フサッチ

   

AGA治療成分「フィナステリド」と「デュタステリド」の違いはなんだ?

フィナステリドとデュタステリドのどちらを選ぶのがベストか?

国内でも有名な飲む育毛剤「プロペシア」。これは有効成分「フィナステリド」を配合したAGA治療薬だ。日本だけでなく、アメリカ食品医薬品局からもAGA治療薬として認められており、全世界のハゲの救世主として君臨し続けている。
そしてこのフィナステリドと非常によく似た働きを持つ、やはりAGA治療に効果がある成分として「デュタステリド」というものがある。あまり耳にしたことは無いかもしれない。

フィナステリドを使用している育毛剤

プロペシア
フィンペシア
プロスカー
フィンカー

などが挙げられる。

デュタステリドを配合している育毛剤

アボダート
デュタス

が挙げられる。

人によっては全く耳にしたことがないかもしれない。
というわけで、今回はフィナステリドとデュタステリドの違いに焦点を当てて紹介していきたいと思う。

フィナステリドとデュタステリドの効果

まずはそれぞれの効果について確認していきたいと思う。どちらも共通しているのは「5αリダクターゼ」という酵素の働きを阻害する機能を持ち合わせている。

【AGAの仕組み】

そもそもAGAの仕組みというのは、テストステロンという男性ホルモンと5αリダクターゼが結びつくことによってジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンを生成してしまうことにある。このDHTの血中濃度が高まると毛乳頭を収縮させてしまい、結果的に髪の毛の成長がストップしてハゲてしまうというわけだ。だからこそAGAは男性ホルモンによって引き起こされるハゲと言われていることになる。

で、フィナステリド、デュタステリドの両者はもともと前立腺肥大の薬として開発されたものだ。前立腺肥大の原因もまたDHTにある。つまり、そもそもはどちらもAGA治療薬として作られたものではない、ということ。それが今では立派なAGA治療薬として世界中で使われているのだから面白い話だ。
話が若干それてしまったが、フィナステリドとデュタステリドは働きかける5αリダクターゼの種類が違う。

私たちにとってなじみの深いフィナステリドは2型5αリダクターゼに強く働きかける。一方のデュタステリドは1型・2型の2つの5αリダクターゼに働きかける。つまり、性能だけ見てみればデュタステリドの方がフィナステリドよりも高性能だと言えるだろう。
1型5αリダクターゼは皮脂腺に多く存在しており、ニキビができやすい人に多いとされる。2型5αリダクターゼは毛乳頭に多く存在していて、体毛が濃い人、ヒゲが濃い人に多いとされる。
ハゲと直接的に関係が濃いと言われているのは2型のほうだが、1型も少なからず影響しているだろうという予想が今のところ濃厚。

フィナステリドとデュタステリドの効果の比較

アメリカ食品医薬品局からもAGA治療効果が認められているフィナステリドだが、実は臨床データではデュタステリドの方が良い成績を残している。フィナステリドよりも33%の効果が認められ、総合しておよそ1.5倍のAGA治療効果があるという結果が残った。つまり、普通に考えればフィナステリドではなくデュタステリドの方がAGA治療成分としては優秀だということになる。

デュタステリドが認知されていないのはどういった理由から?

ここまで読んでいくと「じゃどうしてデュタステリドが使われていないの?」と不思議に思うだろう。かくいう私も最初はそう思っていた。
しかしデュタステリドには大きな落とし穴がひとつある。それは「耐性がつきやすい」ということ。要するに、使い続けていくうちに効果が弱くなってしまうわけだ。フィナステリドにはこのような効果が認められていない。
AGA治療というのは1週間~2週間そこいらで実現できるものではない。どれだけ早くても半年、ほとんどの人は数年にわたってプロペシアを服用し続けることになる。これは何となく誰もがイメージできるだろう。そう考えると、耐性がつきやすいデュタステリドは数年間にわたって服用し続ける成分としては不適切なことになる。逆にフィナステリドは長く使い続けるのに適している。

ここがいまいちデュタステリドが広く認知されていない最大の原因だろう。
ちなみにお隣の韓国ではフィナステリドではなくデュタステリドが一般的なAGA治療薬として用いられている。

まとめ

ということで、入手難易度や長期的な服用計画を考えると今まで通りフィナステリドをメインにおいたAGA治療で問題無いと判断できそうだ。
しかし、デュタステリドの方がAGA治療効果が高いわけだし、薬の耐性に関しても抜け道はある。

それは、デュタステリドとフィナステリド交互に服用することだ。デュタステリドの耐性がつき始める時期を見計らってフィナステリドに切り換える。ある程度期間が経ったらまたデュタステリドに戻す。これを繰り返すことで耐性が付くのを防ぐこともできるだろう。
大体3ヶ月~半年くらいのクールでフィナステリドとデュタステリドを切り替えることで耐性リスクを回避できるものだと考えられている。
それに、デュタステリドは国内では販売が認められていない。つまり、個人輸入でないと入手することができないわけだ。当然個人輸入サイトなどを利用すれば、粗悪品や偽物などのリスクもついて回るし、用法・用量なども英語で記載された取扱説明書で確認しなくてはならない。それなりのリスクは存在している。
以上の点をトータルで考慮すると、やはり長期的な服用を考えるとフィナステリド1本に絞った方が何かと都合が良いと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - 育毛剤の疑問に答えてやる