フサッチ

   

頭皮に赤みが出ているのは薄毛サインのひとつ!血行不良や新陳代謝の低下が懸念される

時には頭皮の色もチェックして薄毛リスクを確認しておこう

ハゲの人や薄毛が進行中の人には色々な特徴が見られる。そのひとつとして「頭皮の色が悪い」という点が挙げられる。

薄毛やハゲの前兆として髪の毛が細くなったり、抜け毛が増えたり、頭皮が硬くなったり…といったものが挙げられるが、意外と見落としがちなのが頭皮の色だったりする。気になる人は家族や友人などに見てもらうか、あるいは鏡やデジカメなどを使って頭皮の色を一度確認してみると良いだろう。

もしも青白い色をしている場合、特に問題は無い。しかし、赤かったり、赤茶けた色をしている場合は注意する必要があるだろう。

何となくイメージとしては白かったり、青白かったりすると「血行が悪いのでは?」というイメージがあるかもしれない。逆に赤いと「血行が良いのでは?」とイメージするのは分かる。しかし頭皮に関して言えば必ずしもそうとは限らない。

血行が悪くなっていることによって頭皮が赤くなるケースは多いし、赤茶けているならまず間違いなく血行が悪い、代謝が落ちていることを示している。これを漢方では「於血(おけつ)」という。

もともと血管は全身に張り巡らされているが、必ずしも全てをカバーしているわけではない。まして皮膚に巡っている血管はいわゆる毛細血管と呼ばれる非常に細いものだ。多少結構が良くなったからといって皮膚に赤みが差すことはほとんど無い。激しい運動をした後や、お酒を飲んだ時くらいのものだと思って良いだろう。

逆に言えば、お酒も飲んでいない強い特に運動もしていないときに頭皮が赤いと「於血(おけつ)」状態が懸念される。

血液の流れが悪くなればその分細胞が受け取る栄養の量が少なくなってしまうので、当然代謝が低下することになる。すると老化した皮膚はいつまでも残り続け、新しい細胞が生まれてこないので次第に赤茶けて来るわけだ。

慢性的に続いてしまうと、頭皮はドンドン固くなっていく。

頭皮が硬くなるとそれに伴って血管も硬くなり、さらに血行が悪くなってくるので、悪循環が続いてしまうことになりかねない。さらにはフケが多く出てくるようになったり、皮脂による角栓ができて毛穴が詰まってそこから炎症が起こることもある。要するに抜け毛リスクが高まるわけだ。

そう言ったときは、頭皮マッサージを行ったり、適度な運動を行うことで全身の血行を良くしてあげるのが効果的だ。もちろんビタミンEなどの血管を丈夫にして血液の流れを良くしてくれる栄養素を積極的に毎日の食事の中から摂取できるように心がけるのも重要。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - 見逃すな!これがハゲる前触れ・予兆だ!