ければ早いほど取れる対策方法もたくさんある。もちろん現れる効果だって随分と違ってくるだろう。そのためにも、まずは自分自身の今の状態を正確に把握することが最優先になってくる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - 見逃すな!これがハゲる前触れ・予兆だ!