フサッチ

   

育毛剤も関係ある!医薬品の種類について把握しよう

医薬品の種類ってどんなものがある?

医薬品と育毛の関係性

医薬品と言えばドラッグストアに売られているものや、病院や薬局で処方されている。
知っている人は知っている、知らない人は知らない。医薬品には大きく分けて3つの種類が存在している。

それぞれがどのように種類分けされているのか、というところまではなかなか知っている人はいないだろう。ということで今回は育毛剤とも関係のある、医薬品の種類について紹介していきたいと思う。

まず、2009年6月に「薬事法の改正」が行われた。これによって、薬剤師がいればドラッグストアでも販売できる医薬品、逆に薬剤師がいないと販売することができない医薬品といったものが明確になった。分類は以下の通り。

第1類医薬品

こちらはリスクが高いとされる医薬品になる。薬剤師がいないと販売することはできない。育毛剤で言えば、リアップがこれに該当する。有効成分のミノキシジルが理由だろう。

第2類医薬品

リスクが高いが、第1類ほどではない、と判断されるものがこれに分類される。薬剤師もしくは登録販売者が在中しているときは販売することが許される。

第3類医薬品

リスクが少ないと判断された医薬品がこれにあたる。販売するためにはやはり薬剤師、登録販売者のいずれかが在中していなくてはならない。
これまではいずれの医薬品も薬剤師がいなくては販売してはいけなかったのだが、第1類以外なら登録販売者がいれば販売しても良い、という形になった。これは大きい。

で、今回どうしてこの医薬品の種類を取上げたのかというと、結局のところ育毛剤にしても第1類医薬品の方が効果が高い、ということを紹介したかったからだ。

そして現在市販されている育毛剤のほとんどは医薬品ですらない。医薬部外品、もしくは化粧品に分類されていることをご存知だろうか。そう考えると、医薬品でもないのに異常なほど値段が高い育毛剤の価値が疑われてくる。医薬品のように効果が証明されているわけでもないのに、1本当たり数万円以上のもの値段がついている育毛剤に果して本当に価値はあるだろうか。それを今一度考え直してみて欲しい。

もちろん、医薬品じゃないからといって絶対に効果がみられない育毛剤、と決め付けるのは早計かもしれない。こういった点をよく考えた上で育毛剤選びをしたいものだ。もしすでに育毛剤を使っているなら、どれに分類されているか確認してみよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - 育毛剤の疑問に答えてやる