フサッチ

   

育毛剤の副作用がかえって薄毛を促進させる!?副作用について理解を深めよう

育毛剤は名前の通り育毛のために用いるものなのだが、かえって薄毛を進行させてしまうリスクが無いとは言い切れない。

普段からよく利用されている頭痛薬だったり、風邪薬でさえ副作用があるのだから、育毛剤にも副作用があって当然だと言えるだろう。

現状、ほとんどの育毛剤は医薬部外品に分類されている。医薬部外品なので「医薬品と比べれば副作用のリスクは小さいんでしょう?」と考える人も多い。

確かに天然由来成分にこだわっている育毛剤が主流となりつつある今、そう考える人がほとんどでも仕方がないだろう。

しかし育毛成分が何十種類も含まれていて、これら全てに副作用やアレルギー反応が出ない保証はどこにもない。

もちろん必要以上に神経質になる必要は無いが、万が一に備えて心構えをしておく必要はあるだろう。

ということで今回は塗布するタイプの育毛剤、内服するタイプの育毛剤でそれぞれの副作用について考えてみたいと思う。

塗布タイプの育毛剤の副作用

育毛剤と言えばほとんどの人は塗布するタイプをイメージするだろう。
液体、ミスト、スプレーと色々なものがあるが、副作用に関して言えばいずれも共通している。

肌アレルギー

添加物だったり、育毛成分自体でアレルギー反応が起こることはある。
つまり、体質に合わない、と肌に合わない、と言った状況のことを言う。

具体的な症状としては、ニキビや吹き出物、かゆみ、赤み、湿疹が挙げられる。
あまりにも症状がひどいと皮膚がベロベロになってしまうこともあるらしい。

ということで、肌アレルギーを始めとしたお肌トラブルの副作用を確認するために、最初にパッチテストをオススメしたい。

パッチテストは皮膚の柔らかい部分、一般的には二の腕の内側に育毛剤を塗布し、その上に絆創膏などを貼り付けて様子を見る。

大体24時間以内に何か異変が起こったら肌アレルギーが起こっているものだと判断できる。

内服タイプの育毛剤の副作用

現状として副作用が報告されているのは医薬品に分類される「ミノキシジル」「フィナステリド」の2つになってくるだろう。

もちろん、医薬部外品に指定されている内服タイプの育毛剤でも副作用のリスクはあるが、基本的には起こらないものだと扱われている。

一般的には次のような症状がみられることが多い。

体調不良

頭痛や吐き気、胸やけ、胃腸の不調などが主な副作用として報告されている。
これは体質に合わないことが主な原因となる。

また、普段は問題無く使うことができていたとしても、睡眠不足が続いていたり、体力が低下しているときに使用すると副作用が現れる場合もあるので注意が必要だ。

用法・用量は必ず守るようにしたい。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルはもともと高血圧の薬として開発されたものなので、当然副作用のリスクは高い。

非常に優れた育毛効果を持ち合わせている半面、この副作用がネックとなって誰でも気軽に使えるとは言いがたい。

具体的な副作用として、動機、息切れ、めまい、頭痛、嘔吐が挙げられる。

ミノキシジルは配合されている濃度によって副作用のリスクが大きく変わってくる、と発表されている。

現状国内では配合量5%に設けられていることが多いのだが、個人輸入などで海外から取り寄せた場合、10%のミノキシジルが手に入り、これが副作用を引き起こして問題になるケースも多い。

医師から処方されたもの以外でミノキシジルを服用する場合はそれなりの副作用のリスクは覚悟しておく必要があるだろう。

なので、オススメできるとは言いがたい。

フィナステリドの副作用

フィナステリドはプロペシアなどの育毛剤に使用されている医療成分になる。
こちらは成人男性のみが使用することを許されており、女性、未成年は絶対に使用してはならない。
注意書きには「触ることすら許されない」と明記されているほどだから、よほど気をつける必要があるだろう。

ではフィナステリドの具体的な副作用についてだが、こちらはシンプルに「男性機能の低下」が挙げられる。発症率は極めて低いと言われてはいるものの、男性機能が低下するのは喜ばしいとは言いがたいだろう。
しかし服用を中止すればすぐに収まるのでそこまで神経質になる必要はない、という判断が強い。

なお上記したミノキシジルと同様、フィナステリドも医師から処方される以外で入手することは基本的には不可能。
海外から個人輸入するしか方法は無い。

育毛剤で副作用が現れたら?

医薬品タイプの育毛剤であろうと、市販されている医薬部外品の育毛剤であろうと、使用していて副作用が見られるようなら直ちに使用を中止するべきだ。

育毛剤には「初期脱毛」と呼ばれる症状がみられることがある。これは今生えている髪の毛の下に健康的でより丈夫な髪の毛が生まれたために起こる症状。つまり、初期脱毛は育毛剤が順調に効果を発揮していることを表している。

初めて育毛剤を使用する場合、抜け毛が起こった際に、それが「初期脱毛によるものなのか」「副作用によるものなのか」をしっかりと見極めていきたい。

かゆみや湿疹、赤みといった症状がみられる場合は直ちに皮膚科に相談することをオススメする。

炎症が悪化してしまうと毛穴に大きなダメージを与えるきっかけとなり、そこから局分的な脱毛が起こるケースは案外珍しくない。

当たり前のように販売されているためリスクがないものだと考えられがちな育毛剤だが、用法・用量を間違えてしまったり、副作用が現れた際の対処方法を間違えてしまうと取り返しのつかないことになりかねない。

このあたりは良く考えておいたほうが良いだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オレがおすすめする育毛剤はこの5つだ!
数多くの育毛剤を試してきたオレが保証するおすすめ育毛剤はこれだ!
第1位 チャップアップ

育毛剤のサイクルはとても早い。 ついこの間までみんながこぞって使っていた育毛剤が …

第2位 BUBKA(ブブカ)

濃密育毛剤BUBKAは1万人以上の人が愛用・継続している人気の育毛剤だ。色々なサイト …

第3位 イクオス

イクオスは海藻から抽出された育毛成分「M-034」を配合している育毛剤だ。 M- …

>> 人気ランキングをすべて見てみる

 - だからこんな育毛剤は使うなって!