フサッチ

   

養毛剤と育毛剤、何が違うの?

養毛剤と育毛剤の違いは結構あやふや

養毛剤と育毛剤のちがいは?

薄毛、抜け毛、ハゲ対策として育毛剤の購入を検討している人はたくさんいる。そして同時に養毛剤の利用を考えている人も多いようだ。そこで気になるのが「育毛剤と養毛剤の違いが分からない」ということ。そこで今回はこれらの違いについて考えてみたいと思う。

まず、育毛剤というのは名前の通り「髪の毛を育てること」を目的としている。一方の養毛剤は「髪の毛を養うこと」が目的だ。何が違うのかというと、正直なところほとんど違いはないだろう。

商品によってかなり内容にばらつきはあるものの、育毛剤、養毛剤のいずれも「毛母細胞を活性化させる」「頭皮の血行を良くする」「頭皮の清潔を保つ」といったことに主眼をおいた成分を配合しているのが分かる。つまり、髪の毛が成長しやすい頭皮状態を作り上げることがこれらの目的だということになるだろう。

医薬部外品、化粧品の違い

やはり商品によって異なるのだが、全体的な傾向を見てみると「育毛剤:医薬部外品」「養毛剤:化粧品」に分類されていることが多いように感じられる。

これは使用されている成分に違いがあることを証明している。例えば、国内だけでなく世界的にも効果が認められているプロペシアやミノキシジルといった育毛剤は「医薬品」に分類される。

医薬品ではないけれど、特定の症状に対して効果を発揮できる可能性がある、見込みがある成分を使用しているものは「医薬部外品」に分類される。
そして医薬部外品の成分として認定されているわけではないが、各メーカーが研究した成分が使用されているのが「化粧品」になる。

もちろん効果の高さで言えば、医薬品>医薬部外品>化粧品の順になるだろう。
そう考えると、養毛剤よりは育毛剤の方が幾らか期待できる、と判断することもできるだろう。

結局どちらを使うべき?

ということで、結論では「養毛剤よりは育毛剤の方が高価が期待できるかもしれない」となる。
しかし、個人的には育毛剤の効果に対しても懐疑的な部分がある。例えばプロペシアやミノキシジルに関して言えば、これは間違いなく発毛効果があるだろう。それは分かる。しかし、医薬部外品に指定されている成分は確実性に欠けるし、実際に日本皮膚科学会が発表している「育毛成分ガイドライン」を見ても評価が非常に低い。

医薬品のような副作用のリスクはとても低いと予想されるが、効果の高さで言えば育毛剤も養毛剤もさほど変わらないのでは…と私は考えている。
もちろん頭皮に潤いを与える、消炎作用で頭皮の状態を整える、という効果は期待できると思う。しかしこれらを使っているだけでは発毛につなげるのは難しいだろうというのが私の意見だ。

結局のところ、生活習慣、生活リズム、食生活、運動習慣、頭皮マッサージといったもののファクターのひとつとして育毛剤や養毛剤を取り入れるくらいの気持ちでいるのがちょうど良いと思う。過度な期待は避けるべきだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - 育毛剤の疑問に答えてやる