フサッチ

   

コンディショナーは頭皮に付けると薄毛の原因に!?正しい使用方法とは?


コンディショナー、頭皮につけてない?

世の中には、コンディショナーの正しい使い方を知らずに使っているヤツが多いようだな?
正しい使い方を知らないで、にコンディショナーを頭皮につけるとフケや痒み・薄毛の原因になりかねないぞ。
コンディショナーは、シャンプーとは使い方が違うんだぞ。
コンディショナーの効能を知って、正しく使うことが大事なんだぜ。

コンディショナーにはどんな成分含まれているの?


市販のコンディショナーに含まれている成分を見ていくぞ。

合成界面活性剤

合成界面活性剤というのは、ステアリルアルコールやセタノールのことを指すんだ。水とのような混ざり合わないものどうしを混ぜ合わせるために使う成分のことだ。

合成化学物質

これはヘアコンディショニング剤として使われるビスアミノプロピルジメチコンとベヘントリモニウムメトサルフェートのことだ。髪の毛のギシギシ感をなくしてくれる優れものだぜ。

アルコール類

ベンジルアルコールなどを指す成分のことだ。知っているとは思うが、アルコールには殺菌成分が含まれているんだ。コンディショナーした後にサッパリ感は、この成分のおかげってことだ。

なぜ頭皮につけちゃダメなの?


さっき説明したコンディショナーの成分は、コンディショナーの効能を高める大事なものだ。
だが、頭皮についてしまうと様々なトラブルを引き起こすということを知っておかなきゃダメだぞ。
合成界面活性剤のセタノールは、旧厚労省が体に害があると認めた成分なんだ。頭皮につくと、皮膚トラブルや発癌の恐れがある危険なものなんだぞ。

また、アルコール類のベンジルアルコールは、多くのアレルギー反応の報告があった危険性の高い成分なんだ。アルコールに過敏なヤツは注意が必要だ。
それだけじゃない。コンディショナーの油分が頭皮に残ったら、毛穴に皮脂が詰まったり、痒みやフケ・臭い・薄毛の原因になるんだぜ。
トラブルを引き起こす前に、正しい使い方をチェックしようぜ。

正しいコンディショナーの使い方は?

コンディショナーは、頭皮のケアをする目的のシャンプーと違って、髪の毛の表面をコーティングすることで痛みから守ってくれるんだ。正しい使い方を説明するぞ。

シャンプー後、水分を適度に取り除く

コンディショナーの成分が水で流れると、効果が薄まるぞ。

コンディショナーを両手で広げて、紙の中間から毛先に向かってなじませる

2,3回に分けてやると効果的だぜ。特に毛先は傷みやすいから、多めになじませるといいぜ。

時間を置かずに、すぐにしっかりすすぐ

コンディショナーは髪のコーティング剤だから、時間を置いても意味がないんだぜ。なじませたら、すぐに洗い流そうぜ。頭皮に成分が残らないように、しっかりと洗い流すことが大事だぞ。

特に女性のトラブルが多いぞ

コンディショナーによるトラブルは、女性のほうが多いみたいだな。なぜなら、女性は男性と違って髪の毛の長い人が多いから、コンディショナー後のすすぎが不十分になりがちなんだぜ。
それにロングヘアーの人はコンディショナーをつける量が多くなるのも原因のひとつだな。

十分に洗い流さないと、頭皮にコンディショナーの成分が残って油分が毛穴をふさいで、酸化して頭皮の炎症を引き起こすんだぜ。
それと同時に、毛穴が詰まると生えてくるはずの新しい髪の毛が生えてこないで、薄毛や抜け毛になる可能性も高くなる
頭皮や髪の毛の悩みを抱えている女性は、コンディショナーの使い方を見直したほうがいいかもしれないな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - 頭皮環境を良くするために育毛シャンプーで予防