フサッチ

   

AGA治療成分フィナステリドとデュタステリドを飲んではいけない人

フィナステリドやデュタステリドの持つ副作用を理解して正しく使用しよう

どれだけハゲていても副作用を理解して正しく使用

「AGA治療に効果があるフィナステリドかデュタステリドの使用を検討しているのですが、飲んではいけない人や副作用など注意点があったら教えてください」という相談を受けた。今回はAGA治療成分であるフィナステリド、そしてデュタステリドを飲んではいけない人や、副作用について紹介していきたいと思う。これからこれらの成分が含まれている育毛剤の購入を検討しているなら、事前に確認しておくことをオススメしたい。

肝機能障害

まず第一に「肝機能障害」が挙げられる。私たちの体に入ってきた栄養は肝臓でエネルギーに代謝されて使用される。また同時に、体内に侵入した有害物質などの肝臓が分解して無害なものにしている。しかし何らかの理由で肝機能障害を引き起こしている場合、フィナステリド、デュタステリドの両方は使用することを禁止されている。
もちろんどちらもわざわざ体に負担をかけるために飲んでいるわけではないのだが、肝機能障害に陥ると医薬品全般が利用できない場合がある。そのひとつのケースとして覚えておこう。

女性と未成年は絶対に使ってはいけない

フィナステリド、デュタステリドは両者とも「成人男性のための医療成分」として開発された。
もちろん、女性でも薄毛や抜け毛に悩んでいる人はたくさんいるだろう。男性でも若ハゲに悩む人はたくさんいる。しかし、女性と未成年は絶対に使用してはならない。
女性の場合、特に妊婦の場合は「奇形児」のリスクが高まるとされている。やはり胎児を成長させるうえで母体のホルモンバランスはかなり重要だからだ。フィナステリド、デュタステリドはどちらも男性ホルモンに働きかけるタイプの薬品なわけだから、こういった事態が起こってしまっても全くおかしいことではない。
同じような理由で、男性であっても、未成年ならフィナステリド、デュタステリドを使用してはならない。思春期以降はすでに身体が作られているように錯覚しがちだが、そんなことは無い。まだまだホルモンバランスは不安定だし、未成年のうちにしっかりと男性ホルモンを始めとしたホルモンを分泌することで体を作り上げている。それをフィナステリドやデュタステリドは阻害してしまうわけなので、どういった悪影響が起こるか分かったものではない。
ということで、フィナステリド、デュタステリドを使用していいのは成人男性だけ、というのは絶対に守って欲しい。

男性機能低下の副作用

フィナステリド、デュタステリドの副作用のひとつとして男性機能の低下が挙げられる。例えば勃起障害、射精不全、精子量の低下などが挙げられる。
これらは服用中だけの副作用で、使用を中止すれば副作用は治まると言われている。しかし、例えば子供が欲しいと思っているのなら、あるいは恋人との性行為を楽しみたいと思っているのなら服用しない方がいいかもしれない。
ちなみにこの副作用は全員に必ず起こるわけではない。フィナステリドに関して言えば、発症率は5%前後だと言われている。決して高い数字ではないが、無視できるほど低い、とは言えない。

まとめ

ということで、フィナステリドとデュタステリドを使用することができない人たちを紹介してきた。まとめると…

肝機能障害
成人男性以外
子供が欲しいと思っている人

になってくる。もちろんこれ以外にも、前立腺治療を行っている最中の人だったり、持病を持っていて常用薬がある、という人も利用できないだろう。このあたりについては医師に相談した上で利用できるかどうかを確認するのが望ましい。自分の判断だけで勝手に飲み始めて、それが原因で思わぬ副作用が起こってしまっても誰も責任を取ってくれない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - 育毛剤の疑問に答えてやる