フサッチ

   

プロペシアのジェネリック品「フィンペシア」に使われるキノリンイエローに注意!

キノリンイエローはタールの一種で国内では食品に使用することが禁じられている発癌性物質

発癌性物質キノリンイエローでがんリスク高まる?!

プロペシアを使ったAGA治療を行っているとそれなりに費用がかさんでくる。そのため、海外から個人輸入などでプロペシアのジェネリック品を購入している人が少なくない。中でも代表的なのはプロペシアと同じ「フィナステリド」を有効成分としたジェネリック品「フィンペシア」ではないだろうか。
フィンペシアばプロペシアと全く同じフィナステリドの配合量となっており、使い方などもプロペシアと同じでOK。要するに、値段が安くなったプロペシアのような感覚で利用できると多くの人から評判を得ている。

しかし、このフィンペシアを利用する際に注意したい点がひとつある。それが「キノリンイエロー」だ。
キノリンイエローという言葉を耳にしたことがある、という人もがよっぽど珍しいだろう。普通に生活しているだけではまず耳にすることすらない。
名前だけ聞くと「着色料かな?」と思うかもしれないが、こちらは医薬品のコーティング剤になる。

キノリンイエローの問題点

ではこのキノリンイエローの何が問題なのか、というと「発癌性物質である可能性が高い」と注意されているからだ。ちなみに日本国内ではキノリンイエローを食品として使用することが禁止されている。アメリカやヨーロッパ諸国では特に禁止されているわけではなく、許可された食品ではあるのだが…。それでも日本では使用を禁止されている成分だと考えると、気軽に使える、とは言いがたいだろう。

理由としては先述した通り発癌性物質の可能性が高いから。もちろんキノリンイエローを口にしたからといってすぐに発癌するわけではないだろうが、フィンペシアは毎日継続して飲み続けることが前提となっている医薬品だ。用心に越したことは無いだろう。
ちなみにこのフィンペシアのキノリンイエローの危険性は世界的にも広まりつつあるようだ。その影響を受けてか、プロペシアやフィンペシアと同じような内容の医薬品で「キノリンイエローフリー」を前面に押し出している商品もたくさん登場している。

別にキノリンイエローなんてどうでもいい、と思うのなら気にしなくても良いだろうが、気になる人はキノリンイエローフリーのジェネリック品を選ぶのが良いだろう。

プロペシアの値段が高いためフィンペシアをはじめとしたジェネリック品に手を出す人が多いが、このような普通に購入しているだけでは気づかないような部分も少なからず存在している。そのため、特に個人輸入で育毛剤を購入する際には、どういった成分が含まれているのか、その成分に問題は無いのか、といった点をしっかりと調べておいた方が良いだろう。もし仮に、個人輸入して購入した物で深刻な副作用が現れたとしても「そもそもこの医薬品は日本では認められていない」「完全に自己責任」と言われるのがオチだ。それが怖いならおとなしく国内で流通している医薬品を選ぶべきだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - 育毛剤の疑問に答えてやる